【男目線】誰かを好きでい続けるために必要なのは、好きな理由を捨てること

彼女から、

「私のこと好き?」
「私のどんなところが好き?」
「私のこと好きなら、私の好きなところくらい言えるでしょ?」

と、たまに問い詰められる?ときがあります。この彼女からの問い詰めが嫌なわけではありません。むしろ、嬉しいとさえ思います。

でも、正直答えられないんですよね…。彼女のどこが好きとかがよくわからないんです。で、結局彼女に怒られるというか、彼女の気分を損ねてしまったりなんかしちゃうわけです(笑)

一方で、彼女のどこが好きなのか?をはっきりと答えられる人っていますよね。でも、こういう人に限って、付き合ってもすぐにわかれちゃうんです。

これって不思議な現象ですよね。彼女の好きなところを答えられない僕は、彼女と比較的長く付き合っている、付き合えているのに、好きなところを明確に答えられる人の中には、すぐに別れてしまう人がいる。

今回は、そんな不思議な現象について、誰かを好きでい続けるために必要なことをテーマに書いてみようと思います。

同じ人をずっと好きでいるのが難しい理由

同じ人をずっと好きでいられる。これほど素敵なことはないのかもしれません。

でも、正直「同じ人をずっと好きでいる」のって難しいと思うんですよね。なので、まずは同じ人をずっと好きでいるのが難しい理由について書いてみようと思います。

ずっと一緒にいると嫌な面が見えてしまうから

付き合う前や付き合って間もないころは、相手のいいところ、(女性であれば)可愛らしいところ、(男性であれば)男らしいところしか見えていません。誰しも、付き合う前、付き合って間もないころから、「この人はこんなところがダメだ」なんて考えないのは当然のこと。

ですが、どれだけ好きで付き合った人でも、一緒にいる時間が増えれば増えるほど、相手の好きなところ以上に、これまで見えなかった(もしくは見ようとしてこなかった)嫌なところが見えてくるようになるんですよね。

誰にだって、良いところがあれば、ダメなところがあるのは当然です。でも、好きな相手だからこそ、ダメな部分や、不出来な部分って余計に目についてしまうんですよね…。

付き合っていなければ、どうってことのないことですら、彼氏や彼女という立場になれば許せなくなるのは、恋愛の難しいところなのかもしれません。

好きという感情が示す感覚が変わるから

一人の人と長く付き合っていると、「好き」って感情がよくわからなくなってきます。

好きだからこそ、付き合ったにも関わらず、付き合っている期間が長くなればなるほど、その「好き」って感情がそもそもよくわらなくなってくるんですよね。不思議なんですけど。

これって相手に対して抱いている感覚が変わっている証拠だと思うんです。好きなことには違いがないんですが、好きって感情が示している感覚が違うんですよね。

たとえば、付き合いたてのころは、好きな人と一緒にいることは幸せなことだと思うんです。なので、「好き=幸せ」ってことです。ですが、付き合っている期間が長くなると、好きな人と一緒にいることは当然になって、一緒にいると落ち着けるようになるんですよね。つまり、「好き=一緒にいて当然/一緒にいると落ち着ける」ってことです。

ようするに、最初は好きな人と一緒にいることで幸せを感じていたのにも関わらず、徐々にその幸せが当然になってしまい、「あれ?この人のこと本当に好きなのかな?」って自分を疑うようになってしまうんですよね。

もちろん、相手のことが好きな気持ちは持っているはずなんですが、その「好き」を疑うようになることで、相手への「好き」という感情が薄れてしまうこともあるんです。

好きでい続けようと、好きな部分を探してしまい悪循環に陥ってしまうから

『誰かを好きでい続けるために、「好き」部分がないとダメ』と考える人も少なくないと思います。かくいう僕もその一人。

でも、その考えこそが、実は好きな人を好きでいるための足かせなんですよね。

というのも、好きな人の好きな部分を探そうとすると、ダメな部分や嫌な部分も見えてくるからです。もちろん、そういった側面も含めて好きになれるというのであれば、好きな部分を探すことに何も問題はないと思います。

ですが、好きな部分を探した結果、相手の嫌な部分が目につくようになってしまい、しまいには嫌いになってしまっては元も子もありません。

相手の良い部分を探そうとする気持ちは良いことだと思います。でも、誰にだって良い部分があれば、悪い部分があるってことも理解した上で、良い部分を探そうとしないと、悪い部分だけが目につくようになるので、注意が必要かもしれません。

誰かを好きでいるために理由なんていらない

誰かを好きでい続けるためには具体的に好きな理由が必要だと、僕はずっと思っていました。

でも、たぶん違うんですよね。むしろ、誰かを好きでい続けるためには好きな理由を持たない方がいいと思っています。

一目惚れに理由なんてないはず

一目惚れって、「ひと目見ただけで相手にほれてしまうこと」ですよね。

一目惚れをしたことがある人ならわかると思いますが、一目惚れするときって特に理由はないはずです。これって、人を好きになるのに具体的な理由はいらないことの証だと思うんです。

たしかに、付き合ってからも一目惚れのときに抱いた「好き」って感覚を持ち続けることは難しいです。でも、「好き」の具体的な理由がを探して、相手のことを好きになろうと努力する必要もないと思うんです。

好きな人に対して「好き」って思えるのであれば、理由なんてどうだって良いんじゃないですかね?

誰かを好きになるときって、いつの間にか好きになってない?

なんとなくその子のことを考える時間が長くなった
その人と一緒にいるだけで、なんとなく楽しい
その子と一緒に遊びたい、一緒にごはんに行きたい

など、一目惚れではないけど、誰かに対して好意を抱くときってありますよね。これも一種の好きですよね。

このときの「好き」って感覚も、具体的な理由があるわけではなくて、なんとなく抱いている感覚だと思うんですよね。この「なんとなく好き」ってのも僕は大事にするべき感覚だと思うんです。

というのも、「なんとなく好き」って恋愛に限らず、いろんなものに当てはまるからです。たとえば、好きな食べ物がカレーだとして、カレーの好きな理由を聞かれると「なんとなく好きかな…」って答えてしまいませんか?他にも漫画やスポーツ、映画なども同じような感じだと思うんです。

さいごに

男目線で『誰かを好きでい続けるために必要なのは、好きな理由を捨てること』について書いてきました。

誰かを好きでい続けるって難しいですよね(笑)

相手の好きなところを探すと、相手のことが嫌いになることは誰しも経験したことがあるかもしれません。なので、できる限り好きなところなんて探さない。むしろ、好きな理由なんて捨ててしまうことが大切なんじゃないかって思います。

別に好きなら好きでいいんじゃないでしょうか?

その誰かを好きってシンプルな気持を持ち続けられることが、誰かと付き合っていくためには必要なことなんじゃないかって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください