花粉症・アレルギーの対策で空気清浄機使ってませんか?それ免疫機能低下させてますよ。

スポンサーリンク

花粉症とかアレルギーの対策を考えるとき、みなさんは何を思い浮かべますか?

マスク?投薬?目薬?空気清浄機?それとも予防接種ですか?

マスクは良いとして、他の対策は本当に対策だと考えるのは少しやめた方がいいんじゃないですかね?だってそれ、免疫力落としてる根源ですよ。

現代の医学の発展、技術の進歩は素晴らしいです。それはたしかでしょう。これまでの歴史では治せなかった病気を治せて、原因がわからなかった病気の原因を突き止めるなど華々しい進歩です。

ですが、僕は一つ疑問に思うことがあるんです。それは「技術・医学が進歩する度に病気は増えてないか?」と。

ぼくは25歳なのでそれほど長い間生きているわけではないですが、ぼくが生まれてから現在に至るまでかなり病気というか病名が増えたように感じます。それは、病気が細分化されたからかもしれませんが、おそらく進歩が故に人間の免疫力が低下したからではないかと思うわけです。

空気を綺麗にし過ぎじゃない?

人間は賢いもので、原因が分かるや否やその原因を排除しようとするんですよ。花粉症であれば「花粉」を、ホコリや空気中の菌が原因であればその「菌」を自慢の技術力を使って。誰も技術が人間を苦しめる原因だとは考えないんですよ。恩恵もあるわけですからね。

環境適応能力の高さがあだになる

人間ほど環境に適合することが上手い生き物はいないです。寒さをしのぐために防寒具を作ったり、食料を保存するために冷蔵庫なり保存食を開発するわけですよね。

体内でもそれは同じです。花粉やアレルギーの原因となる菌と接する機会が著しく低下すれば、それに適応しようとします。その結果、ちょっとした花粉やアレルギーの原因菌に接するだけで、くしゃみやら、発疹、目のかゆみなど過剰な反応を起こしてしまうわけです。

悪い方に適応することは難しい

人間は良い方への適応は容易にできるんです。高級食材を食べる。一流ホテルに泊まる。空気の綺麗なところで生活する。お金に溢れた生活をする。など良い方に適応することは意外と簡単です。それはわかりやすいかと。

ですが、悪い方への適応って難しいですよね。病気になる。虫を食べる。お金がなくなる。汚い場所で生活する。など現状よりも悪い状態に適応するのが苦手なのが人間です

なので、花粉やアレルギー物質を極端に除外した場所に生活していると、いざその物質と触れたときに過剰に反応してしまうんですよ。つまり、空気を綺麗にし過ぎる、悪いものをなんでもかんでも排除してしまうことが人間の免疫機能の低下に繋がっているんですよ。

免疫機能を上げるためには・・・?

免疫機能を向上させて、花粉症とかアレルギー、現代病を防ぐための方法を少し考えてみたいと思います。

とりあえずやめた方がいいこと。

  • 空気清浄機の使い過ぎ
  • 投薬
  • 予防接種

でしょうね。外から治そうとするからいつまでたっても治らないんですよ。自分の免疫機能を低下させないで、免疫機能を磨いて自力で治したいですね。

生活習慣を見直してみる

たいてい免疫機能が落ちている人は、生活習慣が大変なことになってます。寝る時間がバラバラだったり、睡眠時間が極端に短いか長い。食事バランスも悪くて、コンビニやスーパーのごはんか外食ばかり。運動不足で、移動するにもタクシーや電車。

生活習慣を良くするだけで、免疫機能って結構回復しますよ。睡眠、食事、運動がキーですね。

最初から方法論とか誰かの言っていることに従うんじゃなくて、自分が生活していて疲れにくい習慣を探した方が良いですよ。一日一食が一番楽ならそれでもいいですし、一日8時間寝ないと疲れが取れないならそれに合わせた生活リズムを作れば良いんです。

会社とか人間関係で生活リズムを崩される現代社会だからこそ、自分で自分にあった生活習慣を考え継続していくことが、健康への第一歩かと。

生活環境を変えてみる

僕はこれまで三重、神戸、東京と渡り歩いてきました。3つの地域に住んで思ったのは、環境が変わるだけで体の具合が変わると言うことです。

僕の場合、実家のある三重県にいるときはすこぶる体調がいいです。血糖コントロールも良く、風邪も引きませんし、花粉症も鼻がもぞもぞする程度で気にはなりません。

神戸は、比較的自然が多かったためか、三重の時とさほど変わりませんでした。街もあり自然も上手い具合に共存しているところだったのがよかったんだと思います。ただ、クリスマスなどのイベントシーズンは人が多くて少し気分を害していました。

東京はというと。都心にいたためかいるだけで体調悪くなりました。水も変な味がしますし、外にいると空気も汚いのでまともに深呼吸もできない。これは相性の問題だと思いたいですが、周りに東京にきただけで病気になりやすくなったと言う人は意外といました。

医療が発達しているから、仕事があるから、いろいろな面で優れているからという理由で東京を選ぶのはあまり健全ではないと思いますよ。特に健康の面では。

なので、もし今の環境で免疫機能落ちてるなぁと思ったり、花粉症やアレルギーなどが酷い状況であれば環境を変えてみることもオススメします。

現代病に悩まされないためには…

花粉症やアレルギーをはじめ現代病と言うわれる病気はたくさんあります。生活習慣病もその一つでしょうね。

現代病の原因は、飽食社会、現代の技術力や医学の進歩によるとことが大きいと思うんですよ。食べ物に溢れている。空気を異常に綺麗にしてしまう。病気になれば薬でなんとかする。予防接種でウイルスを意図的に体に入れる。歩かなくても移動できるなど。時代のせいにするのは良くないかもしれませんが、結果こうなってしまってはね、

なので、この現代病に悩まされないためには、現代にあった生き方をしないってことが一番大事なんじゃないでしょうか。つまり、普段しないことをしてみると言うことです。

たとえば、一日一食は自炊してみる。電車を使わずに歩いてみたり自転車に乗る。ちょっとした風邪なら自力で治す。予防接種なんてしなくて人混みを避けたり、そもそも人が多い地域を離れて暮らす。など少し社会の流れに乗らないって言うのが一番かと。

文明の利器に頼ることもたしかに必要です。発達したからこそできるようになったこともありますから。でも、頼り過ぎることは結局身を滅ぼす結果になります。

少し社会に背いてみるのも、健康には良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA