【感想/発達障害】『自閉症の僕が跳びはねる理由』障害を持った児童を少しでも理解したいと思い読みました

スポンサーリンク

自閉症のことについてちょっと学んでみたくて、いろいろと本を漁っていたときに、タイトルで即買いしたのがこの『自閉症の僕が跳びはねる理由』でした。

「自閉症の子って飛び跳ねるの?」という疑問もあったんですが、それ以上に自閉症の子が書いた本というところに興味がわきました。発達障害関係の本は、医師や指導者、親など大人が書いているケースが多いので、子どもが書いているという点には、非常に魅かれました。

非常に読みやすく、誰にでもわかりやすい言葉で書かれているので、ぜひ、大人だけに限らず、小学生や中学生の子にも読んで欲しいと思います。

それでは簡単に感想を書いてみようと思います。

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の内容紹介

内容は、こんな感じです。

「僕が跳びはねている時、気持ちは空に向かっています。空に吸い込まれてしまいたい思いが、僕の心を揺さぶるのです」(本文より)

人との会話が困難で気持ちを伝えることができない自閉症者の心の声を、著者が13歳の時に記した本書。障害を個性に変えて生きる純粋でひたむきな言葉
は、当事者や家族だけでなく、海をも越えて人々に希望と感動をもたらした。世界的ベストセラーとなり、NHKドキュメンタリー「君が僕の息子について教えてくれたこと」でも放映された話題作、待望の文庫化!
デイヴィッド・ミッチェル(英語版翻訳者)による寄稿を収録。

(引用 Amazon『自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)』)

著者である東田直樹さんが、13歳のときに書いているだけあって、かなり簡単な言葉遣いで、わかりやすいのが特徴だと思います。また、13歳だからこその純粋さも節々に感じられる内容でした。

感想

面白かったというよりも、奥深かったという感じがしました。また、純粋で、まっすぐで、濁りのない文章からは、若さだけじゃなく、自閉症を認め、受けとめたからこその強さを感じました。

もし、自分が同じ立場(自閉症)だったならば、こんな文章を書けただろうか?と考えてみると、余計にこの文章の凄さ、東田さんの凄さがわかります。

内容としては、質問に対して東田さんが答える感じなんですが、正直どの質問もかなり心にグサグサくるものだったと思います。でも、その質問に対して、東田さんは臆することなく、そして怒ることもなく、真摯に、かつ丁寧に自分の言葉をもって答えている様は素晴らしかったです。

これだけの内容を13歳でできるなんて正直驚きました。それが健常者ではなく、自閉症を持つとなるとなおさらです。もちろん、自閉症を持ってるから、こんな受け答えができるわけないと思っているわけではありません。ただ、自閉症という障害の人にとって、想いを言葉にする難しさやそれを文章として読ませる難しさを考えれば、驚きしかないんですよね。

医師や先生などの自閉症の人の周りにいる誰かが書いた内容じゃないだけに、一つ一つの言葉には胸を打たれることが多々ありました。どこかで訴えかけている部分もあれば、もがいている部分もあり、それを包み隠さずに、オープンにすることで、自閉症への理解を深めたいという東田さんの想いがひしひしと伝わってきました。

自閉症って、言葉自体はかなり広まってるし、認知もあると思うんですが、自閉症の人に対しての理解や認識はまだまだ浅いと思っていて、その点ではこう言った当事者からの声というのは、自閉症への理解にとっては一番良い方法なんじゃないかと思いました。

自閉症は、まだまだ謎の多い障害の一つですが、こうやって当事者の人の声が多くの人に届けば、理解も進むし、自閉症の人が生きやすい世の中になっていくんじゃないかと思います。

こんな人にこそ読んで欲しい

おそらく、この本に出会う可能性のある人は、自閉症の子どもを持つ親だったり、先生や指導員、自閉症の当事者、障害を持つ人だと思っています。

でも、この本はそういった人だけじゃなく、もっと多くの人に読んで欲しいです。特に、

  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 大学生

などような若い世代にはぜひとも読んで欲しいです。

というのも、そういった世代の人にこそ、障害を持つ人のことを知って欲しいし、そういった人や障害への理解を深めて欲しいからです。これからの時代、健常者だけで社会を支えることは不可能だと思います。障害の有無にかかわらず、いろんな人が生きていける、貢献できる社会にしなければならない。そうなったときには、いろんなことへの知識が必要だし、理解が必要なんですよね。

まぁだからといって「難しい本を読んで勉強しろ!」なんていえないので(僕も読みたくないですしw)、こういった当事者が書いた読みやすい本から触れてみて欲しいって感じです。納得なんてしなくて良いと思います。ただ、こういった本を通して、「自閉症の人はこんなことを感じているんだ・考えてるんだ」「こういうときはこんなことで苦しんでるんだ」ということを知っておけば良いんじゃないかと思います。

さいごに

東田直樹さんの『自閉症の僕が跳びはねる理由』の感想を書いてきました。

自閉症のことって表面的には知ってることは多いんですが、実際に何を考えているのか?どう感じているのか?って視点では知ることがなかったので、かなり新鮮な感覚で読むことができました。

そして、この本を通して、自閉症の人への考え方が変わった気がします。変わったと言っても、マイナスからプラスという感じではなくて、これからはもう少し考えて接しようという感じです。これまでは「自閉症の子ならこんな感じでしょ」みたいに当てはめて対応していたんですが、これからは一人一人何を考えているのか?何を感じているのか?をしっかり観察して接するようにしようと思います。

こういった当事者ならではの視点で書かれた本は、これからもどんどん出てくることを願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA