糖尿病のぼくが風邪を引いたときに意識している5つのこと

先日ディズニーに行って風邪ウイルスをもらってしまいました・・・(夢の国にもウイルスはいますw)


しかし、何と1日で完治しました!糖尿病持ちなので長引くかなぁと思いながらも、なんとか1日で完治!やったぜ!

糖尿病のぼくが風邪を引いたときにどういう意識で風邪を治すのが少しまとめてみました。

 

病院にいかない

これは結構徹底しますね。

病院ってウイルスの宝庫だと思うんですよ。この寒い時期だとインフルエンザウイルスやノロウイルス持ってる人もいると思うので、病院にいって悪化しかねないので行くことは拒みます。

また、病院に行っても確実に風邪が治る保証がないということです。これは現代の医学では風邪ウイルスを断定して、消し去ることは不可能だということです。もちろん症状は良くなりますが、見かけ倒し。良くなる保証はどこにもないです。

風邪を完璧に治せる薬を発明したらノーベル賞らしいですよw ということもあって病院には何が何でも行きません。

 

市販の風邪薬は絶対に飲まない

これも病院と同じですね。結局風邪を治すことはできないからです。

風邪薬って書いてありますけど、すべて風邪の症状を軽減させるだけで風邪そのものを治す訳ではないです。

なので異物であると判断して飲みません。むしろ体にとって負担になるなら飲まないに越したことはないです。

 

体を温める。これ一番

体内で細胞たちがウイルスと闘うためにも体温は少しでも上げるようにしています。

もちろん40度とかになると病院に行かないといけませんが、それ以下であればむしろ体ががんばっているので見守ります。

体温が上がりきるまではとにかく体を温めます。布団着るのも大事ですけど、ぼくはできるだけ自分の体温を上げるために薄着で一枚の布団を着て、体内から温めるようにしてますね。

着込んじゃうと外からは温まるんですけど、体内から温まっている感じがしないんですよ・・・

 

ストレッチなどで適度に体を動かす

理屈はわかりませんが、風邪を引くと関節が痛くなるんですよ。なので、ストレッチしたりして体をほぐすようにしています。

寝てばかりいると体が固まったり、血流も悪くなるので、たまにはこうして体を動かすこともいいかなぁ。

ただ、走ったり、泳いだりなど激しい運動ではなくてあくまでストレッチ程度ですね。

 

寝る。無駄な体力は使わない。

ストレッチしたり、食事作る以外の体力は基本的に使いたくないですし、無駄に臓器を動かしたくもないので、他の時間はとにかく寝ます。寝まくります。眠たくなくても寝ます。横になります。

とりあえずしっかりエネルギー摂取して、体を温めて、多少体も動かして、寝ます!

糖尿病だとこれだと血糖値上がるのかなぁと思ってしまいますが、体内でウイルスに闘うためにエネルギーを使うからでしょうか、意外と血糖値は上がりませんし、むしろ下がるときすらあります。

なので、風邪引いたときはあんまり血糖値は気にしなくてもいいかなぁ。ただ食べ過ぎだけは気をつけるってだけです。糖質は控えたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください