「三日坊主」も「飽き性」も考え方次第で長所でしょ

スポンサーリンク

僕は「三日坊主」ですし、「飽き性」でもあります。

なので、何か始めても三日で終ってしまって、それで飽きてしまうことが多いですw

世間的にも「三日坊主・飽き性」ってあんまり良いイメージはないですよね?

でも、この二つって考え方次第で、長所になると思うんですよ。

 

三日で終らせる習慣をつければいい

「三日坊主」で三日でやめてしまうくらいなら、三日以内に終らせる習慣に変えれば良いんです。

ぼくは同じ本を三日以内に読めないとそれっきり読まなくなることが多いです。

なので、三日以内に読み終われるようにペース配分は決めて読んでいます。

また、仕事であっても同じことを4日以上できないのであれば三日以内に終るようにすればいい。

三日という期間を毎回作って、三日以内に終らせる習慣がつけば仕事だったり本読むことも早くなります。

三日坊主を言い訳にするくらいなら、三日坊主を強みにして仕事の効率だったり、本を読む効率を磨けば良いんです。

 

とはいっても、三日以上やらないといけない場合もある

もちろん三日以上続けないといけない場合もありますよねw

そういうときは、三日毎に違うやり方をすれば良いと思いますね。

たとえば、ダイエット

まぁ三日坊主でなければ「ダイエット」上手くいくのに・・・って考えてる方いますよね。

これも逆手にとって、三日間は同じやり方でダイエットするんです。

最初の三日は食事の制限、次の三日はランニング、次の三日は自転車。

みたいにうまく三日間を使って、ダイエットに取り組めば全体として三日坊主にはならずにダイエットは上手くいきます。

結局三日坊主って飽きなんですよ。だったら、趣味趣向を変えれば良いんです。

見方を変えて、違う取り組み方をすれば三日坊主も長所へ変わりますね!

 

飽き性だって長所になります

飽き性の人って、一つのことに集中できないんじゃなくて、興味があり過ぎて集中力が分散しているだけですよね?

なので、飽き性の人ってかなり世界を広く見ていると思います。

一つのことでは飽き足らないので、どんどん新しいことに手を出しちゃうんですよ。

知らない世界があるとどんどん手を出してしまうから、どんどん自分の世界観が広がっていくんです。

これって一つのことに集中している人にはない長所ですよね?

ね?飽き性って長所でしょ?

別に飽き性でも良いんじゃないですか?

どんどん新しいことに手を出して、どんどん世界を広げていけばそれはそれで個性になりますからねー

わざわざ治す必要もない要素ですよね。

 

さいごに

世間的にいわれている弱みとか短所って、見方を変えれば大抵長所になるんです。

けど、周りと違うからと言う理由から「ダメ・悪」などのネガティブなレッテルを貼られてしまう。

これってかなりもったいないことしてますよね。

日本人はどうも全国民を「金太郎飴」にしたいみたいで、困ったもんです。

もう少し個性の伸ばし方を変えてほしいと考える今日この頃ですね。

スポンサーリンク