『人付き合いが苦手…』という悩みの原因とそんな悩みとの上手な向き合い方

スポンサーリンク

僕はとにかく人付き合いが苦手です。

人見知りなところもあるので初対面の人に話しかけたり、話したりすることもそうですが、友だちや親戚、同僚など見知った仲であっても話しかけたり、話をするのが苦手です。

どうにかしようと試みたことも何度かありますが、上手くいった試しがありません。むしろ、上手くいかないことにストレスを感じるだけで、マイナスになっているんじゃないかとさえ思ったりします。

でも、最近「人付き合いが苦手だ…」と悩まなくなりました。今回はその悩みが吹っ切れたことについて備忘録して書き留めておこうと思います。

人付き合いの“何”が苦手なのか?

まずは、僕が人付き合いの“何”が苦手なのか?について書こうと思います。

どう声をかければいいのかわからない

人と関わるとき、一番最初は声をかけることから始めると思いますが、どう声をかけていいのかがわかりません。

「いい天気ですね」なんて言えば良いのか、「どこから来たんですか?」って言えば良いのか?初対面の人ならこれで良いと思うんですが(わからないけど)、見知った相手の場合なんてどうすればいいのかさっぱりわかりません。

まだ、対面で声をかけられないだけなら同じような人はいると思うんです。でも、僕の場合は、LINEやメッセンジャーなどSNSでも会話のはじめ方?がわからないんですよね。他の人は結構気軽に、誰かにメッセージ送ったりしてるんですが、それができないんです。周りの人がなんでできるのか疑問なくらい。他からしたら僕の方が疑問なんでしょうけど(笑)

話しかけられても返事が単調になってしまう

声をかけるのも苦手なんですが、声をかけられるのも同じくらい苦手です。

他の人はどうやって返事をしているのかわからないんですが、僕の場合はだいたい「そうですねー」「そうだねー」で終わりです。疑問系で聞かれれば、答えますがそれ以上は応えません。というか、どうやって返せば良いのかわからないんですよ。

相手が何を求めているのかわからないので、答えようがないというか、何を答えたらいいのかさっぱりわかんないんです。もちろん、わかろうとするんですよ。なので、一瞬考えるんですけどいつまで経ってもわかりません。

なんで他の人はあんなに上手く会話に入っていけるのか…。

話が続かない

声をかけるのも、かけられるのも苦手なんですが、それでもたまに会話になるときがあります(その辺があやふやなのがヤバいですがw)でも、たぶん会話として成り立ってるんです(笑)

でも、続かないんですよね…。

普段寡黙な人でも飲みに行けば話が弾む人もいると思うんですが、僕の場合は飲みに行っても話が続かない…。というか、かなり沈黙の時間ができてしまうんですよ。

相手への返事が単調になってしまうこともそうなんですが、僕の方から質問しようとしないので続くわけがないんです(笑)これは友だちとか同僚とかに限らず、彼女と話していても沈黙するときは結構あります。

相手に興味が持てない

相手が何を考えているのかわからなくて、つい踏み止まってしまって言いたいことが言えない…という人がいますよね。それが原因で付き合いが苦手と思っている人もいると思います。

ですが、僕の場合はむしろ相手が何を考えているかなんかに興味が持てないんです。そんなこと考えてもわからないので、考えるだけ無駄だと思っているんです。それ以前に相手に興味が持てないということもありまして、もう致命的ですね。

これも結局会話が続かない原因なんですよね。相手に興味が持てないので、相手に質問しようとも思わないですし、相手のことを知ろうとも思わないんです。

人付き合いの優先順位が低い

これは人付き合いの“何が”苦手ということではないですが、そもそも人付き合いしてるくらいなら、他のことがしたいと思っているんですよね。

友だちとか遊びにいくくらいなら、同僚と飲みに行くくらいなら、一人で飲むなり、一人で読書してた方が良いかなーって思ってしまうんですよね。損得勘定とかそういうことではないんですが、人付き合いでストレス感じるくらいなら…って感じでついつい人付き合いの優先順位を下げてしまうんですよね…。

優先順位が下がれば、人と関わる機会もどんどん減って、克服しようとも思わなくなってと、どんどん悪循環?(周りから見たら)になっていくわけです。

克服しようと思ってできることではない

人付き合いが苦手だと感じている人の中には、克服しようといろいろと試したことがある人もいるかもしれません。かくいう僕も同じようにいろいろと策を講じました。本を読んでみたり、調べてみたり、積極的に人と関わる場所に行ってみたりとしたんです。(これでもねw)

でも、何をしても克服できた感覚は得られませんでした。

そもそも苦手なことでも克服できることとできないことがあるんですよね。経験不足でできないのであれば、経験を積めばできるようになりますし、やり方次第では得意なことになるかもしれません。一方、経験を積んではいるものの一向に上手くならない、上達しないのであれば、それはもはや克服のしようがありません。

誰にでもそんなことありますよね?

どれだけ練習してもプレゼンが上手くならない人もいれば、英語がいつまでも苦手な人もいて、お酒が飲めない人だっています。いくら練習しようが、どれだけ工夫しようが、どうしようもないことってあるんです。

僕の場合は、これがたまたま人付き合いというだけなんです。そもそもちょっと練習したくらいで克服できるなら苦手なんて言いませんし(笑)

みんな人付き合いが上手いと気持ち悪くない?

そもそも、みんながみんな人付き合いが上手くて、楽しくて仕方がなかったら、世の中って気持ち悪くないですか?

まぁ生きやすい世の中な感じはしますけど、気持ち悪いです。個性がなくて、人間味もなくて、ロボット社会のような感じがします。

人付き合いが得意な人がいて、人付き合いが苦手な人もいる。どう話しかけていいのかわからない人がいて、話しかけるのが好きな人がいる。人見知りがいて、はじめてでもガンガン話しかける人もいる。いろんな人がいるから、面白いと思うんですよね。

平等な社会のが良いという人もいますが、僕はある意味平等じゃない方が人間らしくていい気がしますけど…。

人付き合いが苦手=ダメ人間ではない

なので、人付き合いが苦手でもダメ人間ではないと思うんですよ。それも一つの個性。

何かができなかったり、周りと違うと、ついついダメ人間扱いしてしまう人がいますが、正直できることよりもできないことの方が多いんですよね。みんなが何でもできたら、分業なんてしませんし、受験で誰かが落ちることだってないはずなんです。

誰かにできないことの中には自分にできることがあって、自分にできないことの中には誰かができることがある。だから助け合って、補い合って生きているんだと思うんですよね。人付き合いが苦手なら、他のことでがんばれば良いと思いますし、人付き合いは他の得意な人に任せれば良いと思うんです。

人付き合いが苦手なのは個性と思って、自分の得意なことをやればいいんじゃないかなーって思いますね。

もし「人付き合いが苦手…」と悩むなら

ここまでは「人付き合いが苦手でもいいじゃん!」ってことを書いてきました。

自分では納得して、自分の中では苦手なことは仕方がないと消化されていても、周りの人がそう思っていないと辛い思いをするのは、本人です。なので、ここからはそんなときの対処法について。

周りに「人付き合いが苦手なこと」を公言しておく

まず大切なのは、周りの人に「私(僕、自分)は、人付き合いが苦手です」と公言しておくことです。間違っても、「人付き合いが嫌いです」とは言ってはいけません。これではただの駄々をこねる子どもなので(笑)

公言するときには「これなら得意です」とか「こんなことならできます」と付け加えておくと良いと思います。

苦手なまま自分だけが苦しい思いをしても、周りの人だっていい気持ちにはなりません。どんな人でも苦手なことがあることくらい良い大人であればわかっています。ですが、公言しておかないと、周りの人はフォローもできないですし、代わることもできません。

なので、恥ずかしくなければ公言しておくと良いと思いますよ!

医療機関で診てもらう

もう一つの手段が、医療機関で診断を受けることです。

僕のように人付き合いが苦手な人の場合、コミュニケーションが苦手だったり、相手の気持ちがわからなかったりと、他にも人間関係で苦手なことが多いです。そういった場合は、もしかするとアスペルガー症候群などの発達障害の可能性もなくはないです。なので、一度医療機関で診察してもらっても良いかもしれません。

自分の息苦しさが発達障害からくるものだとわかれば、意外とスッキリすることもあります。僕の場合は、それで多少救われた感じもあります。もちろん強制はしませんし、行ったからといってみんながみんな「発達障害」と診断されるとも限りません。

ですが、本当に人付き合いに悩み苦しむのであれば、一度医療機関に行ってみるのも一つの手です。

さいごに

『人付き合いが苦手…』という悩みとの上手な向き合い方について書いてきました。

人付き合いなんて人と触れる回数を増やしたり、人の集まる場所に足を運べば慣れるものだとずっと思っていました。でも、25年間生きてきてその苦手は改善の兆しも、克服の兆しも見えませんでした。でも、あるとき「それも個性で良いんじゃない?」という風にいわれて、なんとなく心がホッとしました。

そのとき「誰かが得意なことは、誰かが苦手。それが人間なんだろうなー」と思えて、ようやく吹っ切れることができました。だったら、僕は僕にできることをやろうと決めました。それで良いんだと言い聞かせて。

それでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA