高校野球を観戦するときの必須の持ち物とあると便利な持ち物

スポンサーリンク

僕は、毎年夏になるとテレビにかじり付くように「高校野球」を観ています。

日程が合って、関西に行くことがあれば、甲子園球場に足を運んで観戦することもあります。観戦といっても炎天下での観戦になるので、身体一つで何も用意せずに行くと結構痛い目に遭うんですよね。熱射病や熱中症、脱水症状をはじめ暑い夏だからこその症状に悩まされることがあるんですよ。

そこで、今後痛い目に遭わないように、また多くの観戦者の方が僕と同じ経験をしないように、高校野球の観戦時には必須の持ち物と、あると便利な持ち物をリストアップしました。

ぜひ、高校野球の観戦で甲子園や地方大会に足を運ぶ際は、以下のアイテムを持っていくようにしましょう!

必須の持ち物6つ

ここでは、炎天下での観戦には欠かせないアイテムを6つ紹介します!

水分

脱水症状や熱中症対策でCMやニュースでも耳が痛くなるほど言われる「水分補給」

もちろん甲子園を含めて、どこの球場にも売ってはいます。ですが、やっぱりちょっと値段が高くなるのが、痛いです。せっかく楽しく観戦してるのに、そこだけ値が張るなんて…。

そんなときに後悔しないように、できる限り自分で水分を持っていくことをオススメします!また、一本凍らせておいて、保冷剤代わりにするのも良いと思いますね!

帽子

甲子園には陰ができる場所もありますが、それでも多くの場所は陽に当たりますし、地方の球場でもそれは避けられません。

頭に直接陽を浴びていると、頭が痛くなったり、熱射病や熱中症で倒れる危険性もあるので、ぜひ帽子は絶対に持っていった方が良いですね。

もし、帽子を買うのがめんどくさいとか、荷物になるから持っていくのがめんどくさいということであれば、タオルを頭に乗せるのでも良いと思います。

タオル・ハンドタオル

帽子代わりにもなれば、汗を拭うのにも、陽で熱された椅子の上に乗せるなど、いろんなところで意外と役に立つのが、タオルやハンドタオルです。

首に巻いておけば、首の日焼けも免れますし、荷物にもならなくなるので、一枚は持っておくことをオススメします。暑ければ、水で濡らすなどして首に当てても良いと思いますし、熱中症や熱射病対策にももってこいです!

日焼け止め

女性なら野球の観戦に関係なく持っているであろう日焼け止めですが、男性も持っておくべきですよ!

最近の日焼け止めって、ただ日焼けを防止するだけに留まらず、紫外線から肌を守ってくれたり、シミ対策にもなるので、日焼けをしたとしても後々めんどくさいことにならなくて済むんですよ。

同じ日焼けでも、日焼け止めを塗っているのと塗っていないのでは、後での対応が変わってくるので、ぜひ日焼け止めは持っていくようにしましょう!

熱中症対策のアメやタブレット

汗をかくと、水分だけではなくナトリウム(塩分)も一緒に排出してしまいます。なので、ただ水やお茶を飲めば、熱中症の対策ができるわけではありません。

汗をかいているのに、塩分を取らず水分だけを摂取していると、体内のナトリウム濃度が低下する恐れもあるので、水だけではなくナトリウム(塩分)も一緒に摂るようにしましょう!

最近は、熱中症対策のアメやタブレットも売っていますので、事前にコンビニやスーパーなどで買っておくことをオススメします!

ウェットティッシュ

野球観戦と言えど、ただ観戦していることは少なくて、時間によっては飲食もすると思います。その際に、毎回毎回トイレに手を洗いにいくわけにもいきませんし、売り子の人にお手拭きをもらえるわけでもありません。

なので、各自でウェットティッシュなどの簡単に手を拭けて、除菌もできるアイテムを持っておく方が良いと思いますね。暑いですし、汗もかいていると思うので、食中毒の対策も含めて、一つ所持しておきましょう!

あれば便利な持ち物6つ

ここからは必須ではないものの、あれば便利だよ!的なアイテムを紹介していきます。

うちわ・携帯扇風機

暑いですからね。持っておいて損はないと思いますよ。

たまに球場の近くや球場内でもらえることもありますが、暑がりでうちわなどの風を起こせる?ものがないとダメな人は、各自持っていって方が良いと思いますねー。

最近はスマホのイヤホンジャックに取り付けて使える扇風機もあるみたいなので、うちわで扇ぐのが嫌な人にはオススメです。

日傘

日焼け止めを塗っても、炎天下での観戦になるので確実に焼けます。なので、女性の方は持っていった方がいいでしょうね。

「球場内で日傘なんか使ったら迷惑じゃないかな?」って思われるかもしれませんが、高校野球を観ているとちらほら使っている人もいるので、それほど迷惑にはならないと思います。ただ、近くの人が邪魔そうにしているのであれば、場所を移るか、使うのを控えるようにしましょう!

最近は雨用との兼用の日傘もありますし、一本持っておくと雨でも使えるので良いと思いますね。

雨具

夏なので、夕立のように突然雨が降り出すこともありますし、パラパラと降り続けることもあります。事前に雨だとわかっていれば、行かないという選択肢もありますが、球場に入ったのに雨に降られるとやっぱりがっかりしますよね…。

何があるかわからないので、万が一に備えて雨具は持っておいた方が良いでしょう。折り畳み傘やカッパなど持ち運びやすい雨具を持っていると良いと思います。

着替え

めちゃくちゃ汗かく人は必須アイテムかもしれません。以上

ひんやりグッズ

保冷剤をそのまま持っていくのはちょっと気が引けますが、何かしら身体をひんやりさせてくれるアイテムは持っていって損はないと思いますね。

水に濡らすだけでひんやりするグッズもありますし、もちろんペットボトルに水を入れて凍らせても良いと思いますね。甲子園ならかちわりとかも売ってますし、記念にかち割りでひんやりしてもいいかもしれませんねー。

軽食

カロリーメイトとか腐りにくい食べ物を持っておくと、意外と便利です。

というのも、甲子園球場で買うとなると、金額も高くついちゃいますし、試合や攻守交代の間だと売店が込むので結構めんどくさいんですよね…。なので、他の人と時間ずらしたり、ちょっとした空腹を凌ぐためにも、軽食は持っておいて損はないかと思います。

さいごに

高校野球の観戦時の持ち物について書いてきましたが、書いているとやっぱり球場に足を運びたくなりますねー。

でも、書いていて思ったのは、やっぱり楽しいはずの野球観戦で倒れたり、熱中症などで辛い思いはしたくないなーということですね。しっかり準備しても熱中症や熱射病などにはなりますが、何もしていないよりはましだと思うんですよね。なので、「俺は大丈夫!」なんて思わずにしっかりと準備して、高校野球の応援しましょう!

スポンサーリンク