クラウドワークスの「Amazonの商品登録」はやめた方が良いよ。生産性がない。

スポンサーリンク

うん、これは経験者である僕が断言します。絶対にやらない方がいい。まったく生産性がないし、儲かりもしない。

クラウドワーキングってなんだ?

って思う方もいるでしょうから、簡単に説明すると、

自宅でも外出先でもネットさえあればできる仕事。

培ってきたライティングだったり、エンジニアとしての技術を活かすような仕事から、登録作業だったり、簡単な文章を書く仕事などスキルを必要としない仕事など、クラウドワークスだったりランサーズなどのクラウドワーキングサイトで応募して、契約できれば仕事ができる。

という感じです。

詳しくは、クラウドワークスの吉田社長が本を出されているので参考にしてください。

 

経験不問の仕事は確実に時間を取られるだけ

クラウドワーキングといっても、自分の持つ英語力だったり、デザイン力、エンジニア力などを駆使した仕事から、経験不問の仕事まで幅広くあります。

前者の自分のスキルを活かす仕事であれば、クラウドワーキングって結構儲かりますし、やる価値はあると思います。わざわざ会社なんて行かなくても、自分の好きな時間に好きな場所で仕事をして、仲介手数料が取られるだけでそれ以外は手元に入りますから、結構儲かると思います。

しかし、・・・

経験不問の仕事は絶対にオススメしません。

そもそもどういう仕事なのかというと、「Amazon・楽天などに商品登録・商品リサーチ業務・商品管理」などです。

最近は輸入ビジネスが流行っていまして、これを生業としている人が多くいます。そんな彼らは自分で輸入する海外のサイトからAmazonや楽天にわざわざ商品の登録をしたりしないといけないんですよ。これを代行させようというのがこの経験不問の仕事なんです。なので、下請けです。下請けというよりも下っ端です。扱いは酷い。

この商品登録の業務結構面倒くさいですし、単純作業なので大変、飽きます。そして、1商品当たり100円とかって出されていますが、1商品登録する毎にだいたい10分くらいはかかります。時給換算で約600円です。最低賃金度外視です。ヤバい。

つまらない上に儲からないときた。最悪です。

その上僕が受けた仕打ちは最悪でした。雇い主は、僕の作業を1,400件越えるくらいまで一切確認もせずに、僕に報酬を支払っていました。しかし、三ヶ月ほど経ってから、「ナカムラさんが登録した内容が酷いのですべて修正してください」と言われました。僕は注意されなかったので大丈夫だと思い進めていたのにも関わらず、1,400件もの登録を終えた後に修正を伝えられました。考えられません。その修正に約1ヶ月です。この間はもちろん報酬はありません。

こういう最悪の仕打ちって結構あると思います。クラウドワークスやランサーズで、Amazonの商品登録を頼む人って人を雇ったことがないので、人の扱いになれていません。そのためか仕事の説明だったり、途中で確認をしないパターンがあります。で、たまに確認したと思えば、文句を言ってくるということです。

報酬がもらえるからいいかなぁーと思って続けていましたが、まさかこんな仕打ちを受けるとは思ってもみなかったので、もう辞めました。

報酬以上に時間を搾取されたことに腹が立って仕方がないです。

 

これからクラウドワーキングを仕様としている方へ

これは僕からのアドバイスです。

Amazonや楽天での、商品登録・商品リサーチ業務・商品管理はオススメしません。たとえ、時間や場所に縛られないと言っても、無駄な時間を搾取されるくらいならやめた方がいいです。

それだったら、好きなものを作ったりして「minne」で売ったり、日々の出来事をブログに書いて収益を得た方が手っ取り早いですし、楽しいです!

誰かに雇われるよりも、自分で何かを始めた方が絶対に楽しい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA