【医療漫画】「ムショ医」はたくさんのことを考えさせてくれる。

自分が病気だからか、医療漫画や医療ドラマなど医療に関係する作品には比較的多く触れるんです。

で、今回読んだのが「ムショ医」です。

医局、最先端医療、研修医、救命救急とは違い、刑務所、それも女性の刑務所を舞台にした漫画は初めてでした。けどかなり面白かったので、少し感想を書こうと思います。

あらすじ

粂川晶(28)。職業:医師。勤務地=女子刑務所!ここは刑務所です…「一般の病院」や「学校の保健室」のように考えてもらっては困ります。大学病院の医師・粂川晶が新しく勤務することになった場所は女子刑務所だった!塀の中という未知なる医療現場で粂川が目にしたものとは!?

(引用 Amazon [まとめ買い] ムショ医 Kindle版 より

設定としては、大学病院の医師である粂川晶(くめかわ あきら)が新しく勤務することになったのが、この漫画の舞台「女子刑務所」。犯罪者と関係者しか入れない未知の世界に、一般人としてそして医師として粂川が刑務所で起こる女性たちの問題にどう立ち向かうのかが見所ですねぇ。

ここが面白い!

個人的に「ここが!」ってところをすこしピックアップします。

男にはわからない「ザ・女社会」

「女子刑務所」が舞台なので、もちろん男性はほとんど出てきません。なので、ほぼ純粋な女性社会です。

そこで描かれているのは、

子どもを産めなくなった女性とこれから女性を産む女性の争いだったり、
権力者として蹂躙する女性と権力者にいじめられる女性の争い、
そして、男性のために尽くしてきたがゆえに犯罪を犯してきた女性

など、犯罪を犯していない社会ではまず考えられない女性特有の問題がかなり上手く描かれています。

ぼくは男なので感情移入はできませんが、女性ならかなり感情移入するんじゃないかな?って思います。

異物な主人公

犯罪者と犯罪者を更生させるための看守にとって、医者である粂川晶はかなり異物に映ります。

それは自分たちにとっては常識的なことが、医者であり一般人である粂川には常識ではないからです。

異物な主人公だからこそ、所内で起こる様々な問題に対して、常識的な考え方ではなく、ちょっと違った目線で問題を見ている姿は実に面白いです。

「犯罪者は悪だ」と考えるのではなくて、ではどうすればこの人たちは更生できるのか?現状を変えることができるのかをよく描いているなぁと思いますね!

犯罪者への見方が変わる

犯罪の程度は違えど、「犯罪者=悪」だと考えて、犯罪者なんて生きている価値はないって思いがちですよね?ぼくたちは。

でも、そうなのかな?って考えさせられました。

もしかしたら、一歩間違えばぼくがあの場にいるかもしれないなんてことも考えました。というのも、ぼくたちはかろうじて犯罪を犯してないと思ったからです。

もちろん犯罪はいけないことです。誰かを殺めることはあってはならないし、誰かのモノを盗むことも、違法は薬物を使うこともすべてダメです。犯罪に善悪はないです。

けど、犯罪を犯していない人も犯したくてやっているわけじゃないんだなぁって思うわけです。何か背景があって、何か辛い現実があるからこそ、手を汚してしまうんですよね。

中には凶悪で、人を殺すことなんて何とも思っていない人もいますけど、多くの犯罪者はそうじゃないのかもなぁということを考えてしまいました。

思ったこと

「ムショ医」はもっとこう医療医療した、ザ・医療漫画かと思いましたけど、意外とそうじゃなかったです。

どちらかというと、犯罪者を変えていくのがたまたま医者だったっていう漫画ですね。(伝えづらいですがw)

犯罪者を更生するとか変えていくって考えると、弁護士だったり、家族だったり、大切な人だったり、警察官だったり、精神科医がまず思い浮かぶと思うんですよ。

でも、誰でも変えられるのかな?って思ったのはこの漫画のおかげかもしれないです。

誰であろうと、相手に寄り添い、相手を理解してあげる姿勢を持って、何があっても相手を見下さない、一緒に解決していく、相手がどうなりたいのかを聞き出してあげる。そして、更生できるまで見守ってあげることが大切なんだなぁって思いました。

さいごに

ぼくは犯罪をそして、犯罪者を容認するわけではないです。

ただ、犯罪にもちゃんとわけがあって、犯罪を犯すことにも理由があるんだってことを理解する必要があると思います。

そして、ぼくたちのちょっとした一言や行動が、もしかしたら犯罪を起こすきっかけにもなっているということを認識する必要もありますね。たわいない一言、ちょっとしたいやがらせが、誰を傷付け、誰かを犯罪へと誘ってるかもしれないってことですね。気をつけないといけませんね。

漫画はダメ!って卑下するんじゃなくて、如何に漫画や小説から学ぶかっていうことも、ぼくたち大人は子どもに教えていかないとダメですね。

作者は違いますが、医療漫画ではこちらもオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください