なんで日本では性教育が積極的に行なわれないのだろうか?

スポンサーリンク

僕はもっと積極的にやるべきだと思うんですよ。

性教育に限らず、お金の話であったり、プレゼンテーションであったりも同じだと思うんですけど、どうして日本ってこんなにも性教育に対して消極的なんでしょうか?

 

「セックス=淫らな者=悪」と勘違いしている

というのが結論だと思う。

「お金=良くないもの」って言う風潮も、今でこそ薄れましたが少し前までは強かった気がしますね。それと同じですね。

けど、こうやって大人たちが考えることがそもそもおかしなはなしです。「セックス」それ自体が悪なわけではなくて、それを利用して悪いことをしている人が悪なんですよ。

たとえば、中学校の経論が女生徒を裸にして写真を撮ったとか、淫らなことをしたというのは確かに「悪」だと思います。

それを教育関係の人というか報道・ニュースが「セックス=悪」だと植え付けている感じがします。

そうやって「セックス=悪」と決めつけて、子どもへの性教育に消極的になることはなんかおかしい。というのも、結局子どもを付くときであったり、好きな人と愛情を確かめようと言うときには「セックス」は付き物だと思うんです。

その「セックス」に対して無知な人が多いとどうなるかわかりますよね?妊娠したくなくても妊娠してしまったり、性病に感染してしまったりする人が増えるということですよね。

逆もあると思いますね。「セックス=悪」と捉えることで奥手になってしまったり、怖くなってしまうこともあると思うんですよ。傷つけてしまってはどうしよう?悪いことにならないかな?みたいな感じで。

それって性教育をある程度しておけばなくせる被害もあったと思いますし、育てられないのに生まれてきてしまって捨てられるような子どもも減ると思うんですよね。

 

認識を変えるためにも性教育を積極的に行なってほしい

僕はもう少し積極的に性教育をやってほしいという立場です。(できればお金についての教育もしてほしいですね)

性教育といっても幅は広いと思います。実際の行為の話をするのか?性器の話なのか?避妊や性病についてなのか?かなり幅は広いと思います。

どれをすればいいのかというのは一概には言えませんが、僕は「コンドームの付け方・避妊方法」とか「性病に感染したらどうすのか」「性行為の中でやってはいけないこと」とかで良いと思うんですよ。(あとは各自学んでください。)

最低限の知識は付けておいて損はないと思います。僕は性教育をまともに受けていなかったので、初めて「セックス」をするとき怖かったです。どこを触っていいのかもわかりませんし、どう触っていいのかもわからない。間違って触ってしまって傷つけたらどうしようとさえ思いました。(今でも思うことはあります)

知識がないから何をやってもいいかというとそうではないですよね?普段の人間関係でもそうですが、相手を傷つけないことって本当に難しいんですよ。ましてや相手が女性で、それも性器という大切な部分を傷つけるとなると大変です。

女性にとって子どもを産めなくなることほど辛いことはないと思うんです。そういったことも含めて性教育はやるべきだと思いますね。

別に難しいこととか実際の行為を体験させるとかっていうわけではなくて、知識としてしっかりと学ばせる必要があると思うんですよね。知識には無駄なんてありませんよ。知っていて損をすることなんてほとんどないです。むしろ知らないからこそ損することの方が多いです。

もう少し日本の将来を見据えて性教育のあり方を考えてほしいですね。どうでもいいって言っちゃ悪いですけど。歴史とか地理とか理科を教えるよりも性教育の方が大事だと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA