【男目線】バレンタインデーにチョコ嫌いが欲しいモノを考えてみる

バレンタインデーといえばチョコレートを思い浮かべる人が多いと思います。

ですが、一方でチョコレートが嫌い、または苦手な人がいることもまた事実。好きな人や気になる人に、チョコレートを渡したはいいけど、相手がチョコレートが嫌いなら少々気まずくなりますよね…。まぁお互いに好き同士なら、後々の良い思いでになりますが、それで嫌われては意味がありません。

そこでバレンタインデーにチョコ嫌いなら何が欲しいのか?ということについて、男目線で考えてみたいと思います。

渡す前に相手のことを知っておきましょう!

と、本題に入る前にまずは相手のことを知らないといけないと思います。もし、その後付き合うとなると、バレンタインデーだけに限らず、誕生日やクリスマスにも使えます。なので、ぜひまずは相手のことをいろいろと知ることからはじめましょう!

  • 相手はどんな趣味があり、何に興味を持っているのか?
  • 何気ない一言、ボソッと言った一言を聞き逃さない
  • ちょっと古くなったモノ、買い替えたいモノはないかを調べる

という感じ。

もちろん、男性であれば女性から何かもらえるのであれば、それに越したことはありません。でも、それが自分が求めていたのものであれば、なおさらです。「あ、この人は自分のことをわかってくれてる!」って思いは、相手を気にするきっかけにもなれば、好きになるきっかけにもなります。好感度は確実に上がります。

なので、もしバレンタインデーを機に付き合いたい、自分に好意を持って欲しいと思うのであれば、事前調査は欠かさないようにしましょう!

厳選!チョコ嫌いが欲しいモノ7選!

チョコレート以外のスイーツ

「チョコレートが嫌いなら、他のスイーツにしようかな!」と考える女性は多いのではないでしょうか?

もちろん、チョコレートが嫌いなだけで、他のスイーツなら食べられる、むしろ好きという人もいます。ですが、多くの場合チョコレートが嫌いな人は、他のスイーツ、とりわけ甘さを求めたスイーツは好きではありません。なので、チョコレートがダメならと、安易に他のスイーツを渡そうなんて考えてしまわないようにしましょう。

ただ、チョコレートやスイーツが嫌い、苦手という人の中にも、特定のスイーツであれば食べられる、むしろ好きという人もいるのもたしかです。たとえば、

  • チーズケーキ(チーズ好きな人向け)
  • 抹茶ケーキ(大人の味、渋めが好きな人向け)
  • ガトーショコラ(ビターチョコが好きな人向け)

という感じ。

「え?ガトーショコラってチョコレートじゃん!」と思うかもしれませんが、コーヒー好きには意外と好きな人が多いんですよね。かくいう僕もそうなんですが、ガトーショコラなら食べられる、好きという人は、男性には意外と多いです。

もし、相手の好みがわかるなら、ピンポイントでそのスイーツを渡しても良いかもしれませんね。

とにかく濃厚、とにかくヘルシー

チョコレート以外のプレゼントで真っ先に思い浮かぶのは、おそらくお酒だと思います。お酒なら、一緒に飲みに行けば、好みもわかりますし、本人が飲んでみたいお酒もわかりやすいですからね。

もちろん、飲めない人には渡せませんが、お酒好きなら、チョコレートをもらうよりもお酒をもらった方が嬉しいかもしれないですね(笑)

では、どんなお酒ならよろこんでもらえるのか?というと、

  • ちょっと高めのウイスキーや日本酒
  • 地方でしか買えない地酒や地ビール
  • いろんなお酒が飲める飲み比べセット
  • 生まれ年のワイン

という感じ。普段自分では手が出せないような少々お高いウイスキーや日本酒はもちろんですが、自分の生まれ年に作られたワインはプレゼントとしては最高だと思います。

もちろん、お酒そのものを渡さなくても、普段行かないようなレストランやバーに連れて行ってあげるのも良いと思いますね。

レストランやバーを探すなら>>>ホットペッパー

革製品(キーケース、財布、ベルト、かばん、靴、ペンケースetc)

お酒もそうですが、こだわりのある人はトコトンこだわるのが革製品。一流のビジネスマンだけじゃなく、最近では大学生や新卒こだわってる人は多くいます。

革製品の良いところは、使い込んでいけばいくほど味が出てくるということです。色が変わることはもちろんですが、財布やキーケースだと肌になじんできたりするのでどんどん使い勝手がよくなるので、愛着がわくんですよね。

革製品って使い慣れた方が良いといいという点では、新しいモノを渡しづらいとも思います。でも、新しく買い替えたいとか、今あるモノを革製品に替えたいと思っている人も中にはいます。なので、もし、プレゼントを渡す相手が革製品に興味を持っている人であれば、革製品を渡してみるのも一つの手かと思いますね。

個人的にオススメなのは、

というブランドです。JOGGOはお手頃な値段で良い革製品が買えます。一方、ココマイスターはやや高いですが、川正否好きなら知る人ぞ知るブランドなのでかなりオススメです!

腕時計

腕時計も好きな人はこだわり抜くモノの一つ。

最近はスマホがあったり、AppleWatchなどが出てきて、腕時計を買う人も減ってるかもしれませんが、それでも一流ビジネスマンなら良い腕時計をしています。

僕は一流でもなんでもないですが、今の彼女に初めてもらったバレンタインの贈り物が腕時計でした。FOSSILっていうアメリカのブランドの腕時計なんですが、使い勝手も良く、カッコ良かったので嬉しかったです。

ただ、腕時計を渡すとなると気になるのが金額。お酒や革製品とかに比べたら、格段に値段が上がります。もちろん、その分喜んでもらえるのは確かですが、バレンタインデーでからといってそこまで無理をする必要もないかとも思います。なので、本気で好きか、付き合ってから5年目や10年目など節目の時に渡してもいいかもしれません。

美容・健康グッズ

美容・健康というと、少し前までは女性特有のものというイメージがありました。ですが、最近は男性でも美容に興味を持ち、健康志向が強い人が増えてきているように感じます。

もちろん、だからといって化粧品や健康食品を渡せばいいというわけではなく、そこはあくまで男性視点として、ひげ剃りやマッサージ器、電動歯ブラシが良いんじゃないかと思います。

もしかしたら、ひげ剃りや電動歯ブラシなんかは自分が決めたもの以外使わないという人もいるかもしれません。そういう人には、温泉に誘ったり、マッサージをしてあげるのでもいいかもしれません。

手作り系(マフラー、手袋、手料理など)

なんだかんだで手作りに弱いのが男という生き物です(笑)

バレンタインの季節だとマフラーや手袋を渡すのには少々時期が遅いかもしれませんが、使えない訳ではないのでもらって嫌な気持ちにはなりません。それが好きな人からのプレゼントならむしろ嬉しいくらいです。

もちろん、マフラーや手袋に限らず、手料理でも嬉しいです。付き合ってもいないのに、料理を振る舞うのは少々気が引けるかもしれませんが、思いを伝えるなら一番いい方法かも知れません。もちろん、下手だと評価が下がるかもしれないですが、それでも「自分のためにがんばってくれたんだ」と思ってくれる人もいるので、料理をしたことがなくてもやってみる価値はあると思います。

相手が嫌いなチョコレートを渡すくらいなら、好きな人のために料理を上達して、手料理を振る舞ってもいいかもしれないですね。

手芸や料理を習うなら>>>EPARKスクール

一緒に食事に行く

もし、何を渡したらいいのかわからない、忙しくて探している暇がないというのであれば、一緒に食事に行きましょう!

食事だと誘うのが億劫という人もいるかもしれませんが、それはバレンタインだと思って思い切って誘いましょう!相手も、付き合ってる人がいないなら、比較的来てくれるんじゃないかと思います。好きな人に想いを伝えるも良し、付き合ってる彼に普段の想いを伝えるも良し、バレンタインデーに二人で過ごすのって案外いいものですよ。

いつもと違うからこそ伝えられることもあると思います。ぜひ、最後の手段として食事を考えてみてはいかがでしょうか?

普段行かないようなちょっとおしゃれなレストランを選ぶなら>>>一休.comレストラン

さいごに

正直、バレンタインデーに女性から何かプレゼントをもらえることは男性にとっては嬉しいことなんですよね(笑)嫌いなチョコレートでも、もらえないよりはもらえる方が嬉しいです。

でも、もしそのプレゼントが好きな子からで、そのプレゼントが自分の欲しかったもの、求めていたものなら、なおさら嬉しいです。

男ってめんどくさい生き物ですが、どうか女性の方々は男性の気持ちに寄り添う形でバレンタインデーにプレゼントを渡してあげてください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください