【経験録】糖尿病には食べてはいけないものはあるのか?

スポンサーリンク

「糖尿病になると食べてはいけないもの増えてしまう…」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

かくいう僕も自分が糖尿病と診断され、糖尿病のことや食事制限について学ぶまでは、ずっと同じように感じていました。

テレビや雑誌、ネットであれだけ「これを食べたら血糖値が上がる!」なんて言われたり、書かれたら、「糖尿病だと食べちゃダメなものが増えるよな…」って考えてしまうのは無理はありません。

なので、今回は「糖尿病にとって食べてはいけないものがあるのか?」ということについて自らの体験を元に書きたいと思います。糖尿病や糖尿病予備軍の人で、食事について悩んでいる人には最後まで読んで欲しいです!

糖尿病治療の目的ってなんだろう?

そもそも糖尿病の治療の目的は、大きく2つに分けることができると思います。

一つ目が、高い血糖値や高いヘモグロビンA1cを下げるということ。そして、もう一つは正常値かそれに近い数値まで下がった血糖値やヘモグロビンA1cを維持するということです。

どちらも血糖値の上昇は避けなければならないので、運動療法も食事療法もしっかりやる必要があります。もちろん人によっては、インスリンの分泌量やインスリン抵抗性(分泌したインスリンが上手く使えているかどうか)によっては投薬やインスリン注射、もしくは入院が必要な場合もあるかもしれません。

人によって治療方法は違えど、治療の目的は「血糖値を下げること、そして下げた血糖値を維持すること」です。治療によっては低血糖を防ぐことも治療の目的ですが、これはあくまで治療方法に付随する問題なので、別の話だと思います。

糖尿病の人にとっての天敵は?

糖尿病である場合、できる限り血糖値やヘモグロビンA1cを上げないことが一番大切だと思っています。なので、糖尿病にとっての天敵は、血糖値を上げる要因である糖質だと思います。

そのため、糖尿病の治療をする際に糖質を多く含む、白米やパン、麺類、ビールや日本酒、芋類、果実類、砂糖などを控えようにいわれるわけです。または人や食べるものによっては一時的に禁止されるケースもあります。

もちろん人によってエネルギー代謝量も違いますし、活動量も違うので一概に糖尿病の人はこれだけしか食べられませんと決められている訳ではありまえん。ですが、基本的に糖尿病と診断され、治療をするとなると糖質は制限しなくてはならなくなります。

食べてはいけないものはない

たしかに血糖値を上げる原因である糖質は控えるように言われます。ですが、それがイコール食べてはいけないものが増えるという訳ではありません。

僕の主治医は良くこんな話をしてくれます。

「適量食べることは生きていく上で必要だけど、度を超して食べるとその越えた分の食べ物は、いろんな形でカラダに悪さをするんだ。それは病気だったり、体重の増加、眠気などいろんな形で生きていく上での障害になる。
だからもし、血糖値が上がってきてるってわかったなら、食生活を見直さないといけない。糖尿病の人は、無意識に食べ過ぎてしまう癖がついているから、かなり意識して食べる量や食べる物に注意をしないといけないんだよ。」

僕は、主治医の先生に一度も「これは食べちゃダメ!」って注意されたことはありません。毎回注意されるのは、糖質を含めて過度なエネルギー摂取(=食べ過ぎ)を控えることと、運動(特に有酸素運動)をしっかりとするということです。

一人の糖尿病患者として、僕も糖尿病だから食べてはいけないものはないと思っています。食べてはいけないのではなくて、食べ方を考えなければいけないということです。つまり、いかにして食事を制限するのか?調整するのか?ということです。

糖尿病になるような人は、ついつい食べ過ぎてしまったり、飲み過ぎてしまう人が多いですし、炭水化物やビールなどが好きな人が多いです。だからこそ、食べ物や飲物だけに目を向けるのではなく、食生活すべてに目を向ける必要があるんだと思います。。

糖尿病な僕が食事をする上で控えているもの

糖尿病だからといって、食べてはいけないものはないと思います。ただ、やはり血糖値を上げないため、またヘモグロビンA1cを上げないために控えている食べ物はあります。

たとえば、

  • 白米(寿司、丼ものなども)
  • コーンフレーク(グラノーラなどを含む)
  • パン(菓子パンは特に)
  • 麺類(パスタ、ラーメン、うどんなど)
  • 粉もの(ピザ、お好み焼き、もんじゃなど)
  • ビール
  • 日本酒
  • リキュール系の甘いお酒
  • 清涼飲料水(コーラ、サイダー、果汁飲料など)
  • 芋類(ジャガイモ、さつまいもなど)
  • 果実類(糖分が多い物は特に)
  • お菓子(チョコレートやケーキなど)
  • 砂糖(調味料として)

などなど。挙げてみるとかなりの数ですね…。ただ、これらも控えているだけで、決して食べてはいけない物、飲んではいけない物ではないので、たまには食べますし飲みます。食べる量を調節したり、食べ過ぎたらいつもより動くなど、血糖値を上げないための工夫をして食べたり、飲んだりするようにしています。

なぜ、僕が糖尿病でありながら、食べてはいけないものを作らないのか?というと、これだけのモノをすべて制限するとなると、食事にも楽しみを見出せなくなるからです。食事に限らず、何かを制限するというのは意外とストレスになります。もちろん、病気だから仕方がないのかもしれませんが、それでもすべて制限してしまうと辛いですし、食事することが嫌になってしまいます。また、制限しすぎると毎回同じような食事になるのも嫌じゃないですか?

病気になってしまったのはどうしようもない事実です。ですが、だからといってすべてをシャットダウンしてストレスを溜め込んでしまっては元も子もありません。だからこそ、食事とどう付き合っていくのか?どう向き合っていくのか?が大事だと思うんですよね。

なぜ僕はガチガチの食事制限をしないのか?

世の中には糖質制限やMEC食などを取り入れて、白米や麺、パンなどの明らかな糖質は一切食べずに、肉や魚、乳製品、卵、野菜などだけで食事をしている方もいます。

僕も糖尿病の治療の一環としてやったことがあります。もちろん効果はありました。ですが、ストレスになってしまい、気分が悪くなったり、便秘気味になったり、むしろ血糖値があがったりなど、継続して行なうに値しない方法が多かったんです。

もちろん、糖質制限やMEC食などを継続してストレスを感じなかったり、むしろ楽しくてやり続けたい!という人は、それで良いと思います。でも、それがむしろストレスになるくらいなら、糖質は控える程度にして、適量は摂取するくらいで良いと思うんですよね。

糖尿病の治療の目的は血糖値やヘモグロビンA1cを下げて、維持することなんです。それができていれば、糖質だって摂取しても良いと思いますし、「糖尿病だからこれは食べちゃダメだ!」って自分の首を絞めるようなことはしなくても良いと思うんですよね。

糖尿病に限らずですが、病気の治療とか怪我の治療にとって一番大切なのは、医師が言っていることや、世間で上手くいっている方法ではなくて、本人が納得したこと、ストレスなく行なえることをすることだと思っています。

だから、僕はストレスが溜まる糖質制限やMEC食でガチガチの食事制限をするのではなく、糖質は適度に摂る方法を取っています。もちろん、その分運動もしています。何が一番向いているのか?何が一番カラダにとっていいのか?は人によって様々だと思います。なので、もし少しでも気になるなら一度やってみて、合うか合わないかを見極めてみるといいと思います。

さいごに

糖尿病って食事において制限が多い病気だと思ってしまいますが、食べ方や食べる時間を決めて、食べる物をちゃんと考えれば、意外と食べられる物はあるんじゃないかって思います。お寿司にしても、たしかに20貫も30貫も食べてはいけないですが、5〜10貫くらいなら食べても良いと思うんですよね。

糖尿病になって食事に求める物はかなり変わった気がします。以前は、お腹を満たすための食事だったんですよ。だから、お腹いっぱいになるまで食べてましたし、お腹が空くとすぐに食べていて、どんどん太っていました。でも、今はお腹よりも心というか、気持ちの面で満足感があるかって方が大切です。なので、量よりも質が大切なんですよね。

食事に対して求めることが変われば、たくさん食べなくても良くなるので、制限するべき物であっても、満足して食べられるようになるんじゃないでしょうか。

この記事を読んだ人にオススメ記事

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • とても勉強になりました。救われた気もします。読んでて泣けました(笑) 今の私は二型と診断され入院退院して4ヶ月です。その後35日後のHbA1c検査で11%から6.8まで下がりました。本当に維持していくのが辛く難しいです。主治医からは「ホルモンのバランスや人によってかなり違ってくるので何を食べたらいい、やダメとかはないです」は確かに言われてきました。私の場合 ピザとか粉物は恐ろしく上昇しました。が、ハンバーガーやポテト、ラーメン、蕎麦は上昇しても140までなので怖がらないで食べていきたいです。大好きなスパゲティも駄目でした。一度食べてみないと分からないものです。 とにかく 食べ過ぎはだめ!ですよね。

    • 救われたなら、僕もこの記事を書いて、そして読んでいただいてホッとしています。
      たしかに血糖値やヘモグロビンA1cを維持するのは難しいと思います。僕も最初は非常に辛く感じました。
      でも、最近はいろいろと試行錯誤して、血糖値を下げることを楽しめているように感じます。
      楽しみながら、自分にとって無理のないやり方で糖尿病と向き合うようにしています。あれもダメ、これもダメにしてしまうと、結局辛いのは自分です。
      なので、「これを食べるなら、あれは少し控えておこうかな」くらいの気持ちになれれば、僕はかなり楽になれるんじゃないかって思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA