障がい者は就職・転職活動のときに転職サイト(エージェント)を使うべきなのか?

スポンサーリンク

障がい者の中には、就職・転職活動のときに転職サイト(エージェント)を使おうかどうか迷っている人がいるはずです。

ハローワークも使ってるけど、就職・転職サイトを見ていると大手の有名企業が名を連ね、どこか華やかな感じで、仕事も給料も見違えるくらい魅力的に見えてしまうので、使いたくなる気持ちはよくわかります。

では、実際に障がい者は就職・転職活動の際に転職サイト(エージェント)を使うべきなのでしょうか?

今回は、僕が障がい者として就職するまでに転職サイトを使ってみた感想をもとに、障害者は転職サイトを使うべきなのかどうか?について書いてみようと思います。

障がい者用就職・転職サイト一覧

まず、障がい者用の就職・転職サイトを列挙しておきます。

健常者用の就職・転職サービスにもいろいろあるように、障がい者向けの就職・転職サービスにもいろいろあります。

いろいろというのは、転職フェアのようなイベントを中心にしているサービスから、精神障害や発達障害など特定の障がいに強みを持つサービス、地域に特化したサービスまで実にさまざまです。

どれが良いということはなくて、自分にあってサービスを選ぶのがいいと思います。

障がい者用就職・転職サイトが使える条件は『障害者手帳』

障がい者用の就職・転職サイトを利用すると言っても、健常者向けのように誰でも彼でも使えるわけではありません。障がい者を雇うということは、企業としてのCSR的な取り組みはもちろんですが、法定雇用率を達成するためでもあります。

なので、ほとんどすべての障がい者用就職・転職サイトでは『障害者手帳を持っていること』を条件としています。

もちろん、利用時点で持っている必要はなく、障害者手帳を申請中であれば企業への応募はできますし、サービスの利用も可能です。



スポンサーリンク


登録は無料!だけど、使える人は限られる?

健常者の就職・転職サイト同様に、障がい者向けであっても登録も、利用も無料でできます。

僕は健常者向けの就職・転職サイトをそれほど利用したことがないのでわかりませんが、障がい者向けの就職・転職サイトでは登録したところですべての人が使えるとは限りません。

これはどういうことか?というと、登録して応募は出せますが、担当者が付かない限りはほとんど書類選考はもちろん、面接にも進めません。

では、どんな人に担当が付くのか?

厳密なことはわかりませんが、一言でいえば「就職できそうな人」です。「就職させやすい人」と言った方がいいかもしれません。僕が使ってみて、また他の障がい者の人が使っているのを見てどんな人に担当が担当が付くのか?ということを考えてみると、

  • 年齢が若い(スキルや経験によっては年齢は関係ない)
  • 比較的高学歴(企業によりけり)
  • スキルがある(パソコンスキル、資格などがある)
  • 就業経験がある

という感じです。

転職サイトにとって障がい者は企業に対しての商品です。もちろん、この「就職できそうな人」というのは、あくまで転職サイトを利用している企業が欲している人材に当てはまるかどうかであって、その人の価値の有無ではありません。

転職サイトも無料で企業に障がい者を紹介しているわけではありません。障がい者を紹介することの手数料としてお金をもらっているわけです。そのため、企業が求めていない人材を次々と送り込むことはできません。そんなことをすれば企業はその転職サイトを使わなくなります。

となると、結局は年齢が若く、学歴があり、スキルや経験がある人に担当がつくこともうなづけます。ただ、だからといって年を取ってるから利用できないか?といわれるとそうではないようです。その人の職務経歴書や履歴書を見て、企業が求めている人物像に近ければ、担当がつき、企業を紹介してもらえると思います。

転職エージェントを使えるなら使うべき!

個人的には登録して、担当者がつくのであれば、積極的に使うべきだと思っています。

というのも、障がい者が就職するにあたってハローワークや企業のHPを通して一人で就職活動をするのはキツいからです。もちろん多くの人はそのようにして就職していくわけですが、それでも一人で膨大な数の企業の選考を受けなければなりませんし、不採用通知がくるたびに落ち込むことになるで、精神的にはかなり辛いはずです。

一方で、転職サイトであれば、就職の可能性が高い企業を紹介してくれ、その企業に対して人となりをはじめ、障がい特性に対してどんな配慮がひるようなのかなどを企業に伝えてくれますし、企業に合わせた履歴書や面接の対策もしてくれます。なので、一つ一つの企業にしっかりと臨むことができます。

自分が転職サイトから応募できるかどうかは登録してみないとわかりません。なので、もし気になっている、使ってみたいというのであれば、まずは登録をして、気になる企業に応募してみるといいと思います!

さいごに

「障がい者は就職・転職活動のときに転職サイト(エージェント)を使うべきなのか?」をテーマにして、僕が体験したことを、見てきたことをもとに書いてきました。

正直、転職サイトを使えたとしてもみんながみんなうまくいくとは思っていません。「就職できる」と見込まれても、それはあくまで転職サイトの担当者の判断であって、企業側の判断ではないからです。ですが、たとえ転職サイトを使って就職できなくても、そこで経験したことは確実に就職活動に活きてくることは間違いありません。

障がい者が就職する、転職するというのは健常者に比べると難しいのはたしかです。でも、できないわけではありません。ぜひ、諦めずに就職・転職活動をしてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA