『発達障害だから?』貯金ができない原因とその解決策について

こんにちは!なかむらです。

みなさんは貯金してますか?

貯金をするといっても、色々あると思います。

  • 貯金はできるけど、やりたいことが多すぎてやらない
  • 貯金するつもりはないけど、使わないから貯まる
  • 貯金したいけど、そもそも収入少なすぎてできない
  • 貯金したいけど、何故か使いすぎてできない

など、貯金に関しては人それぞれ考えがあると思います。

まぁ貯金なんてできなくても死にはしないので、極論できなくてもいいと思っています。ですが、実際にはないと困るのが貯金。やれ誰かの結婚式だ、やれ誰かの葬式だ、やれ病気になっただ、やれモノが壊れただと、生きていれば急な出費はつきものです。

僕はこれまで貯金ができませんでした。ただ、年齢的にも若く、独身だったこともあり、貯金なんてなくても困ることはありませんでした。ですが、歳を重ね、結婚を意識し、貯金がないことに焦りを感じるようになりました。

ですが、「貯金をしよう!」と思っても貯金はできませんでした…。それは僕のお金の使い方、お金に対する考え方が適当だったからです。ただ、意識や行動を変えることで、今ではそれなりに貯金ができるようになりました。

今回は僕の苦い経験をもとに、貯金ができない原因を探り、その解決策について書いてみようと思います。

貯金ができなかった5つの原因

固定費がやたらと高い

出費には、大きく『固定費』と『変動費』にわけることができます。

固定費は、家賃やスマホ代、ネット代、光熱費、水道代、保険、年金、税金など、毎月ある程度払う額が固定されている費用です。

逆に、変動費は、食費や交通費、交際費、趣味など、毎月支払う額が一定ではない費用です。飲み会が重なればその月は費用が高くなるでしょうし、何もなければ少なくなるという感じが変動費の特徴です。

で、貯金ができない人の多くは『固定費』がやたらと高いです。特に家賃が高いです。

固定費が高いということは、毎月入ってくる収入から自由に使えるお金が少ないということを意味します。それはつまり貯金ができる金額が少なくなるということです。

もしかしたら、貯金ができていない人の多くは自分がどれだけ固定費を支払っているのか?を把握していない可能性も高いです。貯金をしたいのであれば、まずは自分がどれだけ固定費を支払っているのか?を把握するところからはじめましょう。

給料日に散財してしまう

僕もそうですが、貯金ができない人の多くは「お金が入ったら即使う」という習慣があります。

給料日くらいしか大金を見る機会がなく、大金を見るとつい使いたくなるのでしょう。

これも限度をわきまえて使うならまだ良いんです。ですが、貯金ができない人の多くは、限度をわきまえず使いまくってしまうんです。

  • 給料日だから美味しいもの食べに行こう!
  • 給料出たから何かプレゼント買おう!
  • 給料日だから何かご褒美を買おう!

などなど、給料日だからといって何かしらお金を使う言い訳を探すんです。たまにぱーっと使いたくなる気持ちはよくわかりますが、貯金をしたいのであれば、今すぐやめるべきでしょう。

財布の中のお金はすべて使っていいと思っている

給料日に散財してしまうこともそうですが、「財布に入っているお金=すべて今使っても良いお金」と思っているのも、貯金ができない人の特徴です。

もちろん、本当に今使ってもいい分だけお金が入っているなら、使い果たしてもいいと思います。ですが、財布には今だけではなく、明日や明後日、今週に使うお金も含まれていることが多いはずです。

なので、財布に入っているからといってすべて使っていいわけではありません。

クレジットカードは魔法のカード!

「クレジットカード=何でも買える魔法のカード」と思ってもいいのは小学生低学年までです。(できるなら、小学生であろうとそう思うべきではないですが…)

クレジットカードは、将来(多くは翌月か翌々月)に払えるという信頼をもとに「今は払わなくてもいい」というシステムです。なので、今は払わなくても、いつかは払わなくてはいけないわけです。

ですが、貯金ができない人の多くは「クレジットカードがあればなんでも買える」と思っています。かくいう僕も大学生のころは「やばくなったらクレジットカード使えばいいや!」と思っていましたし、「来月払えばええんやろ!」くらいに思っていたので、毎月クレジットカードの支払いに追われていました。

クレジットカードはなんでも買える魔法のカードではありません。使ったら、いつか払わなければいけません。そのことを今一度肝に銘じるべきでしょう。

衝動買いが多い

貯金ができなかったころの僕は、なんといっても衝動買いが多かったです。

必要かどうか、使うかどうかとかの前に、「欲しい!」って気持ちが先走って気づいたときには買っているってのが衝動買い。

スーパーに行くときも、買うものリストを作っているにも関わらず、「食べたい!」と思ったら買い、「便利!」って思ったら買い、「たしか◯◯なかった!」と思い買うなどのようなことが日常茶飯事でした。

衝動買いのダメなところは、後先を考えずに買ってしまうことです。つまり、払えるかどうかの判断がつかなかったり、あとで苦しむことが想定できずに買ってしまうということです。

また、衝動買いの多くは現金ではなくクレジットカードを使い支払いを済ませてしまうため、後々になって苦しい思いをしてしまいます。

その結果貯金ができる以前に、毎月クレジットカードの支払に追われることになるわけです。

貯金ができない僕が貯金するためにやった5つのこと

それではここからは貯金ができない人が貯金をするためにやるべきことについて書きます。

僕が実践してみてできたことだけに厳選しています!

固定費を抑える

固定費を抑える前にやるべきなのは自分が毎月、毎年支払っている固定費を洗い出してみることです。

  • スマホ代
  • 通信費
  • 保険(健康保険、年金保険、医療保険など)
  • 住宅費
  • 光熱費
  • 水道代
  • ガス代
  • 習い事

など、毎月、毎年定期的に支出している金額を洗い出してみましょう。

洗い出した固定費の中から削れそうな出費を考えてください。このとき大切なのは、無理をしないということです。住宅費が高いからといって、すぐに引っ越すことを決意しても、新居に住むためには住宅費だけではなく、敷金や礼金、引越し代などがかかります。なので、今からでもはじめられることを選択するのが無難でしょう。

たとえば、スマホ代の見直しは手っ取り早いですよね。最近だとソフトバンクau、docomoからmineoやUQモバイルなどの格安スマホに乗り換える人が増えています。格安スマホにするだけで、半額以下の金額になることもあるので、一度検討してみいいかもしれません。

また、個人的には保険の見直しもオススメします。保険は入る時期や状況によって金額が変わります。また、保険を変えることで、同じ内容でも金額が抑えられたり、なんなら同じ金額なのに内容が充実するなんてこともありえます。なので、手っ取り早く固定費を抑えるなら保険の見直しをしてみるのもいいですね!

給料日には用途別にお金を仕分ける

個人的に一番効果があったのはこれです。

給料日やなんらかの収入があったときは、すぐに用途別にお金を仕分けるようにしましょう。僕の場合だと、

  • 食費・生活費
  • 住宅費
  • 固定費(住宅費、光熱費、通信費、保険など)
  • 医療費・美容院代
  • 交通費
  • 趣味
  • 貯蓄

という感じで、ざっくりとわけるようにしています。

上記のようにわけるためには、自分がどこにどのくらい出費をしているのか?を把握しておくことが必要です。また、貯金に回したお金に手を付けないようにすることも大切です。

手に入れたお金を頭ごなしに使うのではなくて、用途別にわけ必要に応じてお金を使うようにすれば、着実に貯金ができるようになります。

財布には使うだけしかお金を入れない

僕は一時期「財布に入ってるお金=使っていいお金」だと思っていました。ですが、前述した通り財布に入っているからと言って、すべて使っていいわけではありません。

もし、財布に入っているお金をすべて使っていいと思ってしまうのであれば、いっその事財布には使っていいだけのお金しかいれないようにするのも一つの手です。

このとき最悪なのは、「最悪クレジットカード使えばいいや」とクレジットカードを使うことを想定してしまうことです。

もし、クレジットカードを使うのであれば、財布にあるお金で払える分だけにするなど工夫が必要です。

一日に使える金額を決めておく

僕の中で一番効果があったのが一日に使える金額を決めて使うってことでした。

たとえば、一日に使える金額を1,000円とします。

一日に1,000円と考えると少々辛い気もしますが、慣れてこれば買い物でも苦しむことも減りますし、1,000円以内に満足な買い物ができたときの快感はたまりません。

また、一日に使える金額を決めておくことで、買い物をするときに考えて買うようになります。「この曜日は野菜が野菜が安いから、野菜はこの曜日にまとめて買おう」とか、「今日は特に買うものがないから、ちょっと減ってきているあの調味料を買っておこう」などのようにむやみやたらに買うことがなくなります。

一日に使える金額は1,000円である必要はありません。自分の給料の中から、自分が苦しまない程度の金額を設定すればいいと思います。

「欲しい!」と思ったら、とりあえず2週間待ってみる

貯金ができない人の多くは、衝動買いをしてしまっているからだということを書きました。

僕も衝動買いが激しかったので、衝動買いをやめるのは難しかったです。ですが、ある方法を取り入れてからは衝動買いをほとんどしなくなりました。

その方法というのが、「欲しい!」って思ったらとりあえず期間を置くという方法です。

衝動買いというのは、それが必要かどうか、使うかどうかではなく、「ただただ欲しい!」って気持ちから財布のひもが緩んでしまう現象だと思っています。

なので、「欲しい!」って思ったら一旦その場から離れ、ちょっと期間を置いてみるんです。そうすると不思議なことに、商品やサービスを目の前にしたときは「欲しい!」って思っていたはずなのに、時間をおいただけで「なんで欲しかったんだろう?」って気持ちになるんです。

もし、時間や距離を置いても「欲しい!」という気持ちがあるのであれば、自分のお財布と相談して買えばいいのではないかと思います。ただ、たいてい時間と距離をおけば「欲しい!」という気持ちはなくなります。なので、この衝動買いに費やしていた金額を貯金に当てることができるようになるというわけです。

クレジットカードの利用上限金額を設定し直す

クレジットカードの利用上限金額を設定しておくのも、無駄遣いを減らし貯金をするためにはいいですね!

貯金ができない人の中には、クレジットカードをなんでも買える、いくらでも使える魔法のカードだと思っている人がいます。

そういう人は、上記の方法を試したところで最終手段としてクレジットカードを使ってしまい、結局貯金ができないなんてことになります。

そうならないためにもクレジットカードの利用上限金額を設定しておくことをオススメします。

利用上限金利を設定すると言っても、くれぐれも何枚ものクレジットカードを作り、それらすべてに上限金額を設定するといったヤバいことだけは避けましょう。

貯金ができなかったのはADHD(発達障害)だったから?

僕は大人になってから、自分が発達障害(軽度)であることを知りました。

ADHDには「衝動性」という、思い立ったら即行動!みたいな症状があります。

今振り返ると、衝動買いが多かったり、給料日に散財していたり、計画的にお金を使えなかったのはADHDがあったからなのではないかと思います。もちろん、「障がいがあるから貯金ができない」と安易に結びつけるのは難しいかもしれません。

ですが、貯金ができないことの原因の一部が障がいにあるとわかれば、それなりに納得できましたし、対策も考えることができました。

「貯金ができないから、あなたには障がいがあります。」とはいいません。ですが、貯金をしようと思っても、ついつい使ってしまい貯金ができないのであれば、それは生活上の困難だと思います。その原因はもしかすると発達障害などが原因かもしれません。(ちゃんとした判断は医師にしてもらいましょう)

できないことの根本的な原因がわかることは何も辛いことばかりではありません。原因がわかれば、対策を考えることができます。もし、貯金ができずに困っているのであれば、医師に相談するのも一つの手だと思います。

さいごに

貯金ができない人の特徴と貯金ができない人向けの貯金ができるための解決策について書いてみました。

僕も長らく貯金ができなかったので、貯金ができないことの苦しさというかもどかしさは痛いほどわかります。というか、貯金ができる人のお金の管理方法が僕には全く理解できなくて、困ったという感じでしょうか。

そんな僕でも貯金ができるようになりました。なので、誰だって工夫すれば貯金はできます。

貯金ができることが正しいわけではありませんが、万が一のときに備えてそれなりに貯蓄しておくことは必要なことなのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください