【同棲のルール】同棲するならやっておきたい6つのこと

スポンサーリンク

誰かと付き合うことになると考えるのが「同棲」ですよね?

でも、同棲って結婚するなら良いかもしれないんですけど、別れたら嫌ですよね?いつも一緒だからケンカも増えそうだしと、意外とデメリットも多くて踏み止まる人も多いはずです。

そんな同棲に不安を抱える人のために、同棲経験者が「これだけは!」ってことをご紹介します。

同棲するならやっておきたい6つのこと

家事の分担

-shared-img-thumb-150415251740_TP_V

大学生なら二人で協力しながら家事をすればいいですが、社会人ともなると分担って結構難しいですよね?

二人とも残業続きで洗濯も掃除もできないことなんて日常茶飯事。分担してたはずなのに、忙しくてやってるヒマなんてないなんてこともありますよね。僕もそういうときがありました。二人とも帰ってくるのが遅かったり、帰ってきても疲れててやる気が起きないときがよくありました。

そういうときはどうしていたかというと、一つは週末にまとめてやる。もう一つは、二人で協力してやる。

洗濯や掃除なんて毎日する必要はないので、週末まで溜めておいて、週末に一気にやる。それを交互にやったり、一緒にやったりすればケンカにはなりません。もちろん異常に洗濯物が溜まるので、神経質な人には難しいかもしれませんが。

二つ目の協力してやるっていうのは、どっちがやるかなんて決めておかないで、どの家事も二人でやるってことです。洗濯も二人で干して、二人でたたむ。掃除も場所を分担して二人でやる。料理も同じくです。

二人でやってると意外と楽しいですし、一人でやるよりも早く終るので楽で良いですねぇ。

やめた方がいいこととして、曜日別とかで家事を完全に分担してしまうことです。そうするとやったやらなかったでケンカになるのでやめましょう。

柔軟に対応できるようにしておいてこそ、分担している意味があるので、ぜひ適当な感じで分担しておきましょう。

お金について

bank-note-209104_1280

家事も大事ですが、お金もケンカの原因になりやすいのでしっかりと管理したいところですね。

一番良いのは折半です。お互い半分半分お金を出し合うって方法が一番良いと思いますね。半分出し合うといっても毎回毎回割り勘割り勘って感じだと面倒ですよね?

なので、二人の財布とは別にもう一つ財布を用意しておく方が良いですね。

その財布に決めた金額を入れておいて、そこから生活費だったり、光熱費、住宅費などを出すって感じです。足りなくなったら、また同じ金額を入れておくって感じですねぇ。

家計簿とかアプリで管理しておけば、お金の流れも明確になるので良いかもしれないですねー。

お互いの時間を大切にする

-shared-img-thumb-BIS151026213913_TP_V

2LDKなど二人が別れて生活できるスペースがあればいいんですが、多くの場合そういうわけにもいきませんよね?

節約するためだったり、どちらかの家にもう一人が住み込むケースの同棲が多いので、大抵二人で一部屋ですよね。

だからこそ、二人のお互いの時間って必要だと思うんですよね。

いくら相手のことが好きでも、二人っきりでずっといると結構苦痛ですよ。嫌な面が見えてしまったり、愚痴られたり、嫌みを言われたりと、意外と苦痛を感じることもあるんです。

なので、一人になれる時間を作るべきですね。

週末でも良いですし、一日のどこかでもいいんですけど、どこかのタイミングで一人になれる時間を作っておくべきですよ!

そうすると二人でいる時間を大切にできますからね!

隠し事はしない

-shared-img-thumb-0I9A360615032159naisyo2_TP_V

これ結構大事です。家事よりも、お金よりも、時間よりも大事ですよ。

もちろんサプライズで隠すのであれば良いんですよ。誕生日や記念日にはサプライズって大事ですから。

でも、サプライズ以外の隠し事はしない方が良いですよ。

飲み会に行くなら行くことは伝えるべきですし、友だちと遊びにいくならその旨も伝えた方がいいです。もちろん細かく伝える必要はないですが、大まかには伝えておいた方が良いです。それも正直にですね。

あとで嘘ついていたなんてわかると、「この人と一緒でも大丈夫かな?」って思っちゃいますし、浮気疑われても仕方がないですからねー。

同棲しているんですし、隠し子とはなしで正直に暮らしましょう!

寝る時間帯は合わせたほうが良い

feet-684683_1280

「生活の不一致」ってよく聞きますよね?

あれって就寝時間の不一致だと思うんですよ。起床時間は違ってもそれほど気にならないですけど、就寝時間が違うとかなり合わない感じがします。気持ちが悪いです。

寝ている間にベッドに入ってこられたり、寝ている側を歩かれたり、寝ている側でメシ食われたりなんてたまったもんじゃないですよ。それは自分もそうですけど、相手もそうなんですよね。

なので、できる限り寝る時間は合わせるようにした方が良いと思いますね。もし、夜勤があるある相手とかであれば、同棲は考えた方が良いと思います。

ルールはたまに見直せ

これまで5つほどルール的なことを書いてきたんですが、たまにはルールを見直した方が良いですよ。

なんでかっていうと、生活リズムが掴めてきたり、合わなくなったりするからです。

一人暮らしならあんまりわからないんですが、二人だとその感覚はわかりやすいです。ストレスが溜まるからですね。生活リズムが合ってないとストレス溜まりますし、合っていて気持ちよく生活できてればストレスは比較的溜まりにくいです。

なので、定期的に二人でルールを見直しましょう。

さいごに

同棲って思っている以上に難しいです。

ただ付き合ってるだけなら、好きなときに会って、好きなところだけが見えますけど、同棲ともなると嫌いな面も見えますからね。

だけど、結婚を前提にしているならやっておくべきが同棲です。

結婚してから嫌な面が見えてえも、そう簡単に離婚はできないですからね。なので、相手の嫌な面を受け入れられるかどうかを判断するためにも同棲はしておくべきですね。

難しいんですけど、一度上手くいけば楽しいのも同棲ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA