「学校に行きたくない」って感情は別に悪いとは思わない。むしろ大事にするべき感情。

スポンサーリンク

この「隠れアスペルガーという才能」を読んだときに思ったんですよ。

そういえば、僕は高校生のときに学校になじめなかったり、学校に行きたくないなぁって感じがあったなぁと。これでも一応国立大学を卒業しているので、真面目そうとか、「ちゃんと学校で勉強してたんでしょ?」って思われがちなんですけど、実際はそうでもないんですよ。

高校生のとき軽い登校拒否だった

もちろん勉強はそれなりにしていたので、成績は学年でもトップクラスだったんですよ。一応ね。(自慢じゃないよw)

けどその反面、学年でトップクラスで学校を休んでいましたね。トップクラスというか、トップですねw 3年間で指折りでは数えきれないレベルで休んでいました。

病弱だったことももちろんあるんですけど、それ以上に行きたくなかったんですよ。親も僕が学校に行かなくても怒りませんでしたし、入学当初入院してたので学校の先生も容認してたので休みやすかったっていうのもありますけど。

ただ、休みすぎると留年しちゃうし強制退学になる恐れがあったので、休んでいる日数を計算しながら休んでましたね。(ここだけの話ですがw)

で、僕が学校に行きたくなかった理由はこんな感じですね。

  • 学校で勉強する必要性を感じなかったから(家の方がはかどるから)
  • 通学すること自体がめんどくさい
  • なぜか学校に行く前に気持ち悪くなったから
  • 学園祭など行事は人が多過ぎて吐き気がしたから
  • 遊びたかったから(平日に自転車で遊びにいったこともありますw)
  • 高校二年生のときはクラスでぼっちだったから

こうやってみるとただの怠け者みたいな感じですよね。でも、行きたくない理由なんてこんなもんですよ。高校二年生のときに限って友だちがいなかったことが理由ですけど、とりあえずいろんな理由で行きたくなかったですね。

でも今思うと、行かない理由なんてどうでも良かったんですよ。だって行きたくなくて仕方がなかったんですもん。行きたくないんですよ。もう行く理由を探さないと行けないくらい行きたくなかったですね。

なんだかんだで学校に登校していた

かなりの日数休んでいたんですけど、卒業できたのでそれなりに登校はしてたんですね。

登校していた理由ってあんまりないんですよ。ホントに。

  • 友だちと話すため
  • 卒業するための日数稼ぎ(成績だけで卒業できるなら行かなかったですね)

まぁこれだけですね。勉強なんてどうでもいいですし、卒業できさえすればそれでOKでしたから。

ただ、仲の良い友だちがクラスに数人いるとなるとやっぱり友だち目当てで行ってましたね。友だちと話してるときだけが、気がまぎれましたし楽しい時間だったので、そのためだけに学校に行く価値はあったかなぁと思います。みんなそんなもんでしょ。友だちいなかったら、学校なんて行かなかったでしょうねぇ。

「学校に行け!」っていう人はマジでウザいですね

僕の両親は「学校に行け!」とか「休んじゃダメだ!」みたいなことは言わなかったので良かったですが、世間には多いみたいですね。こういう頭ごなしに怒鳴る大人がね。もう嫌になっちゃいますね。何様だよ。

で、そういう人たちの「学校に行け!」っていう理由を聞いていて思うんですけど、大した理由じゃないんですよね。

  • 良い大学に入れないから
  • 良い仕事に就けないから
  • 人間関係に問題が出るから
  • 行くことが普通だから
  • 中退とかかっこ悪いから

この理由をボォーっと聞いているとですね、これって本人のための理由じゃないことがわかるんですよ。

だってね、良い大学に入って欲しいのは親だし、良い仕事に就いて欲しいのも親なんです。それに人間関係に問題が出るとか、中退がかっこ悪いのだって世間体ですよね?近所の人から「あの家の息子さん引き蘢りらしいよ」なんて言われたくないだけ。

結局学校に行かない本人のためっていう名目で自分が恥ずかしい思いをしたくないだけなんですよ。

別にいいじゃん。本人の人生なんだし。行きたくないんだから、仕方ないじゃんって思うわけですよ。

学校には行かないとダメだと誰が決めたの?

僕は引きこもってゲームしてることが良いとか、誰とも人間関係を持とうとしないことが良いことだよねって言ってるわけではないんですよ。

ただ、学校ってホントに行かないといけないの?って思うだけです。

別に行かなきゃダメだってことはないはずなんです。学校に行っていても、ニートになる人だっているんだし、良い大学に入れない人だっているんですもん。学校に行かなきゃダメだ!って決めつけるのは良くないですよね?

今の社会見てて思うのは、良い大学を出たからといって、良い会社に勤めているからといって、将来が安泰なんてことは一切ないんですよ。逆に高校中退したって、有名企業の社長してる人もいますし、大学受験の資格だけとって大学行ってる人もいます。東大行ったってニートもいるわけだし、行くか行かないかってそれほど重要な選択ではないと思うんですよ。

学校に行かないとダメって決めてるのは結局世間体なんじゃないですかね?

親がやるべきは子どもの声に耳を傾けること

「学校へ行け!」なんて口が裂けても言っちゃダメですよ。お金払ってるからとか、親だからなんて理由にはならないです。

「学校へ行け!」なんて言われても余計にストレス溜まりますし、余計に「学校に行きたくない」って気持ちが高まるだけです。逆効果です。だって、行きたくないんですもん。言っても意味ないですよ。

それよりも

  • なんで学校に行きたくないのか?
  • 何がしたいのか?
  • 行きたくないのは今日だけなのか?
  • それともずっとなのか?
  • 転校したいのか?
  • 大学に行きたいのか?
  • 将来どうしたいのか?

っていうのを聞いてみてらどうですか?頭ごなしに「学校に行け!」なんて言っても意味ないですって。

親は道を示すんじゃなくて、子どもが進みたいって思う道を邪魔しないことが一番良いんじゃないですかね?

「お前こいつと結婚しろ!」とか「あの企業で働け」とか「あの大学に進学しろ!」なんて親から言われたら嫌でしょ?同じですよ。自分が親から言われたくないことを自分の子どもには言っちゃダメですって。

さいごに

学校ってたしかに行った方が良いのはわかるんですよ。

誰かとコミュニケーション取ったり、友だち作ったり、ケンカしたり、勉強教えてもらったり、スポーツしたり、競い合ったりするのって大事だと思うんです。

でも、嫌々行くのってどうなの?とも思うわけですよ。

何か障がいがあったり、いじめられてたり、勉強ができ過ぎて面白くなかったり、すでに将来の道が決まっているとかで行く必要がないなら行かなくてもいいんじゃなかな?って思うんです。

今の世の中、学校がすべてじゃないんですよ。むしろ学校が束縛して、その子の将来をもみ消してることだってあるんです。目の前の「学校行く行かない」とか、世間体どうこういってるよりも、もう少し先のことを考えたら良いんじゃないかな?

生きてりゃなんとかなるんです。学校なんて最悪行かなくたって死にませんから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA