「節分と恵方巻き」の由来。僕は「節分」について知らないことが多過ぎた。

[blogcard url=”http://tabetainjya.com/archives/zakki/2016_7/”]

2016年の「節分」では、恵方巻きの食べる向きは南南東に決まったそうですねぇ。なんとなく毎年「東南東」とか「西南西」とか3つの漢字が並んでと思っているのはぼくだけでしょうか?w 「北」とか「南」ってわかりやすい方角を聞いたためしがないですw

ということで、恵方巻きの食べる向きも決まったことですし、少し「節分」と「恵方巻き」の由来について調べてみましたよ!

そもそも「節分」って何?

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。

〜略〜

節分の日付は現在は毎年2月3日であるが、これは1985年から2024年ごろまでに限ったことであり、常にそうではない。

Wikipediaより引用

ということで、春夏秋冬を分ける時期を「節分」というらしいですが、日本では「2月3日」が「節分」として認識されてますよねぇ。そして、驚くことに「節分」が2月3日というのは2024年までということです。閏年が主な理由らしいですけど、突然変更してもみんな混乱するだけですよねw(今知っておいてよかったのかもしれないですが)

日本では、2月3日の「節分」になると「福は内、鬼は外」って言いながら豆巻いたり、年の数+1くらいの豆食ったり、どっかの方角向いて恵方巻き食べるって感じ。小さい頃だと、両親に豆ぶつけて楽しんでましたけど、良い年になるとちょっと恥ずかしい気もしますねw 彼女と2人で豆まきやっても、ぶつけられて終りそうですし、痛いだけじゃんw

なんで豆まくの?

邪気を追い払うために、節分には古くから豆撒きの行事が執り行われている。宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われる[2]。豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある[1]

Wikipediaより引用

なんか昔話みたいな理由なんだなw

「豆で鬼の目を打ちつぶす」ってどんだけ豆の威力凄いんですか!人間の投げるチカラなんですかね?(まぁどっちでもいいけどw)こうやって少しでも豆をまく理由を知ってるだけでも、信仰心とかなくてもその日くらいちゃんと豆まこうかなぁってなりますよねぇ。ちょっとした豆知識あるだけでも話題になりますし。(豆だけにw)

まぁ昔話的な感じなので、実際に鬼はいないと思いますけど、無病息災を願って一年間病気にも災害にも襲われないことを祈って豆まきした方が良さそうですね。家族だと無病息災ですけど、会社とかでやって株価暴落を下げる鬼とか、サーバーダウンさせる鬼を退治しても良いかもですねw(あやかれるもんにはあやかった方が良いよw)

恵方巻きの発祥は「セブンイレブン」だと!


調べていると、「恵方巻き」はセブンイレブンが発祥だ的な情報が結構出てきてびっくりしましたw

恵方巻、恵方巻き(えほうまき)とは、節分に食べると縁起が良いとされている[1]「太巻き(巻き寿司)」、および、大阪地方を中心として行われているその太巻きを食べる習慣[2][3][4]

「恵方巻」という名称は、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより広まったとされている[5]。それ以前は「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻きずし」などと呼ばれており、「恵方巻」と呼ばれていたという文献等は見つかっていない[5]

なんだ名称の発祥がセブンイレブンってだけか!ホッとしたというかよかったです。なんとなくw

恵方巻きって関西地方の文化なんですねぇ。ぼくは実家が三重なので小さい頃から食べてましたけど、関東地方とか東北地方とかでは食べる習慣はなかったってことですかね?で、食べ始めたのはセブンイレブンの影響ってこと?(セブンイレブンの影響力ヤバいなw)

で、恵方巻きの具材は七福神にちなんでいるとか。商売の街「大阪」っぽい感じですね。豆まきでは鬼追い出して、豆まきと恵方巻きで福を引き入れるって感じがなんとも関西っぽいw 最近では、恵方巻きの具材もマグロとかシーチキンなどから海老フライなど幅広いですけど、今年は原点回帰で7つの食材を使って七福神にあやかりたいですね。

恵方巻きの食べる方角はどうやって決めるの?

で、ぼくが気になるのはここ。方角。2016年は南南東。2015年は西南西。なんで毎年だいたい3つの方角が記載されているのかが気になる・・・。

恵方が方角を決めるらしいぞ!

恵方とは – はてなキーワード
子 0度 癸 15度 丑 30度 艮 45度 寅 60度 甲 75度 卯 90度 乙 105度 辰 120度 巽 135度 巳 150度 丙 165度 午 180度 丁 195度 未 210度 坤 2 …
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B7%C3%CA%FD

 

要するに、歳徳神(としとくじん)と呼ばれる神様がいる方角が「恵方」と呼ばれるみたいですね。干支も関係していると言うことで、なんとも日本らしい考え方ですねぇ。

あれ?本来であれば方角を24分割しているから、恵方に「北」とか「南」みたいな感じのがあっても良いはずなのに、恵方巻き食べる方角で聞いたことないのはなんでなんだ?w なんか南南東とか西南西とかしか聞いたことないんだけど。(これ誰か教えて欲しい)

恵方で決めてるって聞いてほっとしたのは、別に誰か偉い坊さんとかが棒倒して適当に決めてるんじゃないんだってわかったことですねw(←それかよw)

さいごに

こうやって調べてみると自分が如何に日本のことを知らないかってことがよくわかります。知らないことだらけです。ただ知ったかぶりしてるだけですね。ホント。こうやって節目節目にしてることってたしかに現代では当てはまらないこと多いですけど、ちゃんと意味があるんです。

知らなくても生きていけるのはたしかなんですけど、知らないってなんだか恥ずかしいです。ググればなんでもわかる時代なのに、知ろうとしないのは現代人の悪い癖です。なんでもかんでも知らないことは調べるべきですね。知って損することもありますけど、知って実際に損することってそんなにないですよ。

今年の節分はちゃんと意味を考えて、豆まきして、豆食って、恵方巻き食べます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください