発達障害の就職はオープン就職とクローズ就職どちらが良いのか?について当事者視点で考えてみる

極論をいえば、どっちでもいいんじゃないかって思ってます。

そして、どっちかしか選べないのか?と言われれば、そうでもないとも思っています。

「オープン就職だからこう!」みたいなこともなければ、「クローズ就職だからこう!」みたいなこともないと思うんですよね。もちろん、傾向みたいなことはありますが、その傾向がすべて当てはまるわけではないですし、企業によってはどちらのメリットも得られるみたいなこともあります。

ただ多くの企業では、いまだにオープン就職とクローズ就職のどちらかに偏っているように感じます。

なので、障がい者、特に発達障害者のように外見からでは見分けがつかず、障がいの度合いによってはオープンでも、クローズでも働けるのであれば、両方の選択肢におけるメリット・デメリットくらいは知っておいた方が良いと思います。

今回の記事では障がい者、特に発達障害の人が就職するにあたって、オープン就職とクローズ就職のどちらが良いのか?についてメリット・デメリットを挙げながら考えてみたいと思います。

※ちなみにざっくりとオープン就職とクローズ就職について説明すると

  • オープン就職・・・障がいのことを開示し、いわゆる障害者枠で就職すること
  • クローズ就職・・・障がいのことを開示せず、健常者と同じ枠で就職すること

オープン就職のメリット・デメリット

まず、オープン就職のメリット・デメリットについてざっと書いてみると、

メリット

  • 障害についての理解・配慮を得やすい
  • 体調管理がしやすい
  • 通院や勤務時間の調整がしやすい
  • 離職期間・就労の有無がクローズに比べ不利になりにくい
  • 就労後定着支援を受けることができる

デメリット

  • 給与が低くなりやすい
  • 就職先・求人が少ない
  • キャリアアップの望みが薄い
  • 仕事内容に偏りがある
  • 障害者枠の場合は障害者手帳が必須

で、次にクローズ就職のメリット・デメリットについてざっと挙げてみると、

メリット

  • 給与は高くなりやすい(オープンに比べ)
  • キャリアアップを望める
  • 業務面、業界の幅に広がりがある
  • 就職先・求人数が多い
  • 仕事内容に偏りはない(オープンに比べ)

デメリット

  • 障害への配慮や理解を得にくい
  • 通院や勤務時間の調整がしにくい
  • 離職期間が不利になる

という感じです。

簡単にまとめると、オープン就職は「働きやすさ」を重視していて、クローズ就職は「給与・キャリア」を重視した選択といえると思います。

もちろん、これは極端な例であって、企業によってはオープン就職でも給与は上がって、キャリアアップも望めるところはあります。一方で、、クローズ就職でも、通院や勤務時間への配慮があったり、障害についての理解や配慮がしっかりとしている企業だってあります。ただ、これはごく一部の非常に素晴らしい企業だけだと思っておいた方が良いと思います。

多くはオープン就職ならオープン就職のメリット・デメリットを、クローズ就職ならクローズ就職のメリット・デメリットを持った企業だと思っておいた方がいいでしょう。

新卒・離職期間が長い中途ならオープン就職がオススメ

高卒や大卒、専門学卒の人が新卒で就職する場合や、離職期間が長い人が中途採用で就職・転職する場合は、障がいを開示したオープン就職が良いと思います。もし、障害者手帳が取得できるのであれば、取得し障害者枠で就職するのがベスト。

というのも、新卒や離職期間が長い人の場合、まず安定して働けることを目標にしなければなりません。これは精神的や体力的にもそうですが、経済的にも自立していくことが大切だからです。安定して働くといっても、最初から週5日8時間働くわけではなく、週4日からでも、一日6時間からでも、ある一定期間働き続けることが大切だと思います。

そのためには自分の障がいのことを周知しておく方がいいです。

周りが自分の障がいについて知らない状態で働くのって結構難しいです。周知してもらえないと、障がいの特性上明らかに難しいことがあっても、それを配慮してもらえないですし、周りと同じ成果を求められます。

逆に障がいについて周知しておけば、多少苦手なこともしなければならないにしても、得意なことやできることを中心に仕事を回してもらえますし、周りと軋轢(あつれき)を生むことなく仕事に取り組めます。

そして、継続的に働くことができ、スキルや経験を積むことができれば、次はキャリアアップを目指して転職活動をしてもいいと思います。継続して働いている実績があり、スキルや経験があれば、障がいがあってもそこそこの企業に転職はできますし、給料アップも望めます。

そういった将来的なことも考えると、新卒や離職期間の長い人はまずは安心して働けるオープン就職がいいのではないかと思いますね。

実績・スキルがある転職ならクローズ就職がオススメ

で、すでに実績やスキルがあって、現在働いているのであれば、クローズ就職をしてもいいんじゃないかって思います。

もちろん、自分の障害に対して対処方法があって、自分の得意不得意を熟知していて、周りとの関わり方もそれなりにできるのであればって感じでしょうけど、スキルや実績があれば、障がいなんて関係なく雇ってもらえるのは確かです。

また、別にクローズ就職だから障害者手帳を使わなくてもいいというわけではないので、就職活動時点で手帳があることを伝えておけば、実績やスキルと合わて重宝してもらえることもあると聞きます。優秀な人材を採用できて、法定雇用率も上げられるなら、企業としてはウハウハですし(笑)

もちろん、障がいを抱えた上でクローズ就職するのってそれなりに大変だと思いますし、それなりのスキルや実績がないとやはり難しいかもしれませんが、不可能ではないので目指してみる価値はあると思います!

さいごに:選択は自由!自分にあった働き方を見つけましょう!

「発達障害の就職はオープン就職とクローズ就職どちらが良いのか?」ということについて、当事者の目線で書いてみました。

僕は新卒をクローズ就職で病気を悪化させ死にそうになったので、次はオープン就職をしようと考えています。就労移行支援の支援者の方からは、オープンでもクローズでもいいのではないか?といわれていますが、一度味わった恐怖を拭い去れないので、まずはオープン就職で自信をつけようと思っています。

正直、オープンでもクローズでもどちらでもいいと思ってます。最近では、企業で働くだけではなくフリーランスとして働く障害者の人もいますし、働き方や生き方はたくさんあると思います。周りがどうか?メリットやデメリットは何か?と考えると切りがありませんし、決めきれないと思います。

なので、ぜひ自分がどうしたいのか?どの選択肢なら自分が辛い思いをしなくても済むのか?を考えて、選択すればいいと思います。ぜひ、辛くない選択肢をしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください