【糖尿病】糖質制限をやめたら血糖値が下がった話。

スポンサーリンク

糖質制限をしてたんですが、まぁ血糖値が下がらないことと、糖質を食べたい意欲に負けたので「糖質制限」をやめました。

というのと、この記事を読んだので一回やめてみよーって軽い気持ちで「糖質制限」をやめました。

[blogcard url=”http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160216/dms1602161900014-n1.htm”]

糖質制限が効果的なのは最初だけ?

じゃないかな?って思いますね。医学的なこととか栄養学的な専門的なことはわからないので、あくまで経験論ですが、糖質制限して血糖値が下がるのは最初のうちだけです。これはダイエットについても言えることじゃないかな?

というのも、糖質制限が効果的なのは最初の食事バランスがおかしかったからだと思うんですよ。糖質を中心に食事を取っていたり、おやつの時間にはケーキやポテトチップスみたいな「ザ・糖質」みたいなお菓子ばかり食べていたから、糖質制限をすることで血糖値が下がったり、体重が下がっていたんでしょう。

まぁ舵を逆方向に取ったことで、体の中の状態も逆方向に向いただけの話です。

受験を考えていなかった学生が受験を意識しはじめて勉強始めたら、ちょっとテストの点数が良くなったり、偏差値が良くなったみたいな話と同じですよ。勉強始めたからといって、「はい!東大合格です!」とはならないですよね?糖質制限を長く続ける意味がないのはこれと同じです。(極論ですが)

僕の場合は…?

最初はかなり効果的だったんですよ。

食後血糖値が200mg/dLを越えるか越えないかくらいだった血糖値が、糖質制限をはじめてから130〜150mg/dLくらいに下がったんです。たしかに糖質制限に血糖値を抑える効果はありますし、初期の糖尿病の方であればかなり期待が持てるはずです。

ですが、糖質制限をはじめてから約3ヶ月が経ったとき、血糖値は少しずつ上昇しはじめたんですよ。糖質を控えているのにですよ。食後の血糖値は180mg/dL以上という感じで、朝もあまり下がらない感じでしたね。

「え?糖質制限しているのになんで血糖値上がってんの?」って結構焦ってました。

自暴自棄に近い感じで、食べることが怖い状態になってましたね。

そりゃそうですよね。血糖値を上げる要因が糖質だからという理由で、糖質制限をはじめたはずなのに結果として血糖値が上昇してたんじゃ意味ないわけですよ。もう手がないわけです。

先生にも「次の手段もあるからね。安心してね」と言われるくらいになってかなり落ち込みましたね。

糖質制限をやめた3つの理由。

糖質制限をやめた理由は最初にも書いたんですが、もう少し詳しく書きたいと思います。

その一「糖質を体が欲したから」

もう糖質が摂りたくて仕方がないんですよ。

たしかに味覚とかは変わってきているので禁断症状みたいな感じではないんですけど、とにかく糖質というか「ごはん」が食べたくなったんです。食べたくて仕方がないんですよ。ごはん。ほかほかのごはんです。

彼女とか家族がごはんを美味しそうに食べる姿を見てるだけでストレスを感じるくらいごはんが食べたくなったんですよ。

ごはんに限らず、揚げ物だったり、お菓子だったり、パンだったりと糖質なんて挙げれば切りがないくらいありますよね。まさに糖質時代です。

もう糖質を目の前にして諦める自分が嫌になったんですよ。たぶん。

その二「血糖値が上がってきたから」

最初に書いた理由ですね。

血糖値が上がってきてるのに、糖質制限をする理由がなくなったんですよ。糖質制限をしても血糖コントロールが上手くいかないなら、いっそのこと治療方針を変えちゃえ!って感じですよね。

先生にも「糖質制限しなさい」なんて言われてないですし、どちらかというと「糖質・タンパク質・脂質をバランスよく摂ってね」って感じなので、糖質制限をする理由もないんですよ。

だったら、糖質を摂りすぎないようにだけ気をつけるから「糖質制限なんてやめちゃえー!」って感じになりました。

その三「糖質制限に飽きたから」

はい、クソみたいな理由ですね。優良患者の風上にも置けないですね。

飽きたんですよ。糖質制限とか糖質ZEROとか飽きたんです。そんな表記にビクビクしてる自分にも嫌気がさしたんですよ。

「食べたいんだろ?糖質食べたいんだろ?」

「ラーメン食べたいんだろ?」

「ケーキ食べたいんだろ?」

「糖質気にするのめんどくさいんだろ?」

みたいな感じです。もう飽きたんですよ。めんどくさいんです。

もちろん糖質の過剰摂取は再び糖尿病を悪化させる原因になることはわかっているので、過剰摂取はしません。けど、気にし過ぎるのもどうかな?って思ったんですよ。糖質を気にし過ぎるだけでもストレスなんですよ。もうすでに。

こんな生活がこの先何年続くんだよって思うと嫌気がさしたんです。

嫌ならすぐにでもやめた方が良いんじゃない?「糖質制限」

何でもそうですけど、嫌ならやめた方が良いですよ。

好きでやってるならご自由にどうぞって感じですけど、嫌々やるなら絶対にすぐにやめるべきです。嫌々やってストレスフルな食生活をしてる方が糖尿病にとっても、体にとってもよくないですって。

糖質制限してもそんなに血糖値下がんないなぁって方にこそ、糖質制限をやめる覚悟を持って欲しいですね。絶対その方が良くなりますって。

結果どうだったか

まだ糖質制限をやめてから数日ですが、効果は絶大ですね。朝食前の血糖値は劇的に下がりました。

糖質制限をしている期間の朝食前血糖値は、

180〜220mg/dL

で、糖質制限をやめてからの朝食前血糖値は、

140〜150mg/dL!!!!!

えええええええって感じで、劇的に下がっております。

もちろんまだ数日なので何とも言えないですけど、糖質を制限していた頃よりも、糖質をある程度摂取しているときの方が血糖値が下がるってどういうことだよ!って感じです。目から鱗とはこういうことですね!ハッハッハ!

注意したことも一応書いておきます。

注意する点なんてそんなにないですが、これだけってやつだけ書きます。

  • 運動は変わらずやること
  • 糖質を摂るのは昼食時のみ(そもそも朝は食べないし、夜はそんなに食べないから)
  • 過剰摂取はしない
  • 食べる順番には気をつける
  • 食べるときはよく噛んでね

って感じですね。

この中でも食べる順番はかなり気を使ってますね。どうしても久々の糖質です。目の前にくるだけでワクワクドキドキなんですよ。食べたくて仕方ないんですからね。

でも、だからといって最初からがっついちゃ血糖値もドカーーーーーッンって上がってまた逆戻りです。それでは糖質制限をやめた意味もなくなります。なので、野菜とかお肉とか糖質が低い食材をある程度食べてから、ごはんを食べるようにしています。

あとは、よく噛んで食べることですね。30回噛めなんて言う人がいますけど、そんな回数毎回数えるのめんどくさいですw なので、普段より噛む意識を強く持つことですね。それだけでも結構噛む回数は増えるはずですし。

まぁこれだけです。たったこれだけです。実践しやすいよね!

さいごに

結局僕のやってることって、健康的な生活をしようねってことなんですよ。

食事に関して言えば、食べ過ぎ飲み過ぎは控えること。で、運動もかかさずやるってことです。もちろん睡眠もしっかりと取りましょう。たったのこれだけなんです。

たったこれだけで血糖値って良くなるんですよ。

なんでかって理由は簡単ですよね。糖尿病が「生活習慣病」と呼ばれるからです。結局生活習慣をまともにすれば改善するんですよ。血糖値は。そして糖尿病はね。

難しいことなんて一つもいらないんです。糖質制限なんて諸刃の剣は必要ないですし、過剰な運動もいらないです。よくわからないオイルの摂取もいらんでしょ。そんな応用編と言うか番外編的なことに手を出す前に、ちゃんと生活を正すことをやれば良かったんです。原点回帰です。

病院の先生が口すっぱく言ってる理由がよくわかりますよ。(先生ごめんなさい)

無理せず、無茶せず、自分にあったスタイルで健康的な生活を送りさえすれば糖尿病って扱いやすい病気なんじゃないかな?

関連記事:【わかりづらい?】これまでに経験した糖尿病の9つの症状について
関連記事:【必見】血糖値500mg/dL越え経験者が語る「高血糖の症状」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA