障害者手帳を使って映画を1,000円で観よう!同伴者も最低一人は1,000円で観れるよ!

こんにちは!なかむらです。

僕には軽いながらも障害があります。その障害のため働きづさがあったので、障害者手帳を取得しました。

僕自身、障害者手帳にはいいイメージがありませんでした。ですが、今では障害者手帳を取得してよかったと思っています。

というのも、障害者手帳を持っていれば、映画を1,000円で観ることができるからです!ね、よくないですか?
(もちろん、障害者手帳を持つ本来の意味は、障害者雇用で働くためなんですが…)

障害者手帳を持っていれば、本人はもちろん1,000円で映画を観ることができますが、付き添いの人については映画館によってさまざまです。付き添い一人まで1,000円というところもあれば、場所によっては5人まで1,000円みたいなところもあります(笑)

ということで、今回は全国展開している映画館について、付き添い何人まで1,000円で観ることができるのか?について簡単にまとめておきます。

映画が1,000円で観れる主な映画館

TOHOシネマズ

まずは映画館の大御所「TOHOシネマズ」です。料金は以下の通りです。

一般 1,800円
大学生 1,500円
高校生 1,000円
プレミアムボックスシート 鑑賞料金+1,000円
毎月14日 1,100円
障がい者割引 1,000円

※引用はTOHOシネマズ梅田

障がい者割引の場合、付き添い一名まで1,000円で観ることができます。

TOHOシネマズにはプレミアムボックスシートと呼ばれる、ちょっと豪華なシートがあるんですが、障がい者割引なら普通の大人料金と同じくらいの金額でそのプレミアムボックスシートが利用できちゃいます!

参考

TOHOシネマズ

イオンシネマ

都市部には少ないですが、地方にはたくさんあるのが「イオンシネマ」です。料金は以下の通りです。

一般 1,800円
大学生 1,500円
高校生 1,000円
障がい者割引 1,000円
4DX作品 鑑賞料金+1,000円

※引用はイオンシネマ京都桂川

イオンシネマの場合は、障がい者一名につき、付き添い2名まで1,000円で映画を観ることができます!また、4DXといって映像だけではなくシートが動くアトラクションのようなシートがあるんですが、それが2,000円で利用できちゃいます!(もちろん、乗り物酔いする方は控えるべきですが…)

また、イオンであればWAONポイントやDポイントが貯まるので、ただ映画を観るだけじゃなくてポイントもザクザク貯めちゃいましょう!



参考

イオンシネマ

109シネマズ

TOHOシネマズやイオンシネマに比べると店舗は少ないですが、全国的に展開しているのが「109シネマズ」です。料金は以下の通りです。

2D 3D IMAX IMAX3D
大人 1,800円 2,200円 2,200円 2,600円
大学生 1,500円 1,900円 1,900円 2,300円
高校生 1,000円 1,400円 1,400円 1,800円
障がい者 1,000円 1,400円 1,400円 1,800円
毎月10日 1,100円 1,500円 1,500円 1,900円

障がい者割引では、付き添い2名まで同額の料金で観ることができます!

109シネマズの売りはなんといってもIMAXでしょう。IMAXについての詳しい説明はHPに任せますが、主な特徴は

MEMO
  • 明るく鮮明、驚くほどの高品質映像
  • 理想のクリアサウンドをすべての座席で
  • 空間全体で生み出す映画との一体感
  • 最新作もIMAX®バージョンで続々登場
  • デュアル・プロジェクター・システム
  • 3D版でさらに驚きのIMAX®体験!

映画というよりも一種のアトラクションのような感じですよね!これも障がい者割引なら、大人料金に比べかなり安く利用することができます!

参考

109シネマズ

ユナイテッド・シネマ

関東地方を中心に全国展開しているのが「ユナイテッド・シネマ」です。料金は以下の通りです。

大人 1,800円
大学生 1,500円
高校生 1,000円
障がい者 1,000円
毎月1日、20日 1,100円

障がい者割引の付き添いは一名まで同額で観ることができます。

ユナイテッド・シネマもIMAXを導入しています!バリアフー上映などにも力を入れているようなので、障がい者の方には優しい映画館ですね!

参考

ユナイテッド・シネマサイト名

MOVIX

MOVIXは関東、関西を中心に展開している映画館ですね。料金は以下の通りです。

大人 1,800円
大学生 1,500円
高校生 1,000円
障害者 1,000円
ペアシート 3,000円
毎月1日、20日 1,100円

同伴者は2名まで同額で観ることができます。

MOVIXはペアシートが特徴的ですね。ただ、ペアシートを利用する場合は障害者割引は使えないのが残念ですね…。

参考

MOVIX

障害者割引の使い方

障害者割引というと、「使うのめんどくさそう…」と感じるかもしれません。ですが、実際はめちゃくちゃ簡単です!

障害者割引の流れ(窓口編)
  1. 観たい映画名を伝える
  2. 障害者手帳を提示し、障害者割引にしてもらう
  3. チケットを受け取る
  4. 入場時に障害者手帳を提示する
障害者割引の流れ(ネット編)
  1. 観たい映画を選択する
  2. 料金選択時に障害者割引を選択
  3. 劇場でチケットを発券する
  4. 入場時に障害者手帳を提示する

たったこれだけです(笑)

これまでなら窓口でしか買えなかったので少々ためらいがちだった人も、ネットでなら買えますよね!当日も窓口に行く必要もないですし、障害者にとって映画館が身近なものになっていると思います!

さいごに:障害者手帳を使ってもっと遊びに行こう!

障害者手帳を使えば映画が1,000円で観れるぞ!ってことを書いてきました。

僕は障害者手帳を取得してから、映画館に行くことが多くなりました。でも、周りを見渡してみると、あんまり障害者手帳を使っていません…。これってめちゃくちゃもったいないと思います。

映画館に限ったことではないですが、障害者手帳を使えば一般料金よりも安くなったり、無料で利用できるところはたくさんあります!なので、障害者だからこその特権をもっと使って遊びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください