【大阪市】障がい者手帳を使えば、図書館の貸出期間が伸びるって知ってる?ちなみに貸出点数も増えます!

スポンサーリンク

どうも、なかむら(@ynakamura1201)です。

障がい者手帳を使って図書館で本を借りてきました。

正直、「なんで、これまで障がい者手帳を使わずに本を借りていたんだろう…」と後悔してしまいました(笑)

今回は大阪市内の図書館で障がい者手帳を使うと得られる特典と申請方法などについてサクッと書いてみようと思います。

図書館で障がい者手帳を使うと得られる特典とは?

図書館で障がい者手帳を使うとこんな特典?があります。(特典というとあれですがw)

  • 利用期間が伸びる
  • 貸出点数が増える
  • 図書館郵送サービスが利用できる(別途申請が必要)

主にはこの3つですね。これだけでも結構良くないですか?

それでは詳しく見ていきましょう。

貸出期間が伸びる

通常の貸出期間は15日間(約2週間)です。

これでも結構長いなーとは思いますが、障がい者サービスを利用すると、なんと32日間(約1ヶ月)にまで伸びます!約2倍の期間利用できるようになります!

貸出点数が増えるので、このくらい長い間借りることができるのは正直ありがたいです。

貸出点数が増える

で、どのくらい貸し出しができるのか?というと、最大20点までできます。

健常者の場合は、15点まで借りることができるのが、プラス5点借りることができるというわけです。

ちなみにAV資料(CD・カセット・DVD・ビデオ)については健常者は5点までですが、障がい者の場合は10点まで借りることができるとのこと。

図書郵送サービスが利用できる(別途申請が必要)

この郵送サービスは返却時はもちろん、借りるときも資料を送っていただけるみたいです!

ただ、このサービスは僕のように軽度の障がいの場合は使えません。

主な対象者と郵送できる資料は以下の通りです。

郵送できる資料 利用対象
図書・雑誌 視覚障がい1・2級
肢体障がい1・2級
内部障がい1〜3級
カセットテープ
CD
デイジー
視覚障がい1〜6級
点字雑誌・図書
点字つき絵本(点訳絵本)
さわる絵本
視覚障がい1〜6級

障がいの中でもかなり重度な部類です。もちろん、これらの障がい以外にも、図書館に行くことが困難な場合は問い合われば対応していただけることがあるみたいです。

障がいがあるがゆえに、図書館から足が遠のくのってもったいないですし、残念ですが、こういったサービスがあれば、障がいに関係なく本が読めるのでいいですよね!

その他サービスについて

上記の3つのサービス以外にも、障がいに応じてさまざまなサービスがあるので紹介します。

  • 音訳資料(対象:視覚障がい、学習障がい、知的障がい、加齢による視力低下などで活字での読書が困難な人)
  • 対面朗読(対象:視覚障がいの人)

という感じです。主に視覚障がいの方向けですね!本を読むには目が見える必要がありますが、目が見えなくても本を読んでほしい、本を楽しんでほしいというためのサービスなので、ぜひ視覚障がいの人をはじめ読書に遠ざかりがちな障がい者の方には利用してほしいです!

障がいを持っていなくも使えるらしいぞ!

この障がい者サービスは、障がい者手帳を持っていないと利用できないのか?というとそうではないみたいです。

対象となる具体的な範囲としては、

  • 障がい者手帳所持者(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)
  • 介護保険の認定を受けている
  • 発達障がいの認定を受けている
  • 支援学校に在学している、または特別支援教育を受けている
  • その他、医療機関・福祉等関係機関からの証明等を持っている

という感じです。思った以上に範囲は広いですね(笑)

何かに当てはまるなら、申請しておいて損はないと思いますね!

申請方法について

で、障がい者サービスってどうやって利用するの?って感じなんですが、めちゃくちゃ簡単です!

障がい者手帳を持っている場合は、登録時に手帳と、名前と住所がわかるものを提示するだけです!また、すでに登録している場合は、手帳を見せるだけでOKです!

介護保険の認定や発達障がいの認定を受けている場合は、その認定を証明できるものと名前、住所がわかるものを提示すればOKです!こちらもすでに登録している場合は、証明証だけでの提示でOKですね!

さいごに

大阪市の図書館で障がい者手帳を使うと得られる特典について書いてきました!

意外と良いサービスですよね!障がいによっては、外出するのも一苦労という方もいらっしゃいます。そういった人にとっては郵送サービスなんてありがたいと思います。

僕のようなやや引きこもりがちな人間にとってはたくさん本を借りられるだけでもかなり嬉しいです!

障がい者手帳って確かに世間体はあまりよくないかもしれませんが、使いようによってはメリットも結構あるので、どんどん使うべきじゃないかなって思います!

この記事を読んだ人にオススメ記事

スポンサーリンク