【厳選】入院中の暇つぶし方法オススメ9選と、あると便利なグッズ

スポンサーリンク

どうも、なかむら(@ynakamura1201)です。

入院って2、3日ならともかく、1週間や1ヶ月、それ以上ともなると退屈ですよね…。

もちろん病気を治すことが目的なので退屈なんて言ってられませんが、退屈だとストレスが溜まるので、それはそれで体に悪いんじゃないかとすら思います(笑い)

今回は、少し長めの入院中の暇つぶし法と、入院中にあると便利なグッズを、長期入院を何度も経験した僕がご紹介します!

入院中の暇つぶしをする前に知っておいて欲しいこと

入院中、検査や診察、リハビリ、ベッドでの生活が多くて退屈だからといって、何をしても良いかと言われればそうではありません。

入院の目的は、病気を改善すること、治すことです。時間をつぶすために入院しているわけでもないですし、自分だけが入院しているわけでもありませんので、他人に迷惑をかけることはしてはいけません。もちろん、病気を悪化させ入院期間を延ばしてしまうことはもってのほか。そんな元気があるなら、さっさと病気や怪我を治して退院するべきです。

病院や病気、怪我によってはいくら自分が頑張っていても長引いてしまうことも多々ありますが、まずは治療に専念することを念頭において入院するようにしてください。

入院中の暇つぶし方法9選

では、ここから入院中の暇つぶし方法について書いていこうと思います。

選んだポイントしては、

  • 症状を悪化させない
  • 楽しめやすい
  • 安価
  • 退院後の自分のためにもなること

という感じです。僕の入院体験を元に選んでいるので、病状や病気によってはできないこともあります。なので、自分のカラダや先生と相談してからはじめるようにしてください。

※病院や病棟、病気によっては、やってはいけないこともありますし、ルールやマナーもあります。何をやるにしても、一度先生や看護師さんに確認してからはじめるようにしましょう。

動画を観る

一番手っ取り早く、誰でも楽しめるのが動画。

パソコンやタブレットとWi-Fiさえあれば、どこでも観れますし、ジャンルも番組の数もかなり豊富なので飽きろという方が難しいくらいです。
最近は、動画サイトもたくさんありますし、YouTubeでもいろんな動画がアップされているので、手軽に始められて、コストもかからないのが動画のいいところですね!

個人的なオススメは、Amazonプライムビデオです。Amazonプライム会員であれば無料で使えますし、他の動画サイトと違って少し課金すれば観れる動画が増えるのがオススメポイントです!

読書する

-shared-img-thumb-BIS151026213913_TP_V

入院中だからこそオススメしたいのが読書です!

読書なら寝転がりならでもできますし、特に体力も使いません。動画と違って、パソコンやWi-Fiは必要ありませんし、安価にはじめられるのがオススメな点です!もちろん、図書館などで借りれば、無料で読めるわけですし!

入院中は思っている以上に孤独ですし、世界も狭まります。そういった悩みを払拭してくれるのが読書だと思っています!これまで読書なんてしてこなかった…という人にこそ読書を薦めたいです!

ただ読書のデメリットとして、数が多くなると場所を取るのと、持って帰るのが大変なことです。なので、もしたくさん本読みそう…という方はKindleを買いましょう!いつでもどこでも読めますし、充電もそれほど必要ないので、かなり便利です!

勉強する

books-690219_1280

3ヶ月や半年など比較的長めの入院になりそうなら、資格や興味のあることの勉強をしてみるのも良いですね!

大人になると意外とガッツリ勉強!みたいな機会ってありませんよね。それに入院期間が長くなると、退院後仕事へのモチベーションや働く感覚って薄れたりするんですよ。

なので、資格の勉強でも、仕事とは関係ないことでもいいので、ガッツリと勉強してみるのは結構オススメです!

もちろん、無理をダメですが、適度であればリフレッシュにもなりますし、モチベーションを保つのにもいいんじゃないかと思います!

音楽を聴く

woman-977020_1280

病院の中は、思っている以上に殺風景ですし、当然ですが楽しい気持ちにはなりません。

病気を治すところなので、それは仕方がないことですが、そんな状態の中にずっといると気持ちは滅入りますし、ストレスだって溜まります。そういった気持ちを払拭してくれるのが、音楽です!

それに聴く音楽によっては、ストレスを発散させてくれたり、自律神経を整えてくれたり、治療としても効果が期待できます!音楽を聴くだけで病気がよくなったら嬉しくないですか?入院中に効果があれば、退院してからも積極的に聴くでしょうし、この機会にこれまでと違った音楽に触れてみるのも良いと思います。

最近は、AppleMUSICやGoogleMUSICなど音楽の定額制のアプリもありますが、個人的には「AmazonPrimeMusic」がオススメです。プライム会員であれば、聴き放題ですし、動画も観れるのでこれを機に登録してみると良いと思います!

落語を聞く

 

笑いを求めるのなら、漫才よりも落語をオススメしたいです!

落語って日常生活ではまず聞かないですし、聞こうとすら思いませんよね。でも、聞いてみると思っている以上に奥が深いですし、面白いです!

もちろん、聞くだけなら音楽でもいいんですよ。でも、落語には「笑い」があるからいいんです!笑うって行為は、ストレスの軽減になったり、治療の一環として取り入れている病院もあるくらいなんです。

入院っていういつもと違う生活だからこそ、落語っていういつもと違う娯楽を楽しんでみてはいかがでしょう?

散歩する

man-872100_1920

入院中だからこそ、体を動かしましょう!

もちろん入院中なのでカラダを休め、治療することが第一優先です。でも、病気によっては、ベッドで寝てばかりいるのがかえって入院期間を伸ばしてしまうことだってあります。それはは、運動不足による筋力や代謝の低下、ストレス増加などです。(もちろん歩けない病気や怪我であれば、仕方がありません)

入院してる人の中には「療養してるんだからゆっくりさせてくれよ」って思う人も多いかもしれないですけど、療養してるからこそ積極的に体は動かすべきですし、回復力を上げるためにも筋力は落とさない方が良いです。

また、病院の中だけにいると、なんとなく空気や雰囲気がどんよりしているので気持ちもどんよりしてしまいます。なので、たまには外の空気吸ったりして気持ちを入れ替えるためにも散歩は良いと思いますよ!

人間観察

-shared-img-thumb-PAK140315242954_TP_V

僕はいち早く退院するために、そして退院した後のために、他の患者さんをじっくり観察していました。

「うん?なんで人間観察?」って思いますよね。でも、これが結構役立つんです。

というのも、周りは入院患者ばかりです。しかも、同じ病棟・病室なら同じような病気の人が多いはずです。周りの患者を見ているとわかるんですけど、早く良くなって退院していく人も入れば、いつまでたっても退院できない人もいます。そして、よくよく観察をしていると、どうやって治療に臨めば早く退院できるのか、良くなるのかって意外と見えてくるんですよね。

誰だって出来ることなら早く退院したいはず。長々と治療してても、仕事にも行けず出費がかさむばかり、病院の雰囲気で気が滅入ってしまうことだってあります。そういった意味でも、優良患者をしっかりと観察しておく価値はあります。

もちろん自分にあった方法で治療するのが一番です。そのためにも他の人を観察してみるのも良いと思いますね。

ブログを書く

-shared-img-thumb-PAK85_coding15095904_TP_V

入院中って何してても結局飽きちゃいますよね。 何をしてても、結局入院って生活に変わりはないわけですから、当然です。

そんな人にオススメなのが、入院体験をブログで発信することです。同じ状況の人への励みにもなりますし、コメントとかもらえると自分への励みにもなります。

それに入院体験ってかなり貴重な情報なんです。同じ症状でも、同じ年齢や環境でも、治療方法や治り方って人それぞれなので、同じ病気を患う人にとっては貴重な情報なんです。(自分ではあまり理解できませんが、かなり貴重な体験です)

それを自分の中だけに留めておくのはもったいないです。病気によっては恥ずかしかったりするかもしれないですけど、病気への理解を広げるためにも、他の人の治療のためにもブログで発信してみるのはかなりオススメです!

いつもと違うことをすることで、いい気分転換にもなりますし、これを気にブログをはじめてみてはどうでしょうか?



スポンサーリンク


 

自分の病気について調べる

怪我であればする必要はないんですが、病気であれば、一度どんな病気なのか?どんな治療が良いのか?退院してからどうすればいいのか?など調べてみると良いと思います。

僕自身、糖尿病で入院したときは少しですが糖尿病について勉強しました。勉強のかいもあって、入院中から生活習慣や食べ方を意識するようになって、退院後もかなり調子が安定してました。もちろん、先生や看護師の方も教えてくれますが、誰かに教えてもらうより自分で学んだ方が確実に頭に残ります。

病気で入院するってたしかに辛いですが、それも何かの縁と思って勉強して、これからの糧にしてみてはどうでしょう?

入院中の暇つぶしにオススメなグッズまとめ

ここからは入院中の暇つぶしをするにあたって、持っておくと便利なオススメグッズをまとめています!

薄型ノートパソコン

病院や病棟によっては使えないかもしれないですが、もし使えるのであれば、一台あると便利です。大きいパソコンだと場所取りますし、持ち運ぶのもめんどくさいので、できれば小さい方が良いと思います。

これだと結構安くて、性能もバツグンなのでオススメです!

イヤホン/ヘッドホン

音楽や動画を観るのであれば、絶対に持っておくべきなのがイヤホンやヘッドホンですね。個室であれば、音出ししてもいいのかもしれないですが、複数人の部屋であれば、他の人のことも考えるべきですから一個くらい持っておくことをオススメします!

Wi-Fi

ネットをするなら確実に持っておきたいのが「Wi-Fi」です。動画を見るにしても、音楽を聴くにしても、Kindleで本をダウンロードするにしても、ネットは必須です。

でも、入院期間だけ契約するって結構難しいんですよね…。まぁこれを機にってことであれば、良いんでしょうけど、そうでもない人も多いと思います。

なので、そういう人はレンタルすると良いと思います。少し高いですが、2年契約なんてすることに比べれば、安いもんだと思います。

Wi-Fiレンタルするなら>>SoftBank Pocket Wi-Fi 501HW

さいごに

入院中の暇つぶし方法とあると便利なグッズについて書いてみました!

最近はちょっとした病気でも、入院する機会が増えています。1日や2日であれば、退屈もしないですし、むしろいい気分転換になるんですが、1週間や一ヶ月ともなると退屈で仕方がないと思います。

もちろんまずはカラダを治すことが大前提ですが、それでもどうしても手持ち無沙汰になるときは誰にだってあるはずです。そんなときにぜひ参考にしていただければと思います。

この記事を読んだ人にオススメ記事

スポンサーリンク