ネガティブ思考はダメなのか?ネガティブ思考のメリットについて考えてみる

スポンサーリンク

ネガティブ思考と聞いて、あまりいいイメージを持つ人はいないのではないでしょうか?

かくいう僕も、自分がネガティブ思考であることに少々悩んでいました。ですが、最近になって「ネガティブ思考でよかった」と思えるようになりました。

逆に、今では「無理してポジティブにならなくてよかった」とも思っています。もちろん、ポジティブであることがダメだとは思いません。ですが、ネガティブ思考の良さを感じてからは、無理してポジティブになる必要もないなーと思ったんです。

ということで、今回はネガティブ思考の良さ、メリットについて少々考えてみたいと思います。

そもそも『ネガティブ思考』とは?

まずはじめにネガティブ思考について簡単に書いておきます。

ネガティブという言葉が示すとおり、ネガティブ思考は後ろ向きな思考だったり、物事に対して悲観的な見方や考え方をしてしまう傾向のことを言います。

具体的にいえば、大学受験のテスト終了後「マークミスしてないかな…」「記入漏れや計算ミスはしてないかな」「誤字脱字していないかな…」、受験前でも「落ちたらどうしよう…」「どこにも受からなかったらどうしよう…」と、ついつい悪い方向に考えてしまうことを、ネガティブ思考といいます。

誰しも、「ダメだったら…」と考えてしまうことはありますが、そこで「大丈夫だろ!」「なんとかなる!」と考えられるのがポジティブ思考なのに対して、「ダメだったら…」「ダメかもしれない…」とマイナスの方向に考え続けてしまうのがネガティブ思考というわけです。

『ポジティブ思考>ネガティブ思考』という考え方への疑問

ポジティブ思考とネガティブ思考のどちらが良いのか?と考えると、多くの人が「ポジティブ思考」の方がいいと答えると思います。また、書店に行ってみても、ネットで調べてみても’、「ネガティブ思考を改善して、ポジティブ思考に!」みたいな文章をよく見かける通り、世間的には『ポジティブ思考>ネガティブ思考』と考えられています。

ですが、個人的にはこの考え方には少々疑問があります。

というのも、どんなことでもそうですが、物事や考え方にはそれぞれプラスとマイナスの側面が両方あり、その使い方によって、それを使う人によって、良し悪しは変わってくると僕は思っているからです。

つまり、『ポジティブ思考だから良い、ネガティブ思考だから悪い』わけじゃないんと思うんですよね。

ポジティブ(=プラス)、ネガティブ(=マイナス)と考えてしまうから、ついつい『ポジティブ思考>ネガティブ思考』という考えに至ってしまうのかもしれませんが、結局はその人の考え方次第だし、その思考との向き合い方、使い方しだいなのかなーと思っています。

根拠なきポジティブ思考も考え方によってはダメじゃない?

で、常々思っているのが、根拠のないプラス思考、ポジティブ思考は、考え方によってはかなり危険な思考だということ。

そもそも根拠のないポジティブ思考というのは、具体的には何も対策していないにも関わらず、テストや面接、仕事に対して「大丈夫!なんとかなるでしょ!」と自信を持つようなことです。

「そんな人いるの?」と考える人もいるかもしれないですが、自信過剰な人にいろいろと聞いてみると、その自信の根拠が無いことって結構あります。

この根拠なきポジティブ思考の何がダメなのか?というと、気持ちだけが前にでてくるので努力も対策もしなくなることなんですよね。もちろん、結果が良ければ何も問題はありません。ですが、何も準備も対策もしていないのに結果が良いことは稀です。そして、こういう思考の人に限って、結果が悪くても「次は大丈夫」とまた根拠なき自信を持ち出すんですよね。これではいつまでたっても結果はついてきません。

これって結構危険だと思いませんか?

なので、やっぱり考え方、使い方次第だと思います。ポジティブ思考が良い側面もありますが、ネガティブ思考にも良い側面もあるということを、まず認識する必要があるのではないかと思います。

ネガティブ思考だからこその3つメリット

では、ここからネガティブ思考だからこそのメリットについて書いていこうと思います。

不安や心配事ついてしっかりと考えることができる

ネガティブ思考の僕は、不安なことや心配なことについてとことん考える癖がついています。

ポジティブ思考の場合、不安なことがあっても、心配なことがあっても、「大丈夫!どうにかなる!」と考えがちですが、僕のようにネガティブ思考だと「本当に大丈夫か?何か見落としはないかな…?」「ミスはないかな…?」と不安や心配ごとに対してしっかりと向き合い、考えることができるんですよね。

そうすることの何がメリットなのか?というと、物事に対して思考が深まるんですよね。不安なことや心配事について、ただマイナスに考えるだけじゃなくて、何が不安なのか?どう不安なのか?なんで不安なのか?など不安や心配事について、しっかりと分析できるですよね。

その結果として、思考力や観察力、分析力なんかが身につくわけです。もちろん、人によってまちまちだと思いますが、僕はネガティブ思考のお陰で思考力が高まったと思います。

不安や心配を取り除こうと努力ができる

物事をネガティブに考えるということは、その不安の要素を取り除こうともするわけです。もちろん、ただただ心配だけする、不安に思うだけの人もいるかもしれませんが、ネガティブ思考にはプラスの面もたくさんあるんですよね。

根拠なきポジティブ思考の場合、「大丈夫だろ!」と思うだけで、それ以降何も努力はしません。物事を楽観的に考えるだけで、物事の質を高めようとしたり、ミスがないように点検をしたりということは、ほとんどしません。

一方で、ネガティブ思考の場合は、「大丈夫かな?」と不安視することで、その不安の要素についてもう一度確かめてみたり、もっと良くならないだろうか?と考えることで質を高めることができるわけです。

誰だってミスをすることはありますし、上手く行かないことだってあります。ただ、そのときにそのことについて、ただただポジティブに捉えて何もしないのか?それとも、ネガティブに捉えてよりよい仕事をするのかで、人からの信頼は変わってくるのではないかと思います。

そういった点では、ネガティブ思考は、不安や心配事に対してそれらの原因を取り除くために、努力ができるという点でメリットが有りますよね!

気軽に一歩を踏み出さない

フットワークが軽いというのは、一見プラスに思えるかもしれませんが、見方を変えると見切り発車とも言えます。まぁ物は言いようということです。

逆に一歩が踏み出せないというのは、一見マイナスのように感じますが、よく考えてから行動できるといえば、プラスにも感じると思います。ネガティブ思考の場合は、まさにこのよく考えて行動できるという点がメリットです。

たしかに、フットワークが重たいことはデメリットにもなりえます(あとで書きますが)。ですが、何も考えずに一歩を踏み出すことって無駄が多かったり、ミスが多かったりすることが多いのもまた事実だと思うんですよね。その点を考えると、よく考え、効率的に物事を進めよう、ミスなく終えようとする方が、周りからの信頼度は高いのではないかと思います。

もちろんネガティブ思考にもデメリットはある

ここまではネガティブ思考のメリットについて書いてきましたが、もちろんデメリットだってあります。ここでは、そのデメリットについて書いてみます。

考えすぎてストレスを感じてしまう

ネガティブ思考は、どうしても考えすぎてしまいます。

もちろん、適度に考えるのであれば、前述の通りメリットにもなりえますが、考えすぎて思い悩んでしまうと、ただただストレスになってしまう恐れがあります。ただ、どの程度考えすぎるとストレスになるのかは、人それぞれ違うのも事実です。

僕の場合、考えすぎてストレスになるのは、考える対象が自分ではどうしても解決できないことについて考えているときなんですよね。これは努力でどうにか不安を取り除くこともできないですから、解決しようがありません。なので、考えても無駄なんですが、ついつい考えすぎてしまい、ストレスを感じてしまいます。

なので、僕はこういった考えすぎてストレスになりそうなときは、すぐに誰かに相談することで解決しています。

ネガティブ思考はとにかく何でもかんでも考えすぎる傾向にあると思ってます。でも、それはメリットにもなりえるので、自分が何について考えすぎるとストレスになるのか?負担になるのか?を把握して、解決策を考えると良いのではないかと思います。

大事なときに一歩を踏み出せない

メリットのところでは、気軽に一歩を踏み出さないと書きました。ですが、それも見方によってはフットワークが重たいとも言えます。物は言いようですね(笑)

もちろん、フットワークが重たいだけならまだましだと思うんです。ですが、大事なときに一歩が踏み出せないとなると、それはそれで厄介です。人間誰しも、人生で大事な場面って何度も訪れると思います。恋愛でいえば告白、仕事でいえば昇進試験や転職活動、起業、マンション購入などなど、重たくても踏み出さないといけない一歩ってあると思います。

そういうときにはポジティブな人を尊敬します。気軽に踏み出せることで得をすることもありますし、そうすることで結果が早く出るのはただただ羨ましい。なので、そういう大事な場面ではぜひポジティブ思考を取り入れて、一歩を踏み出してみる覚悟を持つことも大切だと思います。

一歩を踏み出してみないとわからないことだって人生にはあります。考えても結果がわからないことには、ぜひ気軽に一歩を踏み出してみて、その結果についてしっかりと向き合って、試行錯誤すれば良いのではないかと思います。

ネガティブ思考だからダメなわけじゃない!

僕はネガティブ思考がダメだとは思いません。逆に、ポジティブ思考が良いとも思いません。要は考え方次第だし、使い方次第だと思っています。根拠なきポジティブ思考はそれはそれで怖いですし、ただただ考えすぎるだけのネガティブ思考も良くないです。

世間的には、「ネガティブ思考=ダメ、良くない思考」と考えがちですが、ネガティブ思考の人がいるからこそ、リスク管理ができるわけですし、品質を上げたり、ミスを防げたりできるんだと思うんですよね。もちろん、それはポジティブ思考にも同じことがいえます。

ネガティブ思考がいるからこそできることもあれば、ポジティブ思考がいるからできることもあります。どっちが良い悪いなんてことはありません。お互いが大事なんですよね。あとは、上手く共存するだけです。

さいごに

『ネガティブ思考はダメなのか?ネガティブ思考のメリットについて考えてみる』というタイトルで書いてきました。

誰しも、ポジティブ思考かネガティブ思考のどちらかの思考を持っていると思います。一見すると、ポジティブ思考の方が良さそうにも見えますが、それはあくまで「文字の上で」です。実際には、ネガティブ思考だって良いところはたくさんあります。

どちらの思考でも、使い方を誤れば人を苦しめたり、迷惑をかけたり、自分を苦しめることすらあります。だからこそ、思考を上手く活かすことが大事なのではないかと改めて感じます。

ネガティブ思考で思い悩んできた人は、ぜひ上手くその思考を活かしてみてはいかがでしょうか?くれぐれも考えすぎてストレスにならないようにしてください!

この記事を読んだ人にオススメ記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA