【男視点】片思いの失恋をしたとき立ち直るために僕がやってみた6つの方法

スポンサーリンク

失恋。それは恋をするものなら誰しもが通る道であり、失恋した当初は辛く悲しいものなのに、日が経つといつの間にか笑い話に変わるような経験。

もし、悲しくも辛くもない失恋があるとすれば、それはおそらく相手を本気で好きじゃなかった証拠、つまりただ彼女・彼氏が欲しかっただけの恋愛ではないかと思います。好きでもない人に適当に告白して振られたって辛くないのは、就職したいわけではない会社からお祈りメールをもらったり、志望度の低い大学に落ちることと同じようなものだと思います。

僕はこれまで失恋の多くは片思いでした。まぁだいたいの失恋は片思いのことが多いと思います。もちろん初めて告白して、振られたときなんてそう簡単に立ち直ることはできませんでした。でも、今は無事立ち直り、次の恋を実らせることができています。

ここでは、これまでの片思いの失恋から僕が立ち直るまでに意識したこと、やってきたことをまとめてみようと思います。

自分を責めいないことが一番大事

girl-1196505_1280

自分を責めてしまう。これは失恋に限ったことではないですが、こと恋愛に関しては多くの人がしてしまうことではないかと思います。特に片思いで自分から告白して振られてしまう場合には、「自分ってダメな人間だ…」「自分が悪いんだ…」と思ってしまう人も多いと思います。

もちろん、次の恋愛・告白のために、

  • 自分の何が悪かったのかな?
  • 告白の仕方が悪かったかな?
  • 告白するタイミングが悪かったのかな?

など考えてしまうことはダメではありません。むしろ、考えることは必要なことです。

ただ、考え過ぎて自分を責めてしまっては元も子もありません。自分を責めても余計に辛くなるだけですし、どんどん惨めな気持ちになるだけです。振られて辛いのに、自分を追い込む必要なんてありません。

失恋してしまったのは、あなたが悪かったわけではありません。たとえばこう考えてみてはどうでしょうか?

  • 付き合う運命ではなかった
  • 付き合ってもすぐに別れる相手だった
  • 本当に付き合うべき相手ではなかった
  • 次の告白のための練習だった
  • 本命のための試練
  • 妖怪のせい(振られ妖怪にでも取り付かれてたんですよw)

振られてしまった、失恋してしまったっていう過去は変えられません。自分を責めても意味はないです。自分を責めるくらいだったら、環境のせいでもなんでもいいので他のせいにしてしまった方が気持ちは楽になりますよ。

失恋は決して恥ずかしいことではありませんし、恋をすれば必ず誰しも通る道です。ぜひ、自分を責めないようにして、乗り越えて新しい恋に向かいましょう。

悲しい・辛いという気持ちに素直に向き合い、乗り越えましょう

sunset-1176695_1280

とはいっても、やっぱり失恋は辛く悲しいものですよね。でも、その悲しいって気持ちは大事だと思うんですよ。だって、悲しいってことは相手のことを本気で好きだった証なんですから。適当な気持ちで告白して振られていたなら、おそらくそんな辛く、悲しい気持ちにはならないはずです。

なので、その辛く、悲しいという気持ちは決して忘れないようにするべきです。でも、だからといって辛く悲しい状況が続くのも精神的には辛いものです。

辛く悲しい気持ちは「誰かに聞いてもらう」か「泣く」とスッキリします

辛くて悲しい気持ちを忘れないことはたしかに大切です。でも、乗り越えないと次の恋にいけないのもたしかです。なので、辛く悲しい気持ちは乗り越える必要があります。そのために一番手っ取り早く、かつ効果的な方法は、

  • 誰かに聞いてもらう
  • 泣く

の二つだと思っています。

誰かに聞いてもらうって言うのは、要するに「悲しい」って気持ちを言葉にして吐き出すってことなんです。愚痴ではありません「なんであんなにがんばったのにダメだったんだろ?」「どうしたらよかったんだろ?」「なんでこんなに悲しいんだろ?」って愚痴ではないですよね?

それは特定の誰かを妬んだり、嫌ってるわけではなくて、自分はがんばったのに上手くいかなかったことを悔いてるだけなんですから、愚痴ではありませんよね?

それに誰かに「うんうん、そうだね」って言ってもらいながら、自分の辛さや悲しみを聞いてもらうとスッキリしませんか?特別慰めの言葉なく、「がんばったね」と労ってもらうわけでもないのに、スッキリしてしまうんですよね。なので、一人で辛さや悲しさを抱え込むのではなく、誰かにあなたの辛さや悲しみを聞いてもらってください。

そして、もう一つの辛さ、悲しさを乗り越えるための方法が「泣く」です。

泣くとスッキリするって言うのは、医学的か科学的か忘れましたけど実証されてることなんです。なので、どういう方法でも良いです。とにかく泣きましょう!(あ、無理矢理泣くとストレス溜まるらしいので、あくまでも自然な方法でねw)

僕が泣きたいときに観る映画が「STAND BY ME ドラえもん」です!

失恋相手にまつわるものは消し去ろう!

time-425818_1280

その恋愛が片思いであろうと、そうでなかろうと好きだった相手のことが目に付くと悲しくなるのは誰しも同じだと思います。なので、好きだった相手にまつわるものは、できる限り目の届く場所から消し去ることをオススメします。

具体的に失恋相手と関係するものはこういったものです。

  • 写真
  • デート先で買ったお土産
  • 相手の思い出の品
  • Facebookの友だち
  • Twitterのフォロー

などなど。モノに限らず情報も断った方が気持ちは楽になると個人的には思います。

告白して振られた人の笑った写真とか、楽しそうにしてるTwitterやFacebookを見ると嫌な気持ちになりませんか?切ない気持ちと言った方が適切かもしれませんが。嫌じゃなかったり、切ない気持ちでないなら良いんですが、目にすればやっぱり嫌な気持ちになると思います。だったら、そこはキッパリと断ち切りましょう。心をスッキリ、楽にするためにも、目に入るモノや情報は断ち切るべきです。

ただ、好きだった相手、つまり失恋した相手が会社関係とかサークル関係の人で、最低限情報として知っておく必要があるなら、そういった情報は消さないようにしてくださいね。消してしまって、後から聞くのはなんとも気まずいですし(笑)

ぽっかり空いた心の穴を埋めるために何かに没頭する、打ち込む

runners-635906_1280

失恋した直後は放心状態になったりしませんか?僕は、つい何することがなくなったり、時間ができると好きだった人のことを考えてボォーっとしたりなんかしてしまって、切ない感じになりました。

まぁ放心状態や切なくなってしまうのは、それだけ相手を好きだった証なんですよね。好きな人のことを考えていた時間、好きな人とデートいくために働いていた時間、好きな人のために費やしていた時間がどれだけ充実していたか、失恋してはじめてわかります。もちろん、告白が上手くいったときもわかりますが、意外と上手くいくとそうは考えないものです。

失恋して立ち直りたいのに、立ち直れないのは心にぽっかりと穴が空いていて、他のことなんて考えようにも考えられないのが現状。そんな状態で立ち直れるはずがありません。鋼の心があってすぐに立ち直れるならそれに越したことはないでしょうけど、初恋だったり、初めての告白だったらそんなすぐに立ち直れません。

なので、まずはその空いた心の穴を埋めないといけません。埋める方法はひとそれぞれです。僕は、大学時代はサークル活動に打ち込みました。とにかく忘れるためには何かに没頭するか打ち込むしかなかったんです。

仕事でも、趣味でも、研究でも、料理でも、自転車でも何でも良いんです。とにかく没頭する。何か考える時間を作らずに、ただただ打ち込むことが一番の解決策かもしれません。

一人の時間も楽しいもんだよ!

kid-991230_1280

誰かに話を聞いてもらったり、泣いたり、笑ったり、好きだった人のモノや情報を断ち切ると徐々にですが立ち直れます。

誰かと付き合うことはたしかに大切です。誰かといるって楽しいですし、一人では感じられないことが感じられるので楽しいことは間違いありません。けど、だからといって一人がダメなわけではありません。一人でいる時間だって楽しいです。誰にも束縛されませんし、自分で稼いだお金は自分のために使えますし、自分の空間とか時間が誰かに犯されることがないんですから。

結婚したら、離婚するか、別居するか、死別しない限り一人にはなれません。不倫や浮気もあるのかもしれませんが、しないならしないに越したことがないことは誰にでもわかりますよね。

だからこそ、一人の時間は一人の時に思う存分楽しみましょう!一人の時間を楽しめてこそ、誰かといることの楽しさがわかるのも確かです。

失恋から立ち直れたら次の恋を探す旅に出ましょう

-shared-img-thumb-JS721_harunohajimari_TP_V

イケメンか美女かよっぽど経験値が高くない限り、恋愛なんて自分から動かないと何にも始まらないです。

「彼氏・彼女ほしいぃぃ!」ってtweetしてる人たちいますけど、そんなことで彼女とか彼氏ができたらこの世に「非リア」なんて存在しないんですよ。(まぁたまにあるかもしれないですけどw)

そんな発信だけじゃなくて、どうせだったら行動に移しましょう!合コンいくでも良いですし、新しい出会いがありそうな場所に行くでも良いです。古い友人に会うでも良いんですよ。何だって良いと思います。自分ができる範囲で、できることをやりましょう!

季節的な春は待っていれば毎年訪れます。でも、人生の「春」は、自分から一歩踏み出さないと訪れれくれません。

「また失恋するかもしれないから…」とついついネガティブになるかもしれません。でも、きっとあなたを好きになってくれる人、あなたのことを気に入ってくれる人はいます。なので、できる範囲でどんどん行動してみてください。

さいごに

僕もこんなこと書いてますけど、また失恋したらこんな簡単には立ち直れないと思います。まぁ変な良い方ですが、簡単に立ち直れるような恋愛はしたくないというのも本心です(笑)

だからこうやって書き留めたのかもしれません。誰かのためではなく、「失恋したら、こうやって立ち直れよ」と未来の自分への言葉として。まぁそうならないように日々精進します。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 僕は同じクラスに好きな人がいて、その人に無関心と言われたのです。
    どうしたらいいですか?

    • コメントありがとうございます!
      その方がどんな方はわからないのでなんともいえないですが、
      僕ならまずは存在感を出すようにすると思います。
      最初から気になる存在、関心が持てる存在になろうとすると大変ですし、失敗します。
      なので、まずは存在を認識してもらい、その存在度合いを高めていくって感じですね。
      視界に入るように工夫したり、声を大きくしてアピールしたり色々あると思います。
      何かで目立つような成果を出してみるのもいいかもしれないですね。勉強なり、スポーツなりで。

      相手にとってあなたの存在が普通になって、相手があなたが存在しないことに違和感を感じだしたらOKだと思います!

      大したアドバイスできなくて申し訳ないですが、がんばってください!応援しています!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA