【継続の秘訣】彼女への手紙をオススメする5つの理由。思っていることは言葉にして伝えましょう!

あなたは、彼女や奥さんに自分の想いを言葉で伝えていますか?

え?伝えてない?

「え?だって伝えなくても想っていて当然でしょ?」ホントにそう思ってますか?それ逆の立場だったら、相手から愛情とか想いって感じますか?

感じませんよね…?

態度なんかでは想いが伝わるなら、ケンカなんて起きるはずがありませんよね?だって、理解し合えるわけですし、関係継続が無理ならさっさと別れるはずですから。そう思わないませんか?

かくいう僕も彼女と付き合ってこう言われるまでは、自分からの愛情や想いは十分に伝わってるって思い込んでました。

『ホントに私のこと好きなの?・・・だったらちゃんと「好き」って言ってよ!』

男性なら一度は言われたことあるんじゃないでしょうか?『「好き」ってちゃんと言葉にして』と。男性の多くは「好き」であっても、伝えていません。もし、伝えていても誕生日や記念日、クリスマスくらいじゃないでしょうか?(それもないかな)言っても、ボソッと恥ずかしそうに言うだけですよね…。僕もそうでしたから気持ちはよくわかります。実際恥ずかしいですから。

でも、それでも「好き」って面と向かって伝えるのは恥ずかしいです。だからこそ「手紙」なんですよ!手紙で彼女・奥さんに自分の「好き」って気持ち伝えましょう!

前置きが長くなりましたが、今回は彼女への手紙をオススメする理由について僕なりの考えを書いてみました。

彼女への手紙の効果はどんな感じ?

とりあえず僕の話をしましょう。

僕は大学4年生になるまで、女性とお付き合いをしたことがありませんでした。何度か告白はしたことがあったんですが、あえなく撃沈。今の彼女と付き合えてるのは奇跡なんじゃないかって今でも思うほどです(笑)なので付き合い始めた頃は、愛情とか想いの伝え方ってまったくわからなかったんですよね。それで、そんなとき言われたのがさっきの一言。

『ホントに私のこと好きなの?・・・だったらちゃんと「好き」って言ってよ!』

まぁ言われますよねw だって、実際に言葉にしたことなんて一度もなかったんですから。(告白したときですら「好きです」って言ってませんからw それは今でも責められてますからねw)

そこで彼女から提案されたんです。『口で「好き」って言うのが恥ずかしいなら、毎月手紙書いて想い伝えて』って。で、僕も必死なので書きますよね。書かないと別れる恐れがありますからね…。(これが最後かもしれないから…)

最初は書き方なんてわからないですし、何書いていいのかわからなかったです。とりあえず「好きだよ」って言葉を多用したことだけは覚えています。で、自分の想いを言葉にしただけです。何書いたかは今となっては覚えてません。(彼女の手の中です)

でも、なんだかんだで毎回喜んでもらえるんですよ。その結果が初めての彼女と3年も付き合えている現状です。

口ベタで愛情表現なんて上手くなくても良いんですよ。自分の想いをありのままに伝えるこれが大切だと思いますね。

彼女への手紙をオススメする5つの理由

日頃感じない感謝を感じられる

感謝の気持ち

僕は手紙を書いていなければ彼女と早々に別れていたと思います。というのも、彼女への感謝の気持ちを感じることができなかったからです。

「はぁ?」そんなのいつでも感じるだろ!って思う方いますよね?もちろん僕もそう思っていました。その気持ちが本当ならなんと素晴らしいことか!(拍手喝采ですね)

でもですね、そんな素晴らしい人間そうはいません。なんでかわかりますか?

それは、彼女がいて当然、奥さんがいて当然って思っているからです。感謝の気持ちって意識しないと感じることはできません。特に忙しかったり、イライラしてたり、疲れてるときなんて、彼女や奥さんへの感謝って忘れがちなんですよね。逆にできる人はホント凄いと思います。

手紙を書くとなると彼女のことを想って書かないと書けません。こればっかりはペンを持って手紙と向かい合わないとわかりません。なので「普段彼女に何をしてもらっているか」ってことをちゃんと思い出さないといけないんです。そうすると普段では感じられないような彼女への感謝の気持ちが湧いてきます。

いつもと変わらない日々、何気ない彼女の気遣い、疲れたときに彼女が側にいてくれる喜びなど普段はあんまり感じないですが、いざ振り返ってみると本当にありがたい存在だと感謝できると思います。

口では伝えられないことが伝えられる

これも「手紙」の特徴ですね!先ほども書いたんですが、僕は今の彼女と付き合うまで、女性と付き合ったことがありませんでした。なので、どうやって愛情表現をすれば良いのかわかりませんでした。(ただの経験不足です)

でも、彼女のことを考えてるとどんどん愛情表現というか伝えたい想いが湧き出てくるんですよ。これは良い発見でした。口ベタな僕でも手紙なら、彼女へ気持ちが伝えられるって実感した瞬間が、彼女への手紙を書いている時でしたね。その翌月からも、毎月のように手紙を書き、普段口では言えない「感謝の言葉」や「彼女への想い」を伝えるようにしています。

女性はやっぱりロマンチックなことが好きなんでしょうか?手紙がロマンチックかどうかはさておき「手紙」を渡すと、いつも喜んでもらえます。それは口では伝えられない想いでもあれば、ちゃんと想いを伝えているからかもしれません。

誰でもそうだと思うんですけど、「好きだよ」って伝えられて嫌な気持ちになる人はいませんよね。口で伝えるのが恥ずかしければ、手紙にして想いを伝えましょう。

思い出になる

思い出

僕は毎月付き合った日付の日に渡しています。(会えない日は郵送するくらいちゃんと毎月イベントのように行なっています)

彼女は大事に手紙を取っておいてくれて、寂しくなったり心細くなったときに読んでいるそうです。新しい手紙を手帳にしまっていると聞いたことがあります。彼女が僕の手紙をお守りのように持っていてくれることを本当に嬉しく思っています。

毎月でも定期的にでもいいんですけど、手紙というカタチに残る状態で思い出にしておけるっていうのは2人の付き合ってきた証というか、歴史にもなるので良いと思うんですよ。口頭で伝えることも大切ですが、思い出にはなりにくいのですからね。そういった点でも、手紙は良い手段だと思います。

結婚なんてことになれば、結婚式で読まれるかもしれませんがそれもまた一興です。良い思い出ですよね。

お金・時間がなくてもできる愛情表現

女性は記念日を本当に大切にしています。(中にはそうではない人もいるかもしれませんが、たぶん稀です)

なので、男性からすると「毎月花束渡した方が良いのかな?」とか「高級レストラン行った方が良いのかな?」って考えがちですが、そうではないんですよね。(彼女にそう教えられました…)

女性は、記念日に「好きだよ」とか「愛してるよ」って言ってほしいらしんです。(もちろんこれも女性によりますが)要するに想いを伝えて欲しいんですよね。「本当にこの人って私のこと好きなの?」っていうの疑惑を払拭したいんです。

毎月高級レストラン行ってたり、バラの花束を買ってたら財布が保ちません。もちろんそういうことも。たまにはして欲しいと思いますよ。でも毎月となるとたぶん飽きられます。「そんなことしかできないのか…」って。高級レストランとかバラってたしかに嬉しいんでしょうけど、あなたの想いは伝わらないんですよね。所詮サービス・モノですから、「私ってお金で釣られてる…?」って思われて終わりです。

だから、「手紙」なんですよ。

「手紙」だったら、万が一、記念日や誕生日に残業で遅くなっても渡せますよね?大学生でお金がなくても買えますよね?(安くて100円くらいですから)時間がなくても、お金がなくてもできるからこそ「手紙」なんですよ。

しかもこれまで言ってきたように、普段伝えられない想いだったり、口では言えない恥ずかしい言葉も書けます!誰だって、どんな状況だって書けるし、渡せます。しかも、毎回違うことを書くはずですし、違う便せんとかポストカード使うので飽きられないんですよ。(手紙にプラスして、花束とかってなると最高でしょうね)

意気込みになる!

最後は、「彼女へ」というよりは「自分へ」という感じです。

彼女への想いを書いていると、如何に自分が彼女へ伝えられていないか、何もしてあげられていないのかわかります。もちろん、素晴らしい男性であればできているでしょうけど、そんなに多くはないと思います。(僕を含めて)

なので、定期的に彼女への「手紙」を書くことで彼女への想いを改めているんです。そうすることで「もっと彼女を幸せにしたい」って意気込むんです!

社会人であれば彼女を幸せにするために、「もっと仕事がんばるね。今度高級レストラン行こうね!」って書けますよね。大学生なら「誕生日に向けて準備してるから楽しみにしててね!」とか「テスト終ったら、○○行こうね」とかって書けますよね。

こうやって書くと、仕事でも勉強でも彼女のためにがんばろう!って思えませんか?

自分を奮い立たせるために書いていると言っても過言ではありません!ぜひ、これをきっかけに彼女や奥さんに手紙を書きましょう!

さいごに

僕はこれまで約2年間、毎月とクリスマスなどのイベント毎に手紙を書いています。

毎回書いていて思うのは、普段それほど彼女のことを考えていないなぁということです。(ホント反省です)同棲をしていたころは考えざるを得ないというか、一緒に住んでいるので考えるていました。

けど、いざ離れて暮らすとなると自分のことで精一杯で考えている時間なんて微々たるものです。遠距離ともなればなおさらでしょうねぇ。

だからこそこうやって「手紙」を書くことで彼女のことを真剣に考えたり、想いを綴ることって大切だと思います。

周りのカップルを見ていると長く付き合って入るが、別れる理由がないから付き合っているとか、よく喧嘩するという話を聞きます。また、別れたカップルの話を聞くと話が合わないとか、会えないとか、気持ちが合わないという話も聞きますね。

自慢ではないですが、僕は彼女のことを今でも大好きですし、付き合い始めた頃よりも好きの度合いは強まっています。そんな僕だからこそ周りの男性をはじめ、日本全国の男性には彼女への想いを「手紙」に綴ってほしい。

彼女に手紙を書く時間がない?恥ずかしい?文章を書くのが苦手?そんな言い訳するくらいなら別れた方がいいですよ。ホントに。本当に「好き」なら想ってるだけじゃなくて、言葉とか形にしないと!(「書かなくても口で伝えています!」というのならそれに越したことはないです。)

でも、多くの方が口ですら伝えていない。だったら「手紙」書きましょう!

想いは言葉にしないとわかりません。クリスマスも近いですし良い機会機会なのでぜひ「手紙」書いてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください