【感想】『虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡』障がい者が働くとは?

スポンサーリンク

知的障がい者の多数雇用に身を投じた一人の起業家とその一族の激闘の記録であり、障がいを持って生きる人の働く姿と、その喜びの記録である。

(引用 『虹色のチョーク』序章)

この本は決して障がい者雇用を美化したものではないことを、まず伝えなければならないかもしれません。

社員の7割が障がい者である日本理化学工業の現在の、そしてこれまでの取り組みを目の当たりにすると、多くの障がい者を雇用しているという点で「素晴らしい!」「誇らしい!」と思うかもしれません。ですが、日本理化学工業は、そして著者である小松成美さんは、そんなことを思ってほしくてこの本を書いたのではないと思っています。

一つの企業が、知的障がい者の人を雇用することを通して感じていること、これまでの苦労、そしてこれからの展望を垣間見れるのが、この『虹色のチョーク』だと思います。

障がい者雇用が促進される現代。多くの人にこの本を読み、障がい者の可能性を、そして障がい者を雇用することの可能性を感じていただければと思います。

本の内容について

まず、本の内容について簡単にご紹介します。

「彼らこそ、この会社に必要なんです」

社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社”を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。
人は働くこと、人の役に立つことで幸せになれる――。

神奈川県川崎市にあるチョーク製造会社・日本理化学工業株式会社は、昭和12年に小さな町工場からスタートした。昭和35年に二人の少女を雇い入れたことをきっかけに、障がい者雇用に力を注ぎ、「日本でいちばん大切にしたい会社」として全国から注目を集め続けている。
現在も社員83名のうち、62名が知的障がい者。一人一人の能力に合った仕事を作ることで、彼らが製造ラインの主戦力となり、社員のほとんどは定年まで勤め上げる。同時に、彼らの作るダストレスチョークは業界シェア1位を誇る。
今でこそ福祉と経営の両面で注目を浴びるが、ここに辿り着くまでには数々の苦悩と葛藤があった――。
本書は、日本理化学工業の会長や社長、働く社員、さらには、普段語られることの少ない障がい者のご家族へのインタビューを通して、「働く幸せ」を伝える一冊。

(引用 Amazon『虹色のチョーク』)

『日本でいちばん大切にしたい会社』という本で一躍有名になった日本理化学工業。

この企業の従業員の7割は、知的障がいを持っている。この事実だけを聞くと、少々驚く反面、関心を覚える人も少なくないだろう。

しかし、日本理化学工業も最初から知的障がいを持つ人を受け入れられたわけではないし、業界トップシェアを獲得できたわけではない。その裏には、壮絶な想いのぶつかり合いがあり、試行錯誤があり、人を大切にしたいという強い気持ちがあった。

この本では、その日本理化学工業のこれまでの奇跡・軌跡を記している。知的障がいを雇う側だけではなく、雇いたいと思う社長の家族や、雇われる知的障がい者の方々、そしてその知的障がい者の家族の思いが綴られている。

感想

障がい者を雇用することは特別なことなのか?

障がい者雇用というと『社会貢献に頭が下がります』とか『素晴らしい事業を行っていますね』などと褒め称えてくださいます。けれど、私たちにとって、それは特別なことではなく当たり前のことなんです。

(引用 『虹色のチョーク』22頁)

『障がい者雇用を法律だからしなければならないもの』と考えている人にとっては、日本理化学工業のように積極的に障がい者を雇用し、障がい者を活かしている企業は特別に感じるのかもしれません。ですが、日本理化学工業にとってはそれが普通なんですよね。

それは障がい者によって、今の日本理化学工業があるからこそ出てくる言葉なんだろうと思います。

日本理化学工業を外から見ていると、日本理化学工業が知的障がい者を活かしているという感じがします。ですが、実際は日本理化学工業が知的障がい者によって活かされているのではないかって思うんですよ。知的障がいの人がいたからこそ、もっと事業を伸ばそうと思ったし、会社を成長させなければならないと思ったのではないかってことです。

障がい者雇用を特別だ、素晴らしい事業だといっている間は、この国で障がい者雇用は進まないだろうと改めて感じました。それは、障がいを持っていることが特別な存在として扱われるからであり、健常である自分たちと一線を画すと考えてしまうからです。

障がい者雇用のハードルは高いのか?低いのか?

障がい者といっても、身体障がいや知的障がい、発達障がい、精神障がいとさまざまです。それらの人を雇うとなると、一見ハードルが高く感じますし、一緒に働く人にとって苦労を強いるのではないかと思う人も多いはず。

たしかに障がい者を雇用する最初の段階は苦労も多いです。どうやって教えたらいいのか?誰が教えるべきなのか?サポートはどのくらい必要なのか?など考えることは山ほどあります。

しかし、この日本理化学工業の実例を見ていると、その大きなハードルは頭の使い方次第で乗り越えられるものなのではないかと思えてなりません。

というのも、障害を持っているからといって、何もできないわけではありません。彼らには彼らの良さがあり、健常者では持ち得ない能力を持っていることが多々あるからです。それは手先の器用さかもしれないし、集中力かもしれない。それは人によってさまざまです。ですが、少なくとも何かしらの秀でた能力はあるわけです。

それらの秀でた能力をいかにして見つけ、適切な人材配置をするのかってことなんですよね。

あとは障がいがあることで、何が難しいのか?そして、できないのか?を見極め、どうすれば解消できるのか?解消できないのであれば、何で代替すればいいのか?を考えればいいわけです。

こうやって書いてみるとわかりますが、これって障がい者に限った話ではないですよね。健常者だって、能力を活かすために、いい仕事をしてもらうために、長所を探そうとするわけですし、わざわざできないことをやらせようとなんてしないはずです。

ということは、人の良さを引き出そうとできる会社であれば、それほどハードルは高くないのではないかって思います。あとはやり方次第。

この本は、それほど高くないハードルをさらに下げてくれる手助けをしてくれることは間違いないと思います。実際に障がい者雇用に成功している企業ですし、それをこれからもずっと継続していこうとしている会社なわけですから。

障がい者雇用は、企業にとっても障がい者にとってもゴールではない

障がい者雇用に携わっていると、雇用されることがゴールのように思っている人に出会うことも少なくない。なんとしても就職したい、なんとしても今の状況から脱したい。

その気持は痛いほどわかります。

そして、それは企業も同じで、法定雇用率さえ満たせばOK!みたいな感じも否めないです。

しかし、実際には障がい者を雇用することは、雇用主である会社にとっても、雇用される障がい者にとってもスタートラインでしかないんですよね。もちろん、雇用されることも大切です。ですが、それ以上に雇用されてからどう生きるのか?ということの方が大事です。

雇用されたはいいが、結局その仕事や環境に馴染めずに、辛い思いをしたのでは意味がありません。力を発揮できると思って就職したのに、結局何も発揮できず辞めてしまっては元も子もないわけです。

たしかに、そういった状況になるためには就職しないといけないわけですが、就職をゴールにしてしまうと、こういった悲惨な状況になることはよくあるんです。これは障がい者に限った話ではありませんよね。

だからこそ、障がい者の人は働くことだけに注目するのではなくて、働く先にあるものを見据える必要があるのではないかって思います。それは趣味かもしれないし、家族かもしれません。なんだっていいと思うんですよ。最初は働くことで精一杯かもしれないけど、それを乗り越えたときに自分を支える何かを残しておくべきなんじゃないかなって改めて感じました。

あとがき

『虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡』の感想を書いてきました。

途中、涙を流して読みました。僕自身、障がいというレッテルを貼り、就職活動をしているからこそ、どこか通ずるところがあり、同じように就職活動を行う障がい者の方たちがたくさんいるからこそ考えさせられることがたくさんありました。

障がい者雇用は企業にとっては義務としての行為になるのかもしれません。ですが、義務として障がい者雇用をやっても、おそらくうまくいかないんですよね。そこに責任があり、想いがあってこそ、障がい者雇用は上手くいくし、障がい者の人も活き活きするのではないかと、この本を通して、そして日本理化学工業を通して感じました。

今障がいを抱えて就職に困っている方は、この本を通して日本にもまだこんなにも素晴らしいな企業があることを知ってほしいです。そして、企業の方には義務としてではなく、企業を活かすために障がい者を活かす取り組みをしてほしいと思います。

ぜひ、多くの方にこの本や「日本でいちばん大切にしたい会社」を読んでいただければと思います。

この記事を読んだ人にオススメ記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA