【朝活】早起きをする5つのメリットと、早起きするためにやっていること

早起き。

したいしたいとは思っていても、なかなか実行に移せないのことの一つが早起き。

かくいう僕もなかなか実行に移せず、ずっと朝はギリギリまで起きていました。ですが、「趣味の時間がない!」「やりたいことができない!」という悩みがあり、どうにかこの悩みを解決せねばということで、早起きをすることにしました!

今回の記事では、早起きをしてみて感じるメリットについてと、僕が早起きをするためにやっていること、意識していることについて書いてみようと思います。「早起きができない…」「どうしたら早く起きられるの?」なんて悩みを抱えている人にはぜひ参考にしていただければと思います。

早起きをしようと思ったきっかけ

冒頭でも書いたんですが、趣味ができない、やりたいことができないことが、僕の早起きのきっかけでした。

別に趣味ができない、やりたいことができないだけなら早起きなんてしようと思いません。ただ、僕の場合、趣味を満喫できていない、やりたいことができていないことが、かなりストレスになっていました。気持ちがどこかモヤモヤしていて、ずっと変な感じがしていたんです。

でも、現状のスケジュールでは趣味を満喫しようにも満足にできないですし、やりたいことをやろうにも時間が足りない。ってことで、それなら早く起きて、趣味をやろう、やりたいことをやろうじゃないか!と思ったわけです。

早起きする5つのメリット

では、まずは早起きをしてみて感じているメリットについて簡単にまとめてみようと思います。

一日を好きなことからはじめられる

好きなことから一日をはじめられるのは最高です。

これまでだと、朝起きて、顔を洗って、朝ごはんを作って食べて、お皿を洗って、服を着替えて、家を出るなんて感じでした。

でも、早起きをしてからは、朝起きて、顔を洗って、趣味の読書を少々、ニュースをチェック、時間に余裕があればブログを書く、朝ごはんを作って食べて、お皿を洗って、服を着替えて、家を出るという感じになりました。

この起きてから、ご飯を食べるまでの小一時間で趣味が満喫できる、やりたいことができるだけで、一日がなんだかいい気持ちで送れているような気がします。

もちろん、僕のように一時間も好きなことをやる必要なんてないと思います。起きてからの数分、数十分だけでも好きなことをやるだけで良いと思います。それだけで一日を快適に迎えられるなら良いんじゃないかと思いますね。(まぁ早起きに慣れるまでは少々苦痛ですがw)

生活リズムが安定し、体調も安定する

遅い時間まで起きていては、早く起きるなんて到底できません。なので、自然と早い時間(22〜24時)くらいには布団に入るようになります。僕の場合は、23時半には布団に入るようにしています。

そして、早起きするといっても毎日違う時間に起きるなんてことはなく、たいてい同じ時間に起きるようになります。というより、いつも同じ時間に起きないと気持ちが悪くなります。(好きなことをできなくなりますからねw)

そうすると、徐々に生活のリズムが決まり、安定してきます。たとえば、朝は6時に起きて、朝食は7時、夜は何時までにご飯を食べて、23時半には布団に入るという感じ。面白いことに、生活リズムを一度決めて、安定させると、会社に行くとか行かないとか関係なく、毎日同じようなリズムで生活を遅れるようになります。

で、生活リズムが安定していると何が良いのか?というと、体調も安定するようになるんです!不思議!

僕は糖尿病を患っているのですが、生活リズムが不安定のときは血糖値もかなり不安定でした。食べたものや運動した量は変わらないのに、血糖値は変動する。これって結構厄介でした。でも、生活リズムが安定するようになってからは、血糖値も自ずと安定するようになりました。

もちろん、生活リズムだけでなく、食生活も運動にも気を遣っていますが、生活リズムの安定は確実に血糖値の安定につながっているように感じます。

もう一つあります。それは風邪を引いたり、吹き出物が出ても、一日で治るようになったことです。これまでは一度風邪を引くと長引いていました。症状は軽減しても、軽減した症状が長引くなんてことが結構有りました。

ですが、生活リズムが安定するようになってから、風邪っぽくても、おかしな吹き出物が出ても、次の日には治るようになりました。何が功を奏したのかは定かではありませんgな、嬉しい限りです。

もちろん、人によって体調面でどういったメリットがあるかはわかりません。でも、不安定な生活をしているよりは、安定した生活をしている方が確実に身体にとっては良いことだと思います。

睡眠の質が上がる

僕は早起きをするようになってから、睡眠の質が上がりました。

睡眠の質って言われてもなんだろう?と疑問に思うかもしれません。これは僕なりの答えですが、睡眠の質は起きたときのスッキリ感だと思っています。睡眠って長ければ良いわけでもないですし、寝れば良いってものでもありませんよね。

できるならスッキリ起きたい。疲れが取れた状態で目覚めたいというのが誰しも思うことだと思います。

僕は早く起きるようになってから、そんな睡眠の質の高さを実感しています!

なんで、早く起きるようになってから睡眠の質が上がったのか?と考えると、2つの答えが出てきます。一つは早く寝るようになったこと。そして、もう一つは就寝起床時間が安定したことです。

これだけ?と思うかもしれませんが、これができないから睡眠の質が下がるんですよね。逆に、これさえできていれば少しは睡眠の質が上がると思います!

静かだから何をやってもはかどる

朝と夜。何かをやるのに適した時間はどちらなのか?

僕はずっと夜だと思っていました。夜の方が時間があるし、ゆっくりできるから、何をやるにしても夜にやることが多かったです。ですが、今は完全に朝派です!

たしかに朝は時間が短いです。ですが、朝の方が誘惑(テレビや飲み会、雑談など)が少ないですし、確実に静かです。朝の静けさは独特です。夜と違い起きている人の数が圧倒的に少ないので、人が醸し出す音が聞こえないんです。車や工事、話し声など騒音が聞こえてきません。

なので、何をするにしても朝の方が圧倒的に集中できます!これは経験したことがないとわからないことなので、ぜひ体感してほしいです!

(新しくはじめることでも)習慣化しやすい

早起きは、生活リズムを安定させてくれますし、静かだから何をやってもはかどるということを書きました。その延長線ではありますが、何かを習慣化するのにも朝の時間は適切だと感じました。

僕は、読書が趣味なんですが、毎日読むことはできていませんでした。読まない日、読めない日があるのは当たり前だとずっと思っていた反面、どこかで毎日本を読みたいとも思っていました。そこではじめたのが朝読書。

最初は、眠たくて読めないんじゃないか、読み始めた途端に寝てしまうのではないかと思っていました。ですが、思った以上に継続できています。というのも、朝の読書が楽しみになったからです。

最近では朝早く起きるのは、読書をするためといっても過言ではありません(笑)

正直、なんでも良いと思います。運動でも、お弁当作りでも、読書でも、仕事でも、自分が習慣にしたいことを朝にやるようにすれば、高確率で習慣化できます!朝なら時間が変わったり、お酒なので状態が変わることもありません。もちろん残業もありません。なので、習慣化し易いです!

もし、何か習慣にしたいけど、時間がなくてできない、三日坊主になってしまうというのであれば、朝活として朝の時間を有効活用してみてはいかがでしょうか?

早起きするためにやっていること

ここまでは、早起きしてみて感じたメリットについて書いてきました。

ですが、「早起きのメリットはわかった!でも、起きれないんだよ!」と思っている人は多いと思います。気持ちはよくわかります。僕も早起きのメリットを提示されても、その方法がわからないとできないですし、やろうとも思いません。

ということで、ここからは僕が早く起きるためにやっていることについて簡単にまとめてみようと思います。

最初から理想的な起床時間で起きない

普段7時に起きている人が、「早起きするぞ!明日から6時に起きる!」と意気込んでもおそらく6時には起きることはできません。できたとしても二度寝してしまったり、三日坊主になるのがオチです。

最初から起きたいと思う理想の時間に起きる必要はありません。できる範囲で起きる時間を早めていくことが大切です。それも長期的に。

たとえば、今の起床時間よりも1時間早く起きたいのであれば、まず最初の一週間、一ヶ月は15分だけ早めて起きられるようにする。あとは同じことの繰り返しです。その結果、1ヶ月から4ヶ月くらいで起床時間を1時間早められればいいわけです。

何か習慣を変えるために必要なことは現状から無理やり変えないことです。現状から徐々に変化をつけていく、そしてその変化を長期的に大きくしていく。この意識が大切だと思います。

寝る前にスマホやPCを見ない、触らない

スマホやPC、タブレットが普及した現代。手を離せない、目を離せない人は多くいることでしょう。

でも、寝る前1時間、少なくても30分はスマホやPCなどのブルーライトを発する機器は触らないようにしましょう。できれば、テレビも見ないに越したことはありません。

ブルーライトをはじめ人工的な光は、目を覚まさせてしまうため、寝付きが悪くなったり、睡眠の質が下がってしまいます。もちろん、忙しくてどうしてもという人もいるかもしれません。ですが、そういう人は朝早く起きて仕事なり、やるべきことをするようにしましょう!

睡眠の質を下げてまで、遅い時間、寝る前までスマホやPCを触るべきではありません。

夕食に暴飲暴食をしない

一日の最後の食事だからといって、食べ過ぎたり、飲みすぎたりしていないでしょうか?

こんな質問を書いている僕も、以前は食べ過ぎたり、飲みすぎたりしていたのですが、食べ過ぎ飲み過ぎは確実に睡眠の質を下げます。

一見、お腹を満たすと気持ちよく眠れる、お酒を飲むといつもより早く寝付けると思うかもしれません。でも、実際に意識してみるとわかりますが、食べ過ぎたときとそうでないときの起きたときの感覚はまったく異なるものです。食べ過ぎないときの方が確実にスッキリと目覚められます。お酒も同様。

もちろん、だからといって飲み会にいっちゃダメなどといっているわけではありません。そういった特別なときも必要です。ですが、日常は出来る限り食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしないように心がけましょう!

決まった時間に布団に入る

これは早起きのためというよりも、決まった時間に寝るための心がけです。ですが、意外と多くの人ができていないが、決まった時間に布団に入ることだとと思います。

意外かもしれませんが、決まった時間に入るようにするだけで、身体はその時間に向けて眠たくなるようになってくれます。僕も寝る時間が安定しないことで、起きる時間が不安定、遅い時間になっていました。ですが、布団に入る時間を一定に保つことで、自然と寝る時間が安定し、起きる時間も安定しました。

最初は布団に入っても、すんなりと寝付けないかもしれません。ですが、日を重ねるごとにその時間になると眠たくなり、すんなりと寝られるようになります。

おそらく一番簡単に始められるのが、この「決まった時間に布団に入る」ことだと思います。騙されたと思ってぜひやってみてください!

15時以降コーヒーを飲まない

僕はコーヒー大好き人間です。時間を問わず、コーヒーが飲んでいました。でも、この習慣が睡眠を阻害していたんですよね…。(詳しくは後述するオススメ本『SLEEP』を参考にしてください)

もちろん、コーヒーを完全にシャットアウトするのは心苦しいですし、難しいと思っているます。なので、コーヒーを飲んでみ良い時間帯を決めました。それが午後3時。それ以降はコーヒーを含むカフェインの入った飲み物は飲まないようにしています。

コーヒーを飲むな!と禁止するのは少々難しいですが、時間帯を定めて飲むのであれば誰でもできると思います。もちろん、最初から昼過ぎなんて時間と決めなくても良いと思います。最初は夕食前までとかできる範囲で。徐々に時間を早め、コーヒー摂取時間を制限できると良いと思います。

スマホのアラームではなく目覚まし時計を使う

スマホのアラームで起きている人ってかなり多いと思います。僕も以前はスマホのアラームで起きていました。

これは多くの人が感じていることかもしれないですが、スマホのアラームで起きるとなんだかスッキリ起きられません。理由としては、アラームにスマホを使うと寝る直前までスマホを触ってしまうからかもしれません。そうするとブルーライトをずっと浴びることになるので、寝付きが悪く、寝起きも悪くなるのかもしれません。

そこで僕はアラームを目覚まし時計に変更することにしました。そうしてからは、なんだか気持ちよく起きることができているように感じます。目覚まし時計にしてからは、スマホを近くには置かないようにしました。そうすることで寝る直前にスマホを触ることをやめることができました。

どうしても寝る直前までスマホを触ってしまうという人は、スマホを別の部屋においたり、遠ざけておいておき、目覚まし時計で起きてみてはいかがでしょうか?意外な成果が期待できるかもしれません!

起きたらコップ一杯分、水を飲む

顔を洗うだけでもかなりシャキッとはしますが、それでも眠気に負けてしまいそうになるときは、お水を飲むことをオススメします!

僕は、顔を洗うだけだと正直眠気に勝てる自信がありません。ですが、お水を飲むことで(できれば冷たいお水)、身体の中からシャキッとした感じになるんですよね。

起きたときに水を飲むことは、眠気に勝つためにもそうなんですが、身体の調子も良くしてくれます。僕の場合だと、快便になりましたし、寝起きのだるーい感じがなくなりました。もちろん、これも人それぞれ効果は違うので、試してみると良いと思います!

起きたときの楽しみを用意しておく

早起きをしようにも起きたときに何もすることがないとなると、やっぱり起きるのは難しいと思います。なので、出来る限り前日に起きたときにやることを決めておくと、頑張って起きよう!ってなると思います。

もちろん、やることは人それぞれでいいと思います。読書をするでも、コーヒーを豆から煎れてみるでも、仕事をするでも、運動をするでもなんでも良いと思います。自分が起きたときのモチベーションになることを用意しておくと良いですね!

早起き・睡眠のためにためになったオススメの本

今回、早起きについて書いているんですが、僕が早起きをするために参考した本について紹介しようと思います!

『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』

一冊目は、『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』です。この本は、睡眠のノウハウが凝縮された一冊だと思っています。質の良い睡眠を取るために必要なことについて食事から寝室の様子まで事細かに書かれています。

早起きにかからず、しっかりとした睡眠を取りたいと思うのであれば、読む価値はあると思います!

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』

二冊目は、『シリコンバー式 自分を変える最強の食事』です!この本は主に食事について書かれた本なのですが、一部睡眠についても書かれています。

早起きというよりも睡眠の質を高めるという視点で書かれていますが、僕は睡眠の質を高めることは、それはそのまま早起きにつながると思っています。逆を言えば、睡眠の質が低ければ、何時間も寝ないとダメということ。

そうならないためのノウハウをこの本から学んでみてはいかがでしょうか?

さいごに

『早起きをする5つのメリットと、早起きするためにやっていること』というテーマで書いてきました。

また長々と書いてしまいましたが、書きたいことは書けたので満足です(笑)

早起きをやってみて感じたのは、早起きはやってみないとメリットを実感できないということ。どんなことでもそうかもしれません。寝るという行為は確かに気持ちがいいことです。でも、人生は限られた時間しかありません。その限られた時間が、仕事だけの人生で良いのか?と考えると、僕は嫌なんですよね。

できるなら好きなことをしていたいし、好きなことの時間を増やしたい。だからこそ、僕は早く起きてそれを体現しようとしました。そして、今できています。

この記事を読んで、「よし、なら俺も(私も)早起きをしよう!」と思ってくれる人が一人でもいれば幸いですが、最初から無理なことをするのはやめてくださいね!できることからコツコツと始めましょう!

この記事を読んだ人にオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください