【男目線】長く続くカップルの特徴について経験を元に考えてみる

カップルなら誰でも長く付き合いたいと思うものですよね。

まぁもちろん長く付き合えればそれでいいかと聞かれると、そうではないんだろうと思います。ですが、誰しも短期間で別れるよりは、長く親密に付き合いたいと思うものなんじゃないでしょうか?

僕自身、それほど恋愛について深く考えているわけでもなければ、それほど凄い経験があるわけでもありません。ただ、周りと比べると、一人の女性と円満にかつ長く付き合ってる方なんじゃないかと思っています。まぁ比べるようなことではないですが。

そこで、今回は長く続くカップルの特徴について、自分が普段意識していることやこれまでの経験を元に考えてみたいと思います。

長く続くカップルの10の特徴

思いついた順に書きました。

尊敬し合っている

お互いに尊敬し合っているというのは、カップルに限らず、夫婦でも必要なことなんじゃないかと思います。

ただ、相手を尊敬するのって意外と難しいですよね。どうしても相手の嫌なところに目が行ってしまったり、自分だけを見て欲しいと相手を見ていなかったりと、尊敬する以前の問題でつまずいてしまうことがよくあると思います。

最初から相手を尊敬するのって難しいので、まずは相手が何か上手くいったときに褒めたり、一緒にお祝いしたりするようにするといいと思います。そうしていくうちに、「この人は、ここが凄いな!」とか「この人のこんなところが素敵!」と思えるところが見えてくると思います。

誰にだって一つや二つ尊敬できるところはきっとあります。相手のダメな部分ばかりに目を向けるのではなくて、相手のいい部分に目を向けて、お互いに尊敬し合えるといいと思います。

自分の考え方や価値観を押しつけ合わない

付き合った当初はあまりないですが、年月が過ぎるとどうしても自分の考え方や価値観を押しつけてしまいます。「そんなことも知らないの?」「それってできて当然じゃないの?」という風に。

誰でもそうだと思いますが、誰かの考え方や価値観を押しつけられるのって苦痛ですよね。それは親でもそうだし、好きな人でもそうだと思います。

なので、恋人だから、好き同士だからというのを言い訳にして、相手を自分の言いなりにさせようとすることはやめましょう。自分の考え方や価値観は、あくまで自分のもの。相手には相手の考え方や価値観があります。

考え方や価値観がまったく同じ人なんていません。だからこそ、誰かと付き合うことは面白いんだと思います。ぜひ、相手との考え方や価値観の違いを楽しめるようになりましょう!

ダメなことはダメと言い合える

どれだけ相手のことが好きだろうと、相手のやっていることが明らかにおかしいときは、そのことについて「それはやっちゃダメ!」と言えることは、お互いにとって必要なことだと思います。

僕はたまにテレビを見ているときに出演者に対して口が悪くなるときがあります。「バカじゃないの?」「クソつまらない」などと口走ってしまいます。そんなときに彼女は「それは言っちゃダメだよ」と言ってくれます。まぁテレビの出演者なので直接言ってるわけではないですが、あまりいい行為ではないですよね?なので、彼女がちゃんと指摘してくれて、良かったです。

もちろん、ダメなことかどうかなんて人によって違います。でも、目の前で好きな人がやってることに対して、自分はダメだと思うのであれば、それは「ダメだ」と言える必要があると思います。

お互い言いたいことも言えずに、なあなあで付き合うよりは、指摘し合えるくらいの方が、後々のことを考えると良いんじゃないかと思います。

愚痴が言い合える

生きていれば誰だって愚痴の一つや二つはあって当然。でも、それを彼女、彼氏に言えるか?と聞かれると、少々踏み止まってしまうものです。

好きだからこそ、嫌なことは言いたくないし、弱音は吐きたくないと思うのが、人間の性かもしれません。

ですが、それでも自分の抱えてる不安や愚痴を好きな人にも打ち明けられるかどうかって、相手への信頼度を測る上では大事なんじゃないかと思います。「こんな俺でも受け止めてくれる」「こんな私でも受け入れてもらえる」と思ってこそ、愚痴れるし、不安や不満も言えるんじゃないでしょうか?

ちなみに、僕は毎日のように彼女から愚痴られます(笑)でも、それはそれで楽しかったり、微笑ましかったりします。

愛情を伝え合えている

最初の頃は普通に言えていた「好き」という言葉も、付き合いが長くなるについれて言いづらくなるものです。それが当然のようになるからなのか、ただただ恥ずかしいだけなのか、はたまたもう好きでないからなのか、それは定かではないですが、とにかく愛情を伝えなくなっていきます。

でも、好きなことが当然なら、好きというべきだと思います。たしかに、面と向かって「好き」というのは少々恥ずかしいです。ましてや「愛してる」なんて、恥ずかしさを通り越してしまうレベル。

それでも伝えないとわからないのが、気持ちというもの。彼女、彼氏が、自分のことが好きかどうか?自分自身がわからないように、相手も自分に好かれているかどうかはわかりません。

なので、できる限り相手への想いは言葉で伝えましょう。もし、言葉で伝えるのが難しければ、手紙でもいいと思います。

スキンシップを大切にしている

スキンシップって難しいですよね?

「デートのときは手を繋ぐ方がいいのか?」とか、「家の中ではべったりがいいのか?」とか、「夜の方が週何回くらいなのか?(夜以外もするけどw)」とか、いろいろありますよね?どのくらいが普通で、どのくらいが異常で、どのくらいが少ないのか?って結構難しいです。もちろん、相手にもよりますし。

ただ、一つだけ言えることがあると思っています。それはスキンシップは少なすぎるとよくないと言うこです。

というのも、スキンシップを取ってもらえないと、結構不安になるんですよね。「あれ?僕って嫌われてる?」みたいな感じで。まぁ女性はどう思うのか?は男の僕にはわかりませんが、少ないとそれなりに不安になるんじゃないですかね?

もちろん、多すぎると逆に気持ち悪がわれるかもしれませんが、少ないよりはまだマシなんじゃないかと思っています。

別に、スキンシップといってもベタベタ、いちゃいちゃだけじゃないんですし、たまには手を繋いだりするくらいはした方がいいんじゃないかと思います。

二人の時間を大切にしている

付き合ってるとは言うものの、一人の人間として、他の人と遊んだり、飲んだり、旅行に行ったりもすると思います。まぁ僕は友だちが極端に少ないのであまりそういう経験はないんですが…。(これはまた別の話)

でも、友だちやら家族やら、同僚やらとの時間が多すぎるとこれはこれで問題ですよね?まぁ必要最低限はするべきでしょうけど、過度になると少々問題。

というのも、スキンシップ同様、相手を「あれ?私(俺)のこと好きなの?」と不安にさせてしまうからです。もちろん、浮気とか不倫とかしていなくても意外と不安になります。

なので、二人で過ごす時間もちゃんと確保しましょう。これは同棲してるしてない関係なく。「同棲だから、一緒に住んでるから、まぁいいよね」と考えてしまうと、意外とぎくしゃくします。同棲だからこそ、しっかりとデートの時間を確保する必要があるんじゃないかと思います。

二人の間でしか見せない姿がある

家族にしか見せない姿があり、親しい友人にしか見せない姿があり、会社での姿があるなら、彼女や彼氏にしか見せない姿もあるはずだと思っています。

それが夫婦となると子どもがいたり、義父義母がいたりと少々事情は変わってくるかもしれませんが、カップルであればあってしかるべきだと思っています。

彼女と一緒のときだけは甘えられる。彼氏と一緒のときは何でも言うことを聞いてもらえる。家族だとできないこと、会社の同僚には見せられない姿も、彼女や彼氏の前では見せられる。これは気持ちを許しきってないとできません。まぁだからといって何をしてもいいわけではないですが。

ただ、二人の間でしか見せない姿があり、それをお互いに許しているというのは、長く付き合っていくためには必要なことなんじゃないかと思います。

応援はしても、期待はしすぎない

好きな相手なら応援するのは当たり前かもしれません。何かの大会や試合、就職活動、試験、仕事など、いろいろあると思います。もちろん、僕も彼女のことは応援しています。

ただ、期待はあまりしていません。「絶対に成果を出して」「絶対に優勝して」「絶対に昇進して!」と過度に期待することはしないようにしています。

というのも、好きな人からの期待だからこそと、無理をしてほしくないからです。もちろん、何をするにしても頑張ることは必要だと思っています。でも、だからといって必要以上に頑張る必要もないですし、自然体でできることをできる範囲でやってくれればいいと思っています。

また、結果についてもそれほどとやかくは言わないようにしています。これも、結果は彼女自身の問題だと思っているからです。上手くいけば、一緒に喜んであげればいいし、もしダメでも「よく頑張った」と受けとめてあげればいいくらいにしか思っていません。

彼氏だから、彼女だから、応援するのは当たり前です。でも、だからといって過度に期待するのは、相手を潰してしまうおそれもあるので、あまりオススメはしません。

感謝を忘れない

愛情表現も必要ですが、感謝も忘れず伝えましょう。

長く付き合っていると、相手にしてもらって当然みたいなことが増えてきます。そもそも付き合っていることが当然のようになってきます。

なので、何かをしてもらったり、何かの記念日だったりには、「ありがとう」と一言感謝の気持ちを伝えてみてください。

好きだけでは長くは続かないということ

と、長く続くカップルの特徴について書いてきました。

ここまで読んでもらってもわかるとおり、好きなだけでは長くは付き合えません。もちろん、結婚も無理だと思います。

「恋は無条件にはじまるけど、愛するには努力が必要」なんて言葉をどこかで聞いたことがありますが、まさにその通りだと思っています。無条件に好きになったからと言って、相手をずっと愛せるかというとそうではありません。そのためにはいろいろと努力が必要なんですよね。

でも、本当に好きな人のためなら、その努力も意外と苦にならないんじゃないかと思っています。まぁその努力が苦に感じるのであれば、そんなに好きじゃないか、合わないってことなんだろうと思います。

さいごに

長く付き合うことが目的ではないにしても、できれば長く付き合いたいと思うのは、誰しも同じことだと思います。

ただ、誰かと長く付き合うためにはそれなりに覚悟だったり、努力だったりが必要で、何もせずにできることではないんですよね。もちろん、相性のようなものだってあるので、誰しも努力すればできることではないことも事実です。でも、だからこそ努力でどうにかなる部分は、どうにかする必要があるんじゃないかと思います。

まぁ何が正解で、何が不正解かなんて当事者同士にしかわかりません。やってみないとわからないですし、やってみても上手くいくとは限りません。

だからこそ、恋愛って楽しいのかなーとも思います。

この記事を読んだ人にオススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください