素材と着心地にこだわりすぎて服が買えなかった話

スポンサーリンク

「そうだ!服を買いに行こう!」と思い、服を買いに行ってきました。

ただ、素材や着心地にこだわりすぎるがゆえに、買うに至らず、帰ってくる羽目になりました(笑)

服が好きで、毎月買いに行っていたり、他の買い物のついでに服を買ったりしているならまだしも、年に数回しか服を買いにいかないだけに、欲しい服に出会えなかった、買えなかったのは少々残念な結果でした。

今回はそんな素材や着心地にこだわりすぎるがゆえに、服が買えなかった話をお届けします。(ただの愚痴です)

ファッションに興味があるわけではない

正直、ファッションにまったくといっていいほど興味がないので、あまり服を買いに行こうと思ったことがありません。

買いに行こうってなるのは、来ている服が傷んできたり、何かの拍子に汚れてしまったりで買い換えないといけないときや、季節モノで持ち合わせがないときくらいなんですよね。

なので、一年でも数回くらい、季節の変わり目とかそんなときくらいにしか服を買いに行こうってならないんです。

外見とかもあんまり気にしないタイプで、同じ服ばかり着ていて周りからどう思われてるとかあんまり興味がないので、年に数回しか服を買わなくても、別に生活にも人間関係にも支障が出ないんですよね(笑)

まぁ外見にももう少し気を使ったほうがいいのはわかってはいるんですが、興味がないものにはとことん興味がでない性分なのでどうしようもありませんね…。

素材と着心地にこだわる理由

服を買いに行ったはずなのに、服選びに四苦八苦してるときに、ふと「なんで選べないんだろう?」って疑問に思ったんですよね。

別にお店の数が少ないわけでもなく、服の種類が明らかに偏っているわけでも、種類が極端に少ないわけでもないのに、なんで僕は服が選べないんだろう?って。

で、自分の行動をちょっと振り返ってみると、手に取るときに素材を確認していたり、触ってみて気持ちがいいかどうかを確認している自分がいることに気がついたんです(笑)で、試着してみても、似合ってるかどうかよりも、履き心地がいいかどうか、着心地がいいかどうかって方を気にしているんですよね。

じゃ、なんで僕は素材とか、着心地にそんなにこだわってしまうんだろうってことを少し考えてみます。

素材にこだわるのは肌が弱いから

素材にこだわってしまうのは、肌が弱いからなんですよね。

できるなら、綿100%じゃないとダメなんですよね。

ポリエステルとか、ウールとかがメインの素材になっていると痒くなったり、汗を吸わなくて気持ち悪かったりするんですよね。

もちろん、部分的に化学繊維が使ってあるケースもあるので、それはまだ大丈夫なんですが、メインの部分が綿以外の方が多いと、やっぱりダメですね。

で、素材を重視して服を選んでしまうと、その時点で結構着れる服が絞られてしまうんですよね。「あぁ、化学繊維が多い…やめよ…」って。これは感覚的にですが、大体この時点で選べる服は3〜4割位になってますね(笑)

着心地にこだわるのは感覚敏感だから

で、着心地にこだわるのは、感覚敏感だからです。

着心地が悪いと、ずっとその気持ちが悪い部分をいじっていたり、脱ぎたくなってしまうんですよね…。まぁただ感覚的に気持ち悪いだけならいいんですが、これが巡り巡ってストレスになることもあって、それが結局嫌なんだろうーって思います。

なので、自分が着心地が嫌だった服を来ている人を見ると、なんだか羨ましく思うことも結構あります。

素材の時点でかなり数が絞られているんですが、ここから試着して着心地がいい服を選ぶとまた数が絞られてしまいます。

実際、素材よりも着心地のほうが優先順位が高いので、「素材はいいんだけど、着心地が…」みたいなのが結構あって、着たい!履きたい!って思えるのは、試着した中でも1割あればいい感じですね…。

素材と着心地が「これだ!」と思える服にはたいてい出会えない…

正直な話、一年間で素材も着心地も「これだ!」って思える服は、一着か二着くらいです。

まぁ服に限らず「これだ!」って感じで、自分の求めているものと合致するものに出会える確率ってこのくらいだろうなーと思いますよね。本にしても、家電にしても、靴にしても、メガネにしても、あんまり「これだ!」って言えるものと出会えないですから。

そう考えると、一年に一着でも「これだ!」って服に巡り会えているだけでも、良いことなのかなーって思います。

もちろん、巡り会える数が増えればいいのかもしれないですが、そうなると余計にこだわりが強くなりそうなので、それはそれでまた問題になりそうですが(笑)

さいごに

素材や着心地にこだわって服が買えなかった話について書いてきました。

別にファッションにこだわりがあるとか、流行を追いかけているわけでもなく、ましてや誰かに見せたいなんて感覚もないので、そこまで服を選ぶ必要もないんですが、それでも素材やら着心地にこだわると、ここまで服も選べなくなるのか…って思うと、少々自分のこだわりが嫌になります(笑)

でも、こだわらずに買ってあとで後悔するくらいなら、とことんこだわって買えないくらいの方が良いのかなーとも思います。まぁこだわりが仇にならなければいいかなって。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA