『糖尿病でもお菓子が食べたい!』という気持ちとの上手な付き合い方とオススメのお菓子6選

糖尿病と聞くと、「お菓子が食べれなくなる…」「甘いものが…」と思ってしまう人も多いですよね。事実、お菓子を食べない方が治療にはいいと思いますし、血糖値を必要以上に上げずに済むので安心はできます。

ですが、食べたくて食べたくて仕方がなくて、それでストレスを溜めてしまうくらいなら、僕は食べてもいいと思うんですよね。

関連記事:【体験談】糖尿病の一番の敵はストレス!

もちろん、何でもかんでも食べてもいいわけではないと思います。そこで、どう食べたらいいのか?何を食べるべきなのか?といった点について、実体験を元に考えてみようと思います。

※血糖値は少なからず上がりますので、食べ過ぎや食べ続けることは避けましょう。

糖尿病とお菓子にまつわること

血糖値は上げたくないけど、お菓子は食べたいという葛藤

糖尿病と診断されたり、糖尿病予備軍と言われると、気をつけなければいけないのが「血糖値」ですよね。一に血糖値、二に血糖値、三、四がなくて五に血糖値で、たまにヘモグロビンも意識しようねって感じ。

もううんざりするくらい「血糖値を下げろ」「甘いものは食べるな」「糖質を摂り過ぎるな」「ビール・日本酒は飲むな」と言われますよね。

でも、そういわれれば言われるほど食べたくなるのが人間の悪いところです。(もちろん言われなくても食べたいですが…)特に、糖尿病になるような人は、お菓子大好きな人が多いと思うので、余計に葛藤を感じると思います。

糖尿病だからといって食べてはいけないものがあるわけではない

糖尿病と聞くと、「食べてはいけないものが増えてしまう…」と思ってしまうかもしれませんが、僕はそうは思いません。

関連記事:糖尿病には食べてはいけないものはあるのか?

最初にも書いたんですが、たしかに食べない・飲まないに越したことがないものはたくさんあります。でも、それを食べたからと言って死ぬわけではないすし、ちゃんと血糖コントロールができているのなら、食べてもいいと思うんですよね。

糖尿病の治療や予防において一番大事なのって、どうやって血糖コントロールをしていくのか?ということであって、食べることを禁止されているわけではないんです。別の言い方をすれば、何を食べるにしても食べる量や食べ方、食べる時間帯を考えれば、血糖値を必要以上に上げずに済みますし、ストレスも溜まらなくて、結果オーライということです。

食べる上でのポイントと注意点について

糖尿病だからといって食べてはいけないものはありませんが、食べる上で注意するべきことやポイントがあるので、まずはそちらについて書こうと思います。

運動後に食べることは避けるべし

こんなことを言っている人を良く見かけます。

「今日はいっぱい動いたから、たくさん食べてもいいよねー」と。

でも、これってむしろ太る食べ方なんですよ。プロテインの飲み方を見てみると「プロテインは運動直後に」と書いてあります。これは吸収率が動く前よりも、動いた後の方が良いからなんです。なので、動いた直後に、食べてしまうとそのまま吸収されて、血糖値を上げてしまいますし、太ってしまいます。

逆に、動く前であれば、食べたものがそのままエネルギーとして使われるので、血糖値の上昇を抑制しますし、体脂肪として蓄えることもあまりないのでオススメですね。

飲物に砂糖は入れるべからず

お菓子を食べるのに、そこに追い討ちをかけるようにコーヒーや紅茶に砂糖を入れてしまっては、意味がありません。

お菓子には砂糖は多かれ少なかれ含まれています。そこに砂糖の入ったコーヒーや紅茶を飲めば、糖質オーバーですし、血糖値が上がって、症状も悪化してしまいます。それではお菓子を禁止されてしまいます。

それでは嫌ですよね?だったら、「お菓子を食べるなら、砂糖は入れない。砂糖を入れるなら、お菓子は食べない」ということを徹底しましょう。

よく噛んで食べるべし

普通の食事もそうですが、よく噛んで食べるようにしましょう!

そうすることで、満腹感を得られれば、食べる量も減りますし、血糖値の上昇も抑えられます。なので、美味しいからと言ってパクパクと食べるのではなくて、味わってゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう!

多い、大きい場合は、誰かとシェアしよう

食べたいお菓子が、一人分でも多かったり、大きかったりする時ってありますよね?健康的な方であれば、そのくらい食べてもいいから、そうなっているんですが、糖尿病だと糖質も、カロリーも気にしないといけないので、やっぱり食べるべきではありません。

そういう時は、誰かとシェアするか、小分けにして食べるようにしましょう。

たとえば、喫茶店などでケーキを食べるにしても、一人で一つ食べるのではなくて、誰かと一緒に行って、シェアして食べると半分の量で済みますよね?

誰かと食べることは、ゆっくり食べることにもなりますし、楽しく食べることはストレス発散にもなるので、オススメですよ!

お菓子を選ぶ上でのポイントは「満足度」と「小分け」

健康的な人であれば、糖質もカロリーも量も、質もあんまり意識しなくても、食べたい物を食べればいいと思いますが、糖尿病だとそうはいきません。やっぱり糖質は気になりますし、カロリーも食べ過ぎにも気を遣います。

そこで、お菓子を選ぶポイントとして大切なのが、「満足度」と「小分け」です。

満足度は、それを食べることで得られる満足がどれだけ高いのか?ということです。お菓子といってもピンからキリまでありますが、少し高級感があって、一つ食べれば満足するようなお菓子を選びましょう。

高級感のあるお菓子を選ぶ理由としては、

  • 一個でも相当な満足感を得られること
  • 一個が高いから味わって食べようとすること
  • 二個も食べたいと思えないこと(金銭的にも、味的にも)

安いものはたくさん食べないと満足が得られませんが、高級なお菓子は如何に少量で満足を与えるかを考えているので、正直それほど食べようと思いません。そういった意味でも、高級なお菓子の方がいいと思いますね。

もう一つが「小分け」です。高級なお菓子でも、袋や箱を開けたら早く食べないといけないようなお菓子では、つい食べ過ぎてしまいます。なので、できる限り、一個だけを包んでいたり、小分けにされているお菓子の方が食べ過ぎることがないのでいいと思いますね。

小さくても満足できるオススメのお菓子6選

チョコレート

お菓子と言えば、チョコレートですよね!

一本百円を超えるチョコレートって結構高いと思います。僕も高級なチョコレートは何度か食べたことがあるんですが、正直何本も食べようなんて思いません。一個で十分満足できますし、一個で幸せな気持ちになれますから!

このチョコなら、一つ一つ小分けされているので、暑い時期なら冷蔵庫に入れて、寒い時期なら常温で保存して、ちょっとずつ食べるようにしましょう!

マカロン

マカロンがオススメなポイントは、たくさん食べようとは思わない点ですね。あの味故なのか、食べ応えなのかわかりませんが、一個でかなり満足感を得られてしまい、二個食べようって思いませんよね。

ただ、あまり小分けにされていないものが多いので、マカロンを選ぶ際は一つ一つ袋に入っているようなものを選びましょう!

ワッフル

ワッフルも好きな人は好きですよね。僕も大好きです!でも、コンビニとかスーパーで売ってるワッフルって結構大きいですし、甘ったるいだけで、お腹は満たすけど、心は満たされません…。その結果、他のものも食べてしまうので、本末転倒です。

なので、チョコレートと同じようにワッフルも小さくて、美味しいものを選ぶようにしましょう!もちろん、大きくても美味しいものもあるので、そういう時は誰かと半分に分けて食べてもいいと思いますね!

また、最近は冷凍されたワッフルも売られているみたいなのでそちらも要チェックです!>>冷凍タイプ ワッフルケーキ

プリン

プリンは、一つ一つ分けられているので安心ですし、最近はコンビニのプリンもおいしいので、意外と身近で一番満足ができるのはプリンなんじゃないかと思いますね(笑)

でも、高級感のあるプリンは、コンビニのプリンとは違う満足が得られるのでオススメですよ。なんというか幸せな気持ちになれます(笑)やっぱり一個一個丁寧に作られているので、味の濃さやなめらかさも違います。なので、たまにはこういったちょっと高めのプリンで、幸せな気持ちを味わってもいいと思いますね。

神戸フランツは本当に美味しいですよ!

和菓子

安い和菓子は、何個食べても満足できません。甘いだけで、何が美味しいのかわからないものが多いです。

でも、高級なお菓子って一個で結構満足できるんですよね。和菓子なら、コーヒーとか紅茶じゃなくて、お茶で食べられるので飲み物の砂糖を気にしなくていいですよね!

個人的には、きんつばや葛餅なんかがオススメですね。

アイス

夏になると食べたくなるアイスも、ちょっと高級にするだけでかなり満足度は変わります。

安いアイスもたまには食べたくなりますが、心が満たされませんし、すぐ食べたくなるような味なので、糖尿病にとっては悪夢です。

ハーゲンダッツでもいいですが、これだとコンビニでも買えますよね?いつでも食べられる選択肢だと、意味がありません。だからこそ、百貨店とか少し高めのお店でしか食べられないアイスを選ぶんですよ!高級なアイスは、それ一個で完結させてくれるので余分なものはいりません。

プリン同様、これだけあれば幸せな気持ちになれること間違いなしです!

低カロリーだけど大人な味わいがお好きな方にはこちらがオススメです!>>100%植物性日本酒アイス【酒々の実】

さいごに

「糖尿病でもお菓子が食べたい!でも、血糖値が心配…」という人の悩みをなんとか解消するために、書いてきましたがいかがだったでしょうか?

僕は糖尿病でも、お菓子は食べていいと思うんですよ。もちろん、食べ過ぎてはいけない、食べ方や食べるものは考えないといけないとは思います。だけど、それをしっかり守って、血糖コントロールができている人なら、たまにご褒美でお菓子をちょっと食べるくらいいいと思うんですよね。その権利くらいあると思いますし。

糖尿病だからって諦めるのって嫌なので、僕は少しでも前向きに生きていければいいなって思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください