一人で寂しいときの6つの対処法についてのまとめ

一人になって初めて誰かといる嬉しさやありがたみってわかりますよね?やっぱり一人は寂しいものです。

家族や友だち、恋人など誰かと一緒に暮らしていることが、どれほど心強いのことかを知るのって一人になったときだと思います。人は、病気で寝込んだとき、仕事で辛いことがあったときなどは、一人でいるよりも誰かといるときの方が、精神的にも肉体的にもダメージが小さいです。

もちろん、ずっと誰かといることが嫌だという人もいますが、一定時間一人でいると不安になったり、寂しくなることがあります。なので、そんな一人になって寂しいときの対処方法を少し考えてみました。参考にしてみてください。

一人でも熱中できることをする

running-573762_1280

「誰かと一緒じゃないとダメだ」って思ってしまったり、周りが2人以上で何かをやっている中でポツンと一人でいるから、一人でいることに寂しさを感じてしまうんですよね。なので、一人でも熱中できることをしましょう。そうすれば、一人でいることに寂しさを感じることは少なくなるはずです。

映画を観る

誰かと一緒に映画を観て、感想を話してたり、一緒に食事に行くのも楽しいですが、気を使ってしまったり、相手に合わせたり、自分に合わせてもらったりと面倒なこともありますよね?

なので、たまには一人で誰にも気を使わずにゆっくり映画を観るのもいいですよ。

休日の大勢の人が観ている中での一人だと、見終わった後に寂しさを感じてしまうので、平日の昼間の人が少ないときに観るのが良いと思います!(夜間はカップルがいますからねw)わざわざ映画館に行くのが面倒なら、動画サイトやTSUTAYAでDVD借りても自宅で観ても良いですね。

誰かに気を使わずに映画を観るって意外と集中できますし、話に入り込めるのでオススメですよ!

美術館・博物館に行く

誰かと行くのも楽しいんですけど、ゆっくり鑑賞したいときって一人の方が良くないですか?

誰かと行くと、歩くタイミングとか観ているタイミングを合わせるのが結構億劫なんですよね。もう少し観ていたいのに、相手が早く行っちゃうから観られなかったり、次ぎに行きたいのに相手がゆっくり観ていたりなんてよくありますよね?

なので、たまには一人でゆっくり鑑賞するのも良いもんですよ!一人ならどれだけ同じ場所にいても良いですし、何度も観て回っても良いんですから。

読書する

誰かと一緒だとむしろ集中できないのが「読書」ですよね?

周りが静かでも誰かが近くにいると集中できないとか、カフェで読んでてもしゃべり声が聞こえて集中できないなんてよくあります。

なので、むしろ一人の時間を有効活用しましょう!家でゆっくりコーヒーや紅茶でも飲みながら、普段読まない専門書を読んでみたり、時間がなくて読めなかった小説を読んでみたり、溜め込んでた漫画を読んでみたりしてみてはいかがでしょうか?

勉強する

読書と同じく一人の方がむしろ捗るのが「勉強」

社会人になると意外と勉強する時間ってないんですよね。会社の飲み会だったり、残業、友だちと遊んだり、恋人とデートしたり、通勤電車の中で軽く本を読むくらいはできるのですが、「ガッツリ勉強!」ってなるとあんまり時間が取れないですよね。

なので、読書同様に一人の時間を有効に使いましょう。

取りたかった資格の勉強をするでもいいでしょう。会社での昇進のための勉強でも、副業のための勉強でも、投資の勉強でも、何でもいいと思います。寂しい気持ちを和らげるためにも集中して勉強しましょう!

運動する

運動って誰かと一緒だとやりづらくないですか?

たとえば、ジョギングだとペースを合わせないとダメですし、ジムだと日程や時間を合わせないといけない。運動したくても「誰かと一緒じゃない」とってなると案外不便です。

なので、一人だからこそ、一人で寂しいからこそ、運動しましょう!気分転換にもなりますし、もしかしたらジョギング中に知り合いに会うかもしれないですからね!

一人で走るもよし、一人で自転車こぐのもよし、ジムに行くもよし、意外と運動って一人の方が捗ると思いませんか?

一人の楽しみ方を身につけると意外と楽しいですよ!

たしかにふと一人になると寂しく感じます。でも、一人だからこそできることもあるのも事実です。

寂しい気持ちを和らげるためにも、たまには一人でガッツリ何かに熱中するのは良いですよ!

誰かと交流、活動してみる

一人が寂しいならやっぱり誰かと交流するのが一番手っ取り早いです。なので、特定の“誰か”ではなくてもいいので、交流したり、一緒に活動したりしてみましょう!

友だちに連絡する

一昔前だったら、電話かメールしかなくて、電話しかない時代なんて最悪ですよね。「寂しいから…」って理由で電話するのって嫌じゃないですかw

それを思うと、今ではFacebook、LINE、Twitter、Skypeなどなどかなり気軽に友だちに連絡できる手段があるんですよね!なので、「今ヒマ?」って感じで声かけてみて、ヒマなら飲みに行くなり、お茶するなり、遊びに行くなりすれば良いんですよ。

周りもみんな彼女彼氏がいるわけでもなくて、遊び相手が常にいるわけじゃないんです。適当に声かければ、意外と相手してくれますよ!

ボランティア・地域のイベントに参加してみる

友だちに声をかけるのがちょっと嫌なら、ボランティアとか地域のイベントに参加してみるのも良いと思いますよ。

周りは誰もこちらの事情を知りませんし、どんな人かも知りません。なので、変に干渉してこないのがオススメな点です。最初の一歩を踏み出すのってちょっと怖いですが、一度行ってみるとそこで知り合いができたり、そこから新しい人間関係ができるので案外楽しいんですよね。

ボランティアとか地域のイベントみたいにかしこまった感じがちょっと苦手であれば、自分と同じ趣味の人が集まる場所に行くもの良いですよね!ライブ、オフ会、勉強会、交流会などなど調べてみると意外とあるんですよね。無料で参加できるものもあるので、調べてみるもの一つの手ですよ!

インターネットで交流する

誰かと合いたいわけじゃないけど、誰かと繋がっていたいならインターネットを使いましょう!

チャットやTwitterなど、話しかければ話してくれる人は山ほどいます。人って不思議なもので、自分が思っていることって、周りも思っているんですよね。なので、そういう場にいる人って話しかけて欲しいんですよ。「でも、恥ずかしくて話しかけられない。でも、寂しい」みたいな感じなんです。

どちらが最初の一歩を踏み出すかですが、どうせならこっちから一歩踏み出しましょう!気が合えば実際に会ったりもするかもしれませんしね、怖がらずに楽しみましょう!

実家に帰る

「どれも恥ずかしい!」って方は、実家に帰りましょう。一番楽で、一番簡単な方法です。

あなたが一人で寂しいときは、親もあなたがいなくて寂しいと思ってくれてますよ。たまには顔を出してあげましょうね。一人暮らしをして、初めて親のありがたみってわかると思うんですよ。なので、たまには顔出して親孝行しましょう!

一歩踏み出してみると寂しさは消える

一人で寂しいからという理由で、家に閉じこもったり、何もしない状況だと精神的にかなりヤバいです。うつ病などの精神病になってもおかしくありません。

一歩踏み出すことはたしかに難しいかもしれないです。でも、一歩踏み出してみると意外と寂しさがなくなることがわかります。人と会わなくても、一人で何かに熱中してみるもよし、ふらっと美術館もいいですよね。友だちに片っ端から連絡してみるもよし、実家に帰るもなんでもいいんですよね。

一人で寂しいからこそ、何か一歩踏み出してみましょう!

さいごに

一人って寂しいんですけど、貴重な時間だと思っています。

一人で寂しいって思えるからこそ、誰かといる時間を大切にできるわけだし、誰かを寂しい思いにさせまいと頑張れると思うんですよね。そういう意味では、寂しいって思えるのは素晴らしいことなんですよ。今は一人で寂しいかもしれませんが、いつか一人でなくなったときのために、その貴重な経験を生かしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください